DOUBLE FANTASY - John & Yoko

ジョン・レノンとオノ・ヨーコの言葉・メッセージ、作品だけで満たされる世界初の展覧会がついに東京で開催!

DOUBLE FANTASY -John & Yoko ジョン・レノンとオノ・ヨーコ

▼3種から選べる! 数量限定チケットホルダー付きチケット販売中

 

10/9(金)よりソニーミュージック六本木ミュージアムにて「DOUBLE FANTASY - John & Yoko(ダブルファンタジー -ジョン&ヨーコ)」が開催中です。

1960年代に一世を風靡したロックバンド「ビートルズ」のメンバーとして活躍したジョン・レノン。1966年にロンドン・インディカ・ギャラリーでオノ・ヨーコとの運命的な出会いを果たします。同展では、世界で最も有名でクリエイティブなカップル、ジョン・レノンとオノ・ヨーコの物語を、2人が世界に発したメッセージや言葉、音楽&アート作品、貴重な私物を通して追体験します。

 

DOUBLE FANTASY -John & Yoko ジョン・レノンとオノ・ヨーコ 展覧会名となっている「DOUBLE FANTASY」はジョン・レノンとオノ・ヨーコのアルバムのタイトルから。
このアルバムがジョン・レノン生前最後のアルバムとなります
(同アルバムジャケットは画面上段中央)

 

「DOUBLE FANTASY - John & Yoko」は、2018年5月から2019年11月までジョン・レノンの故郷であるイギリス・リバプール博物館で開催されました。“ジョンの故郷であるリバプールのために”とオノ・ヨーコ自身も深くかかわって完成させたその圧倒的な内容で高い評価と反響を呼び、会期も当初の予定から7ヶ月も延長、異例の70万人を動員。

大きな話題となった展覧会が、ジョン・レノン生誕80年、そしてその生涯を閉じてから40年となる2020年にジョン・レノンの故郷リバプールから、オノ・ヨーコの故郷東京へとやってきました。

 

DOUBLE FANTASY -John & Yoko ジョン・レノンとオノ・ヨーコ ジョン・レノンのコーナーでは、少年時代に描いた「The Daily Howl」ほか「In My Life」の手書きの歌詞が展示されています

DOUBLE FANTASY -John & Yoko ジョン・レノンとオノ・ヨーコ オノ・ヨーコのコーナーでは、1967年にオノ・ヨーコがジョン・レノンにプレゼントしたアートブック「Grapefruit」の現物を展示。日本初公開となります

DOUBLE FANTASY -John & Yoko ジョン・レノンとオノ・ヨーコ 1966年に2人が初めて出会ったインディカ・ギャラリーを再現。作品の「Ceiling Painting(天井の絵)」と「Painting to Hammer a Nail(釘を打つための絵)」(画面左)は当時の作品が再展示されています

 

同展は時系列に沿って展開されています。会場へ入ると、前衛芸術界を牽引する1人の芸術家オノ・ヨーコと、世界的ロックスターであるジョン・レノンの運命的な出会いまでが紹介されています。

 

DOUBLE FANTASY -John & Yoko ジョン・レノンとオノ・ヨーコ 1969年に行われた有名な平和活動「Bed In」で使用したギブソンのギターや窓に貼られていたプラカードが展示。プラカードは日本初公開

 

「結婚~平和活動」のエリアでは、有名な平和活動「Bed In」が展示。1969/3/20にジブラルタルで結婚式を挙げたジョン・レノンとオノ・ヨーコは、その5日後、アムステルダルのホテルで世界平和のための平和活動「Bed In」を行います。

これは当時ベトナム戦争をはじめとしたアメリカ・ヨーロッパなどの世界情勢の不安が背景にあります。ジョン・レノンとオノ・ヨーコは自分たちに注目が集まるこのタイミングで訪れる記者たちに愛とユーモアを持って平和を訴えかけました。

この平和活動は2回行われており、2回目は1969年5月にモントリオールで活動。その際には「Give Peace A Chance(平和を我等に)」/Plastic Ono Bandのレコーディングも行われています。

 

DOUBLE FANTASY -John & Yoko ジョン・レノンとオノ・ヨーコ クリスマスソングの定番曲となっている「Happy Xmas(War Is Over)」。実は反戦歌として制作されたもの

DOUBLE FANTASY -John & Yoko ジョン・レノンとオノ・ヨーコ 写真家ボブ・グルーエンのポートレートで着用した有名な“NEW YORK CITY”Tシャツの実物

DOUBLE FANTASY -John & Yoko ジョン・レノンとオノ・ヨーコ 「Lost Weekend」と呼ばれる別居時代、ジョン・レノンがオノ・ヨーコのために特注し、1974/2/18の誕生日にプレゼントした手鏡

 

なお、作品のみならずジョン・レノンとオノ・ヨーコの私物も紹介されています。

 

DOUBLE FANTASY -John & Yoko ジョン・レノンとオノ・ヨーコ

 

また、同展では本邦初公開作品を含む『東京展独自展示コーナー』が追加。ジョン・レノンが日本語を習得するために描いた「日本語練習スケッチブック」の原画や、軽井沢での和やかな家族写真など日本の絆を感じさせる品々が並んでいます。東京展特別展示なのでお見逃しなく。

 

DOUBLE FANTASY -John & Yoko ジョン・レノンとオノ・ヨーコ ミュージアムショップ

DOUBLE FANTASY -John & Yoko ジョン・レノンとオノ・ヨーコ 約半世紀前のジョン・レノンとオノ・ヨーコ幻の『特別インタビュー』「東京編」(販売中)と「NY編」(11/4~販売)の2タイトルが会場限定で復刻(画像は「東京編」)

 

会場内の写真撮影はOKですが、動画・録音は禁止となっています。また、壁の一部にQRコードが表示されており、スマートフォンをカメラモードにしてかざすとジョン・レノンとオノ・ヨーコの手紙ほか、アメリカ政府との滞在許可を巡る文書などの翻訳が見られます。

 

DOUBLE FANTASY -John & Yoko ジョン・レノンとオノ・ヨーコ 「REMEMBER LOVE」と「Wish Tree」

 

最後のエリアには付箋に思い出を書く「REMEMBER LOVE」と、オノ・ヨーコの作品「Wish Tree」があります。こちらは展覧会に訪れた人ならどなたでも参加することができる参加型アート作品です。

「Wish Tree」は夢や平和への願い、思いを短冊に綴り、木に結びつけます。展示終了後、アイスランドにあるジョン・レノンとオノ・ヨーコによる世界平和祈願の象徴「IMAGINE PEACE TOWER」に永久保管されます。

そのほかにもまだまだ紹介しきれないほどたくさんの作品が様々な形で展示されています。当然、その展示の中には、ジョン・レノンとオノ・ヨーコが世界に発したメッセージが散りばめられています。

名言として語り継がれている言葉もあれば、同展で再発見される力強い言葉や、ハッと考えさせられる言葉などがあり、見ていると直接2人に「今のままでいいのか? 想像してごらんよ」と言われているような気持ちになりました。見て学ぶアート展というより、追体験し自らが考え、心に響くアート展となっています。ぜひ会場にて体感してみてほしいです。

ジョン・レノンとオノ・ヨーコの2人の物語が感じられる「DOUBLE FANTASY - John & Yoko」はソニーミュージック六本木ミュージアムで2021/1/11(月・祝)まで開催中です。

▼3種から選べる! 数量限定チケットホルダー付きチケット販売中

 

開催概要

 

DOUBLE FANTASY - John & Yoko

DOUBLE FANTASY -John & Yoko ジョン・レノンとオノ・ヨーコ

 

開催期間

開催中~2021/1/11(月・祝)

時間

日~木曜日、1/11(月・祝):10:00~18:00

金・土曜日:10:00~20:00

※入場は閉場の30分前まで

休館日

2020/12/31(木)、2021/1/1(金・祝)

会場

ソニーミュージック六本木ミュージアム

 

▼3種から選べる! 数量限定チケットホルダー付きチケット販売中

 

(文・写真:工藤明日香/ローソンチケット)

 

【ソニーミュージック六本木ミュージアム 周辺地図】