世界遺産・東寺がインタラクティブなアート空間に!
「チームラボ 東寺 光の祭 -TOKIOインカラミ」開催

2021/07/20(火)

チームラボ東寺

8/6(金)より世界遺産・東寺(京都府京都市)で「チームラボ 東寺 光の祭 -TOKIOインカラミ」が開催されます。

世界遺産の東寺は、日本一の高さを誇る木造塔である国宝の五重塔があり、創建からおよそ1200年で、現代において唯一残る平安京の遺構です。

唐で新しい仏教、密教を学んで帰国した弘法大師空海によって、真言密教の根本道場となったことから、日本で最初に密教寺院が誕生したと言われており、真言宗の総本山です。正式名称は「金光明四天王教王護国寺秘密伝法院」と言います。

チームラボは、「Digitized City」というアートプロジェクトを行っています。非物質的であるデジタルテクノロジーによって、建造物や場を物理的には一切変えることなく、場がそのままアートになるというプロジェクトです。

「チームラボ 東寺 光の祭」は、東寺の空間を人々の存在によって変化するインタラクティブな光のアート空間に変えます。

展示作品紹介

チームラボ東寺 瓢箪池に浮遊する呼応するランプ / Floating Resonating Lamps in the Hyotan Pond
teamLab, 2021, Interactive Installation, Murano Glass, LED, Endless, Sound: Hideaki Takahashi

水面に浮かぶランプは、それぞれ自律し浮遊している。人がランプの近くを通ると、もしくは風に吹かれて傾くと、強く輝き音色を響かせる。そのランプの光は、隣のランプに次々伝播し、音色を響かせながら、連続していく。伝播していく光は、必ず、全てのランプを一度だけ強く輝かせ、全てのランプに伝播する。そしてその周辺の《呼応する木々》や《自立しつつも呼応する生命の森》に呼応し、連続していく。人々はきっと、同じ空間にいる他の人々の存在を感じるだろう。

ランプは、風が静かで人々が近くにいない時、ゆっくりと明滅をはじめる。

ランプシェードは、ムラーノ・ガラス(ベネチアン・グラス)で制作した。

チームラボ東寺 講堂に咲く増殖する無量の生命 / Proliferating Immense Life in Toji Kodo
teamLab, 2021, Interactive Digital Installation, Sound: Hideaki Takahashi

花々は誕生と死を繰り返しながら、増殖していく。増殖しすぎると、一斉に散って死んでいく。

また、人々が花々に近くと、花々は散って死んでいく。

作品は、コンピュータプログラムによってリアルタイムで描かれ続けている。あらかじめ記録された映像を再生しているわけではない。全体として以前の状態が複製されることなく、人々のふるまいの影響を受けながら、永遠に変化し続ける。今この瞬間の絵は二度と見ることができない。

チームラボ東寺 金堂の反転無分別 / Reversible Rotation in Reversible Rotation in Toji Kondo
teamLab, 2021, Interactive Digital Installation, Sound: Hideaki Takahashi

書かれた「空書」は、作品空間の中を全て同一方向に回転しているが、「超主観空間」の特性として、視覚的には、左回転も右回転も論理的に同等となる。そのため、意識によって、書は、左回りにも、右回りにもなる。

「空書」とは、チームラボが設立以来書き続けている空間に書く書のこと。書の墨跡が持つ、深さや速さ、力の強さのようなものを、新たな解釈で空間に立体的に再構築し、チームラボの「超主観空間」の論理構造によって2次元化している。書は平面と立体との間を行き来する。

チームラボ東寺 自立しつつも呼応する生命の森 / Forest of Autonomous Resonating Life
teamLab, 2018, Interactive Installation, Endless, Sound: Hideaki Takahashi

高密度に立ち続ける光のovoid(卵形体)は、それぞれ自律している。ovoidは、人にかき分けられたり、風に吹かれたりして倒れると、立ち上がりながら光の色を変え、色特有の音色を響かせる。その周辺のovoidにも次々に呼応し、同じ色に変化し音色を響かせながら、連続していく。そしてその周辺の《呼応する木々》や《浮遊する呼応するランプ》に呼応し、連続していく。人々はきっと、同じ空間にいる他の人々の存在を感じるだろう。

光のovoidは、風が静かで人々が何もしない時、ゆっくりと明滅をはじめる。

チームラボ東寺 自立しつつも呼応する生命と呼応する木々 / Autonomous Resonating Life and Resonating Giant Cedar Forest
teamLab, 2017, Interactive Digital Installation, Endless, Sound: Hideaki Takahashi

立ち続ける光のovoid(卵形体)と、木々が光り輝く。

光のovoidと木々の光は、それぞれ自律しており、ゆっくりと明滅している。

光のovoidは人に押されたり、風に吹かれたりして倒れると、立ち上がりながら光の色を変え、色特有の音色を響かせる。その光は、周辺のovoidと木々も次々に呼応し、同じ色に変化し音色を響かせながら、変化していく。

木々の奥から光が押し寄せてくれば、向こうの方に人がいることを意味する。人々はきっと、同じ空間にいる他の人々の存在を普段より意識するだろう。

チームラボ東寺 浮遊する、呼応する球体 / Floating, Resonating Spheres
teamLab, 2015, Interactive Installation, Endless, Sound: Hideaki Takahashi

光の球体は、それぞれ自律している。球体は、人が叩くと、もしくは、風が吹いた時、色を変え、色特有の音色を響かせる。その周辺の球体も次々と呼応し、同じ色に変化し音色を響かせながら連続していく。

光の球体は、風が静かで人々が何もしない時、ゆっくりと明滅をはじめる。

チームラボ東寺 具象と抽象 - 八島社と五重塔の狭間 / Abstract and Concrete - Between Hachiman Shrine and the Five-Story Pagoda
teamLab, 2021, Interactive Digital Nature, Sound: Hideaki Takahashi

東寺が建立される前から鎮座している八島社と五重塔の境界にある作品。

人々が作品の中に入り止まってしばらくすると、新たな線の集合が生まれて広がっていく。作品によって、木々は平面のレイヤーとなる。

作品は、コンピュータプログラムによってリアルタイムで描かれ続けている。あらかじめ記録された映像を再生しているわけではない。全体として以前の状態が複製されることなく、人々のふるまいの影響を受けながら、永遠に変化し続ける。今この瞬間の絵は二度と見ることができない。

チームラボ東寺 呼応する木々 / Resonating Trees
teamLab, 2014, Interactive Digitized Nature, Sound: Hideaki Takahashi

木々が光り輝く。木々の光は、それぞれ自律しており、ゆっくりと呼吸するかのように明滅している。

木々の光は、《浮遊する呼応するランプ》や《自立しつつも呼応する生命の森》から伝播してきた光に呼応し、色を変え、色特有の音色を響かせる。その木の光は、周辺の木々に次々伝播し音色を響かせながら、連続していく。

木々の奥から光が押し寄せてくれば、向こうの方に人がいることを意味する。人々はきっと、同じ空間にいる他の人々の存在を普段より意識するだろう。

開催概要

開催期間

  • 8/6(金)~9/19(日)
  • ※8/20(金)、8/21(土)、9/5(日)を除く 42日間

時間

  • 8/6(金)~8/19(木) 19:00~
  • 8/22(日)~9/4(土) 19:00~
  • 9/6(月)~9/19(日) 18:30~
  • ※8/11(水)までは21:00閉場
  • ※それ以降の閉場時間は後日発表いたします

会場

  • 真言宗総本山 東寺(教王護国寺)

 

【真言宗総本山 東寺 周辺地図】

 

お気に入り登録して最新情報を手に入れよう!

チームラボ

イルミネーション (イベント)

キッズ・ファミリーイベント

オススメおでかけ情報(関西)