チームラボボーダレス(お台場)地図のないミュージアム! 思わずリピしたくなる境界のない世界で新感覚を体感

チームラボボーダレス チームラボの常設展「森ビルデジタルアートミュージアム:エプソン チームラボボーダレス」© チームラボ

 

2018年6月、東京・お台場に開館した「森ビルデジタルアートミュージアム:エプソン チームラボボーダレス」(以下、「チームラボボーダレス」)。瞬く間に話題となり、開館から1年で、世界160以上の国と地域から、約230万人が来館したミュージアムです。

すでに体感した人も、これから遊びに行く人も楽しめる、この時季にしか見られない作品も含めて親子でデートでおさえておきたいチームラボボーダレスの世界を紹介します。

 

 

目指すは大観覧車! 駅徒歩5分にある体感型ミュージアム

 

森ビル株式会社と、アート集団チームラボが共同で運営するチームラボボーダレス。その名の通り「borderless=境界のない」アート作品たちが部屋から飛び出して、ほかの作品とコミュニケーションをし、影響し合って、時に混ざり合う。群れとなった作品たちは、来場者たちの存在によっても変化し、そこから新たな世界が創造される。来場者たちは、その世界に入り込んで探索し、作品とともに影響し合いながら境界のない新しい世界を模索していきます。

自らの足で境界のない1つの世界を歩き、いろんな発見をするという冒険心がくすぐられる同ミュージアムは、東京お台場パレットタウンにあります。最寄り駅は、りんかい線の東京テレポート駅、または、新交通ゆりかもめの青海駅と、ともに徒歩5分圏内のアクセス良好な場所です。

チームラボボーダレス このように案内看板が所々にあるので、迷う心配はありません

 

チームラボボーダレス 東京お台場パレットタウン。チームラボボーダレスがある大観覧車のふもとを目指します

 

チームラボボーダレス 大観覧車まで来れば入口は目前。この看板が目印

 

チームラボボーダレスへ行く目印はずばり、お台場にある大観覧車!パレットタウン2階の大観覧車乗り場の横に施設があります。パレットタウン2階から「メガウェブ」の中を通り抜け、大観覧車の方向に向かってください。

コインロッカーのほかにもベビーカーやスーツケース置き場も! チケットは日時指定の事前予約制

 

チームラボボーダレス 大観覧車を抜けるとチームラボボーダレスの入口が見えます

 

入口から入ってすぐ右側には、インフォメーションがあります。3人に1人が外国人観光客というチームラボボーダレス※。インフォメーションにいるスタッフたちは、英語をはじめ、中国語や韓国語など外国語でのご案内をしているので、困ったことがあっても聞けるので安心です。

※チームラボが来場者対象に出口調査した結果(調査期間:2018/10/25~11/2 回答者数:1,237人)

 

ちなみに入場チケットは事前予約制による日時指定電子チケットです。現地での販売はありませんが、完売していない場合は当日でも公式チケットサイトから購入が可能です。

 

チームラボボーダレス コインロッカーはリターン式なので使用した硬貨が返ってきます

 

ほかに入口付近には、コインロッカー(無料)や、ベビーカーとスーツケースが置ける場所(鍵付きワイヤーロック)があります。チームラボボーダレスには、荷物(全長50センチ以内)を持って入れますが、館内の明るさは普段よりも暗いので、最小限の手荷物で入場する方が落とし物や置き忘れなどの心配がなく、より気兼ねなく楽しむことができます。

 

チームラボボーダレス 作品の中にはアプリを使用して創造する作品も。館内は無料Wi-Fiがあります

自動販売機&ベンチがある休憩室やティーハウスで一休み

 

チームラボボーダレス さまよい、探索することこそがチームラボボーダレスを最大限に楽しむ方法

 

館内の広さは、なんと10,000平方メートル!! 畳で換算すると、およそ5000枚以上の広さとなります。この広大なフロアを歩くほかに、作品によっては跳んだり、バランスを保って渡ったりするので、運動靴など自分に合った歩きやすい靴で行きましょう。また、作品の中には床や上下左右が鏡張りとなっている作品もあるので、服装は動きやすいパンツ類がおすすめ。

館内には全体マップといったものはありません。来場者自身が探索し、発見する「borderless=境界のない」作品たちに触れ、作品たちと溶け合う、というのがチームラボボーダレスの最大の楽しみ方です。

なお、常時スタッフが巡回、出口や緊急時の案内をしているので、安心です。

 

チームラボボーダレス 瞬く間に同行者とはぐれてしまったので、ティーハウス「EN TEA HOUSE 幻花亭」へ。前もって同行者と集合場所を決めておきましょう

 

また、先述したように館内は少し暗めなので、お子さんと一緒に来た場合は、迷子にならないよう手をつなぐ、または、その場から離れないなどといった対策が必要です。取材してわかったことですが、ほんの一瞬でも目を離したり、次の作品がある空間に行くために、曲がり角を曲がっただけでも、一緒に来た人と簡単にはぐれます。「はぐれたなら、その人の顔を見て探せばいいのでは?」と思うかもしれませんが、大の大人でも探すのは容易ではない暗さなので「はぐれたら、ここに!」といった集合場所を前もって決めておくことが大切です。

 

チームラボボーダレス 休憩室とトイレが各フロアに2ヶ所ずつあります。目印はこちらで館内が暗いのでよく目をこらして周囲を見渡して探しましょう

 

チームラボボーダレス

 

チームラボボーダレス 「学ぶ!未来の遊園地」と「チームラボアスレチックス 運動の森」があるフロアには授乳室も設備されています

 

各フロアに休憩室とトイレがそれぞれ2ヶ所ずつあります。休憩室には自動販売機とベンチがあり、広々としているので、ゆっくり休むことができます。「学ぶ!未来の遊園地」と「チームラボアスレチックス 運動の森」があるフロアには授乳室も設備されています。歩き疲れたら休憩室、もしくは併設のティーハウス「EN TEA HOUSE 幻花亭」で一休みを。

ティーハウス「EN TEA HOUSE 幻花亭」

チームラボボーダレス

茶の木

teamLab, 2018, Interactive Digital Installation, Endless, Sound: Hideaki Takahashi© チームラボ

 

ティーハウス「EN TEA HOUSE 幻花亭」では、チームラボボーダレスオリジナルブレンドで作られた緑茶、水出し茶、ゆず緑茶、カモミールほうじ茶ラテのほかに、凍結玉緑茶(玉緑茶のアイスクリーム)のセットの提供もしています。

こちらは、フランス発祥のレストランガイド「ゴ・エ・ミヨ」の2018年度版で「期待の若手シェフ賞」に選出された注目の若手シェフ・田村浩二さん監修によるもので、蒸し製玉緑茶製法の旨味たっぷりの玉緑茶からつくられた濃厚なアイスクリームとなっています。一口食べるごとに、お茶本来の芳醇な風味が口全体にたちのぼります。ドリンクとセットでの販売となっており、無くなり次第終了とのこと。一度ご賞味あれ!

 

チームラボボーダレス

小さきものの中にある無限の宇宙に咲く花々

teamLab, 2016, Interactive Digital Installation, Endless, Sound: Hideaki Takahashi© チームラボ

 

作品数は60作品以上! 季節によって変わる作品も

 

館内には60以上の作品が集まっています。ほかの地域で行われているチームラボの展覧会よりも作品数は多く、1日では全てを見切れないほど! 境界なくつながっていく作品群は一年を通して移ろい、季節とともに変化した作品を体験することができます。

今日、チームラボボーダレスを体感したとしても、次に行った時には、前に見た作品が変化している、ということもあり、何度行っても楽しめる仕組みとなっています。

今回はこの季節でしか見ることができない作品を少しだけ紹介!

 

増殖する無量の生命 NEW!![2020/9/10追記]

チームラボボーダレス

teamLab, 2020, Interactive Digital Installation, Sound: Hideaki Takahashi© チームラボ

8-10月の花 ひまわり

 

チームラボボーダレス

teamLab, 2020, Interactive Digital Installation, Sound: Hideaki Takahashi© チームラボ

9-11月の花 檜扇(ひおうぎ)

 

現実世界と同じ時間の流れの中で、1年を通して、咲いていく花々が移り変わっていく。花々は誕生と死を繰り返しながら、増殖していく。増殖しすぎると、いっせいに散って死んでいく。

また、人々が花々にふれると、花々は散って死んでいく。

そして、他の作品に影響を与えたり、他の作品の影響で散ったりもする。例えば、「Walk, Walk, Walk」の肖像群が歩いて来るといつもより咲きやすく、また、花々が咲いた場所は、他の作品世界を覆い隠したりする。

作品は、コンピュータプログラムによってリアルタイムで描かれ続けている。あらかじめ記録された映像を再生しているわけではない。全体として以前の状態が複製されることなく、人々のふるまいの影響を受けながら、永遠に変化し続ける。今この瞬間の絵は2度と見ることができない。

 

境界のない群蝶、超越する空間 NEW!![2020/9/10追記]

チームラボボーダレス

teamLab, 2019, Digital Installation, Endless, Sound: Hideaki Takahashi© チームラボ

 

空間の入口付近中央に立って見る作品。

通路の途中にある「くぼみにある宇宙」に、「境界のない群蝶、人から生まれる儚い命」が入ってくると、この作品ははじまる。他の作品が入ってくると、「境界のない群蝶、人から生まれる儚い命」はこの空間から出ていく。

空間の入口付近中央に立つと、壁や床の境界面がなくなり、やがて作品世界に身体ごと没入し、人々は身体と作品世界との境界をも失っていくだろう。

作品は、コンピュータプログラムによってリアルタイムで描かれ続けている。あらかじめ記録された映像を再生しているわけではない。全体として、以前の状態が複製されることなく、変容し続ける。今この瞬間の絵は二度と見ることができない。

 

境界のない群蝶、そして浮遊する巣 ※新型コロナウイルス対策により現在休止しております。

チームラボボーダレス

teamLab, 2019, Digital Installation, Endless, Sound: Hideaki Takahashi© チームラボ

 

「境界のない群蝶、そして浮遊する巣 / Flutter of Butterflies Beyond Borders, Floating Nest」は、空間の中央には「浮遊する巣」が浮かんでおり、この「浮遊する巣」の上で寝転んだり、座ったりして見る作品となっています。

「浮遊する巣」がある空間に「境界のない群蝶」が入ってくると、作品は始まり、「追われるカラス、追うカラスも追われるカラス」や「The Way of the Sea」が入ってくると、蝶は一斉に死に絶えて、作品が終わります。

この群蝶とは、「境界のない群蝶(“バタフライハウス”で人々の体から生まれた蝶など、人々によって生まれた群蝶)」が、ほかの作品のフレームという概念を解き放ち、作品間の境界をなくしながら、ほかの作品の中をシームレスに飛んでいき、この空間に入って来た蝶たちのことです。

「浮遊する巣」に寝転ぶと、やがて作品世界に身体ごと没入し、人々は身体と作品世界との境界をも失っていきます。

ちなみにこちらの作品は、コンピュータプログラムによってリアルタイムで描かれ続けているのだそう。あらかじめ記録された映像を再生しているわけではなく、全体として、以前の状態が複製されることもなく、変容し続けます。今この瞬間の絵は二度と見ることができない作品となっています。

 

呼応するランプの森 - ワンストローク

チームラボボーダレス

呼応するランプの森 - ワンストローク、メトロポリス

teamLab, 2016, Interactive Installation, Murano Glass, LED, Endless, Sound: Hideaki Takahashi© チームラボ

 

無数のランプが1つのつながった線となり、人が近くに立ち止まると、最も近いランプが強く輝き、音色を響かせる「呼応するランプの森 - ワンストローク」。

作品が展示されている部屋には交替制で入ることができます。滞在時間は体感でいうと、あっという間。上記の色のほかにも、いくつかの色がありますが、全ての色を体験するには、その都度、並ぶ必要があります。入る際に何色に出会えるのかは行ってからのお楽しみ!

また、部屋にあるランプは全てガラス製品です。ちょっとした不注意で人とランプとがぶつかることもあります。実際、取材で空間に入ると、部屋の壁や床が鏡張りになっているためか、本物のランプとの区別がつかなくなり、どこを歩いてもランプにぶつかりそうな錯覚を起こしたほど。

ランプにぶつかり自分自身の怪我も心配ですが、ランプ自体をはじめ持参したカメラ、スマートフォンなどが、思わぬ破損をするおそれもあります。空間内の中では、ゆっくりとランプの位置を確認しながら移動するよう心がけましょう。なお、スタッフが常在しており、出口まで誘導してくれます。

ちなみに空間に入らず外からも鑑賞することができます。

映える! 撮影ワンポイント

 

・全ての色を撮影するなら部屋の外がベスト

・人が写り込まないようにするためには、少し上向きに撮るのがおすすめ

・上向きに撮ればランプが無限に広がっているように見えます

・空間の壁や床にある鏡をうまく利用して撮ると幻想的な雰囲気に撮ることができます

 

地形の記憶

チームラボボーダレス

teamLab, 2019, Interactive Digital Installation, Sound: Hideaki Takahashi© チームラボ

秋の棚田

 

こちらの作品では高低差のある空間で、悠久な里山の景色を描いています。現実の時間の流れとともに作品世界も移ろい、春雷や夏の青々しさ、秋の黄金色、花が散り流れる渓流美などの季節が流れ、春には、桜、菜の花、ラベンダーなど、春の景色が広がります。連続した動きによる視覚的錯覚により、身体ごと作品に没入し、身体と世界との境界をも失っていくような感覚が味わえます。

 

積層された空間に咲く花々 [2020/9/10追記]

チームラボボーダレス

teamLab, 2018, Digital Installation, Endless, Sound: Hideaki Takahashi, Voices: Yutaka Fukuoka, Yumiko Tanaka© チームラボ

8-9月の花 朝顔

 

花々は、一年間を通して咲いていく花々が移り変わっていく。しかし、この空間の外の通路に蓮が咲き渡る時、この空間にも蓮が咲く。

花々は、生まれ、成長し、つぼみをつけ、花を咲かせ、やがて散り、枯れて、死んでいく。つまり、花は誕生と死滅を、永遠に繰り返し続ける。

空間に配置した多数のスクリーンと相対的に同じ位置関係で、コンピューター上の3次元空間の作品世界に多数の視点を置き、「超主観空間」によって平面化し、それぞれ視点と相対的に同じ位置のスクリーンに、その平面を配置している。「超主観空間」は視点周辺の空間を切り取るため、展示空間に作品世界の空間が重ね合わされている。

ある来場者がスクリーン越しに、花々と重なり合い花々に埋もれていく他の人を見た時、その人は、作品世界でも、相対的にその位置で同じように花々に埋もれていることになり、ある来場者にとっては、作品世界にその人が存在していることと同等になる。つまり、来場者は、他者にスクリーン越しに見られた時、展示空間だけでなく、作品世界においても、完全に作品の一部となる。

作品はコンピュータプログラムによってリアルタイムで描かれ続けている。あらかじめ記録された映像を再生しているわけではない。全体として、以前の状態が複製されることなく、変容し続ける。今この瞬間の絵は二度と見ることができない。

 

 

簡単に異世界体験ができるチームラボボーダレス。境界のない世界でしか得られない新感覚を

 

チームラボボーダレス

 

チームラボの東京・お台場常設展であるチームラボボーダレス。同ミュージアム近くの豊洲エリアでは、「チームラボプラネッツ」があり、こちらはチームラボボーダレスとはまた違った体感が楽しめます。「チームラボプラネッツ」は、水に入る作品もある超巨大没入空間で、展示作品も違い、2022年末までの期間限定です。2つのチームラボの展示が、どう違うのかを体感してみては。

 

チームラボボーダレスは来場者を簡単に異世界へと誘います。別世界に入った来場者がどう行動するか? 正解がない行動は作品にどう影響していくのか。一度、体感したくらいでは全貌がわからない掴めない、リアルRPGのような境界のない世界を遊び尽くす。バーチャルリアリティのような近未来的感覚の楽しさと、当たり前に使う自分自身の感覚が研ぎ澄まされるチームラボボーダレスを時間の許す限りご堪能あれ。

 

施設概要

 

森ビルデジタルアートミュージアム:エプソン チームラボボーダレス

 

所在地

東京都江東区青海1-3-8(お台場パレットタウン)

オープン日

2018/6/21(木)

開館時間

※開館時間・休館日はシーズンによって異なります。詳しくはチームラボボーダレス公式ウェブサイトをご確認ください

料金

大人(高校生以上):15才~ 3,200円、小人(中学生以下):4~14才 1,000円、障がい者割引:1,600円(障がい者手帳をお持ちの方と、介助者1名まで購入可)

小人(中学生以下の方)のご利用には、20才以上の保護者の同伴が必要です

無料のお子様含め、小人3名につき保護者様1名が必要です

3才以下のお子様は無料、チケット不要です

※料金は税込の金額となります

公式ホームページ

https://borderless.teamlab.art/jp/ ※外部サイトへ移動します

 

 

(写真提供:チームラボ、文・写真:工藤明日香/ローソンチケット)

 

【森ビルデジタルアートミュージアム:エプソン チームラボボーダレス 周辺地図】