スポーツ
[現場レポート]東京ゲームショウ2018、最終日はウイイレ日本代表選手が登場!

[現場レポート]東京ゲームショウ2018、最終日はウイイレ日本代表選手が登場!

チケット情報

今回の現場レポートは・・・

ウイイレ2019

2018年9月20日~23日に千葉県の幕張メッセで延べ29万8,690人が来場した東京ゲームショウ2018が開催された。eスポーツ元年とも云われる今年、この見本市では「e-sports X(クロス)」と題し、2日間合計8つの競技タイトルでの大会が開催された。

ウイイレ2019、国内最強チームは?!

最終日の「e-sports X RED STAGE」で行われた「ウイニングイレブン 2019 国内最強チーム決定戦」準決勝は、先の「第18回 アジア大会(インドネシア・ジャカルタ)」で見事金メダルに輝いた日本チームの2人、杉村直紀(SOFIA)選手と相原翼(レバ)選手)も参加。

大会はプロライセンス保持者チーム、メディア大会上位チーム、茨城プレ国体準優勝チームの合計8チームが、3v3 CO-OPモードでの熱戦を繰り広げた。

そうだ、サウジへ行こう
そうだ、サウジへ行こう(レバ選手、SOFIA選手、genkiモリタ選手)
カストロミナンダバーチャット
カストロミナンダバーチャット(かつぴーや選手、Shiro選手、まさちゅう選手)
ユウQあーる
ユウQあーる(キュー選手、ユウタム選手、あーる選手)
We love サウジ
We love サウジ!(SHO選手、パリカ選手、からあげ選手)

PK戦の末、国内最強チームが決定!!

決勝へ駒を進めたのは、優勝候補のアジア大会金メダリストの2人を擁す「そうだ、サウジへ行こう」を2対1で退けた「カストロミナンダバーチャット」と「We love サウジ!」を1対1(PK 3対0)とPK戦の末に退けた「ユウQあーる」。

トーナメント表

決勝は、後半先制した「ユウQあーる」が5バックでの守備固めに入ったところを、4トップという超攻撃的布陣で挑んだ「カストロミナンダバーチャット」が持ち前の個人技で同点に追いつき試合は1対1で終了。PK戦を4対3で制した「カストロミナンダバーシャット」が見事優勝を飾り、2019年1月に開催される「日本・サウジアラビアeスポーツマッチ」への出場権を獲得した。

決勝_1
決勝_2

Asian Games エキシビジョンマッチ

また同ステージでは「Asian Games エキシビジョンマッチ」が行われ、日本、ベトナム、韓国の3カ国による2v2 CO-OPモードでのリーグ戦が繰り広げられた。(2v2 CO-OPモードは先のアジア大会でも採用された方式。)

日本チーム
日本チーム(アジア大会金メダリスト SOFIA選手、レバ選手)
ベトナムチーム
ベトナムチーム
韓国チーム
韓国チーム
アシスタント
アシスタント 小島みゆ

日本代表アジア大会金メダリストのSOFIA選手とレバ選手が国内最強チーム決定戦に続き参加。国内最強チーム決定戦では惜しくも準決勝で敗退となったが、2-0でベトナム、4-0で韓国を見事破り見事な優勝を飾った。またこの試合はPC版・海外仕様の「ウイニングイレブン 2019(国内未発売)」を使用して開催された。


文・写真:うぃんうぃん2018(eスポーツライター)

関連ページ

eスポーツTOP

スポーツの現場レポートまとめ