イベント
特別展「国宝 東寺-空海と仏像曼荼羅」

公演日:2019/3/26(火)~2019/6/2(日)

特別展「国宝 東寺-空海と仏像曼荼羅」

チケット情報

特別展「国宝 東寺-空海と仏像曼荼羅」

東寺講堂の立体曼荼羅が史上最大規模で東博に出現

東寺は、平安京遷都に伴って、王城鎮護の官寺として西寺とともに建立されました。
唐で新しい仏教である密教を学んで帰国した弘法大師空海は、823年に嵯峨天皇より東寺を賜り、真言密教の根本道場としました。
2023年には、真言宗が立教開宗されて1200年の節目を迎えます。
空海のもたらした密教の造形物は、美術品としても極めて高い質を誇り、その多彩さや豊かさはわが国の仏教美術の中で群を抜いています。
本展は、空海にまつわる数々の名宝をはじめ、東寺に伝わる文化財の全貌を紹介するものです。
空海が作り上げた曼荼羅の世界を体感できる講堂安置の21体の立体曼荼羅のうち、史上最多となる国宝11体、重文4体、合計15体が出品されるほか、彫刻、絵画、書跡、工芸など密教美術の最高峰が一堂に会します。
東寺が1200年にわたり、空海の教えとともに守り抜いてきた至宝をご堪能ください。

本展のみどころ

●みどころ① 東寺講堂から15体の仏像が集結。史上最大規模の仏像曼荼羅が出現。
空海が密教の真髄を目に見えるかたちで表した、東寺講堂の21体の仏像からなる立体曼荼羅。本展では、史上最多となる15体の仏像が出品されます。国宝の11体は、全方位360度から見られるように展示され、講堂とは違った圧巻の仏像曼荼羅を体感していただけます。

●みどころ② 後七日御修法(ごしちにちみしほ)の道場を再現。真言密教の最高峰とされる至宝を一堂に。
後七日御修法は、空海によって始められた鎮護国家の法会であり、真言宗で最重要の秘密の儀式です。 空海が唐から持ち帰った国宝「密教法具」や重要文化財「金銅舎利塔」など後七日御修法に関する東寺1200年の寺宝とともに道場を再現します。 大治2年(1127年)に制作された国宝「十二天像」、国宝「五大尊像」は全幅を公開する貴重な機会になります。(展示替えあり)

●みどころ③ 貴重な両界曼荼羅図(りょうかいまんだらず)を公開。東寺のマンダラワールドを堪能する。
密教美術の宝庫である東寺は、「曼荼羅のお寺」といわれるほど、数多くの曼荼羅を所蔵し、国宝・重要文化財の両界曼荼羅だけでも6件が伝来しています。本展では、現存最古の彩色両界曼荼羅である国宝「西院曼荼羅(伝真言院曼荼羅)」をはじめ、長さ約5メートルにおよぶ国内でも最大級の「甲本」「元禄本」と「敷曼荼羅」の4件を含む多くの曼荼羅を公開します。

●みどころ④ 音声ガイド・ナビゲーターは佐々木蔵之介さんに決定!
本展覧会の音声ガイド・ナビゲーターが、俳優の佐々木蔵之介さんに決定しました。 京都出身で、東寺境内にある洛南高等学校をご卒業されるなど、東寺ともゆかりの深い佐々木さん。 お寺の歴史、空海の教え、仏像曼荼羅の見どころなど、たっぷりご案内します。

佐々木蔵之介さんメッセージ (公式HPより転載)

東寺境内を通って通学していた洛南高校時代を思い出します。 本展にたくさん出品される曼荼羅も、学園祭で両界曼荼羅を真似て描いたこともあり、身近に感じています。 空海が言うように、曼荼羅は密教の世界観をビジュアル化して分かりやすく伝える、心で感じ取ってもらうもので、難しいことではないと思います。
華やかだな、美しいなと、感じるだけでも良いのではないでしょうか。 音声ガイドも、そういった“感じる”手助けをできたら、と思って臨みました。 仏像曼荼羅を見るのも楽しみです。象に乗った帝釈天像、かっこいいですね。
ぜひ音声ガイドと共に、曼荼羅という宇宙を体感してください。

【NEWS】本展イチ押しの美仏!「帝釈天」と写真が獲れる!!

特別展の会場内で、人気の高い「帝釈天騎象像」の写真撮影ができることになりました。
甲(よろい)を着用し、武器である金剛杵(こんごうしょ)を手に、象に乗る姿は、言わずと知れた仏像界のイケメン。
その「帝釈天騎象像」を、個人的な利用目的に限り写真撮影ができることになりました!
展覧会の思い出とともに、素敵な画像をお持ち帰りください。※撮影に際しては注意事項をお守りください。

「帝釈天騎象像」撮影の注意

  • ■個人利用に限って写真撮影ができます。
  • ■撮影はご自身でお願いいたします。
  • ■ただし、フラッシュ撮影、一脚、三脚、望遠レンズ、自撮り棒等のご利用はご遠慮ください。
  • ■他のお客様のご迷惑となるような行為(割り込んだり、撮影のため長時間その場にとどまるなど)はおやめください。
  • ■撮影した画像を営利目的で複製・配布することはできません。
  • ■本展会場内は、「帝釈天騎象像」撮影コーナー以外は撮影禁止です。
  • ■混雑状況により、撮影をお断りする場合がございます。予めご了承ください。

開催情報

料金(税込)

【早割チケット】一般 ¥1,200
【前売券】一般 ¥1,400 / 大学生 ¥1,000 / 高校生 ¥700

【海洋堂 帝釈天フィギュアセット前売券】一般 ¥7,500 ※限定1,000枚
※会場限定で発売される海洋堂製フィギュア「帝釈天騎象像」がセットになった前売券です。
※「海洋堂 帝釈天フィギュアセット前売券」は、1セットのお申込みで「入場券(一般用)」1枚と「フィギュア引換券」1枚が発券。
※フィギュアは特別展「国宝 東寺-空海と仏像曼荼羅」の会期中、会場内の特設ショップで引き換えいたします。

  • ・中学生以下無料
  • ・障がい者とその介護者1名は無料です。入館の際に障がい者手帳などをご提示ください。
  • ・会期中は当日料金(一般 ¥1,600 / 大学生 ¥1,200 / 高校生 ¥900)で販売

会期

2019/3/26(火)~6/2(日)
※休館日:月曜日、5/7(火)
(但し4/1(月)[東寺展会場のみ開館]、4/29(月・祝)、5/6(月・休)は開館)

開館時間

9:30~17:00(入館は閉館の30分前まで)
※但し、会期中の金曜・土曜は21:00まで開館。

会場

東京国立博物館 平成館(上野公園)

チケット販売期間

<早割チケット>12/1(土)10:00~1/14(月)23:59
<グッズセット券・再販売>2/1(金)10:00~3/25(月)23:59
※定数に達したため販売を終了しましたが、好評につき2/1(金)10:00より再販売が決定しました!!(追加販売:限定1,000枚)
<前売券>1/15(火)10:00~3/25(月)23:59

Lコード

31371

公演一覧

イベント・アート・ミュージアム 特別展「国宝 東寺-空海と仏像曼荼羅」

公演日 会場 販売方法 受付期間 申込/詳細
2019/3/26(火) ~ 2019/6/2(日) 東京国立博物館 平成館(東京都) 先着一般発売

前売券

発売中

手数料が不要もしくは一部割引

2019/1/15(火) 10:00 ~ 2019/3/25(月) 23:59

申込はこちら

先着一般発売

【再販売】グッズセット券

予定枚数終了

手数料が不要もしくは一部割引

2019/2/1(金) 10:00 ~ 2019/3/25(月) 23:59

詳細はこちら

先着一般発売

当日券

発売前

手数料が不要もしくは一部割引

2019/3/26(火) 00:00 ~ 2019/6/2(日) 15:00

詳細はこちら

もっと見る +

イベント・アート・ミュージアム 特別展「国宝 東寺-空海と仏像曼荼羅」

公演日 会場 販売方法 受付期間 申込/詳細
2019/3/26(火) ~ 2019/6/2(日) 東京国立博物館 平成館(東京都) 先着一般発売

前売券

発売中

手数料が不要もしくは一部割引

2019/1/15(火) 10:00 ~ 2019/3/25(月) 23:59

申込はこちら

先着一般発売

【再販売】グッズセット券

予定枚数終了

手数料が不要もしくは一部割引

2019/2/1(金) 10:00 ~ 2019/3/25(月) 23:59

詳細はこちら

先着一般発売

当日券

発売前

手数料が不要もしくは一部割引

2019/3/26(火) 00:00 ~ 2019/6/2(日) 15:00

詳細はこちら

もっと見る +