イベント

アイドル歌会@俵万智セレクション歌集発売記念スペシャル

アイドル歌会

概要

短歌は1300年前から続く、愛の交換ツール。一晩かかってしゃべったことより、五・七・五・七・七の三十一文字のほうが、気持ちが伝わることがある。
短歌を披露しあうのは、歌会。歌を持ち寄り、自分たちの〝推し〟の歌を鑑賞し合う。短歌に一番はない。上手い、下手はない。あるのは、どの歌が好きか、どの言葉が胸に響くか。あなたは、どの短歌を〝推し〟ますか?

人気アイドルが短歌に挑戦!2021年のサラダ記念日(7月6日)に開催した第1回から、14回目を迎えた「アイドル歌会」(3年連続開催のTIF出張版含む)。今回は、選者の俵万智さんのキャリア集大成ともいえるセレクション歌集『あとがきはまだ』発売記念スペシャル。サイン本付きの配信チケットを特別販売します。当日、会場でもサイン本の販売を行います。

アイドルの短歌の腕もぐっと上がって、名歌がたくさん生まれています。
出演は、岡田彩夢さん(虹のコンキスタドール)、寺嶋由芙さん、律月ひかるさん(いぎなり東北産)、reinaさん(lyrical school)。そしてアイドルグループ卒業後の執筆活動が好調で、書き下ろし小説刊行、短歌研究連載スタートなど、「短歌研究員」という肩書がすっかり定着した宮田愛萌さん。

第1部は出演アイドルの短歌を、選者やアイドル同士、ファンたちと鑑賞し合う「アイドル歌会」。 第2部は、アイドルとファンが短歌を共作する付け句「付け句大会」に加え、俵万智セレクション歌集『あとがきはまだ』にちなんだスペシャル企画も。

リアルとSNSの同時進行のハイブリッドイベント! どうぞご体験ください!

日程 2024/4/12(金)
開場/開演時間 18:30/19:00
会場 池袋MixaliveTOKYO/Theater Mixa

出演者(五十音順)

岡田彩夢(虹のコンキスタドール)
寺嶋由芙
律月ひかる(いぎなり東北産)
reina(lyrical school)

宮田愛萌(短歌研究員)

●司会(企画/選者) 吉田尚記(ニッポン放送アナウンサー)
●選 俵万智(歌人)、笹公人(歌人)、國兼秀二(月刊「短歌研究」編集長)

配信チケット

発売情報


※チケットはZAIKOにて販売いたします。
※チケットの購入・動画の視聴にはZAIKOのアカウントへの登録が必要となります。

ライブ配信関連リンク

関連リンク

アイドル歌会
アイドル歌会@俵万智セレクション歌集発売記念スペシャル