スポーツ
[現場レポート]アジア競技大会日本チーム凱旋報告会&日本vsオランダeスポーツ国際親善マッチ@東京ゲームショウ2018

アジア競技大会日本チーム凱旋報告会

チケット情報

今回の現場レポートは・・・

凱旋報告会

2018年8月にインドネシアのジャカルタで開催された「第18回 アジア競技大会」のデモンストレーション競技として開催されたeスポーツ。そこで見事金メダルに輝いた日本チームの凱旋報告会が幕張メッセ(千葉市・美浜区)で開催中の東京ゲームショウ2018で行われ、杉村直紀(SOFIA)選手と相原翼(レバ)選手(ウィニングイレブン代表)、(赤坂哲郎(Tredsred)選手(代表)の3選手が、公式ユニフォーム姿で参加した。

凱旋報告会3選手
杉村選手(左)、相原選手(中)、赤坂選手(右)

報告会では、韓国チームのフォーメーションや戦術に戸惑いながらも、個人技を活かしたチームワークで優勝を勝ち取ったエピソードを披露。2022年に中国杭州で行われるアジア大会では正式競技となり、日本国内はもちろん、アジア圏でも今後さらに注目が高まることが期待される。

eスポーツ国際親善マッチ「浦和レッドダイヤモンズvs.フェイエノールト・ロッテルダム」開催

日本xオランダ

日本eスポーツ連合(JeSU)主催による、オランダ・フェイエノールト・ロッテルダムと浦和レッドダイヤモンズのeスポーツチームによるサッカーゲーム『FIFA18』を使った日本対オランダ国際親善試合が、千葉県の幕張メッセで2018年9月20日に開催された。

ゲーム画像①
ゲーム画像②

試合はオランダ王国大使館と新たなパートナーシップを構築した両チームの特別協力により実現。会場には一般社団法人日本eスポーツ連合(JeSU)会長(代表理事)岡村秀樹、オランダ大使Aart Jacobi氏も姿を見せ「日本とオランダの長い友好関係に新しい分野でも取組が出来ることを大変喜び期待している」と語った。

またサプライズとして、浦和、フェーエノルト両チームに在籍した元日本代表小野伸二選手(現コンサドーレ札幌)からビデオメッセージが届き、会場にいたファンを沸かせた。

試合前の両選手
小野伸二

白熱の試合はPK戦に突入、結果は・・?!

試合は全3試合で行われ、初戦は「かーる選手(日本・浦和レッズ)対JaeyD選手(オランダ・フェーエノルト・ロッテルダム)の1対1の対戦となり、PK戦までもつれ込んだ白熱の試合は2対2(PK4対3)でかーる選手の勝利となった。

続く2試合目はFIFA18では珍しい2対2のチーム戦で行われ、両者一歩も譲らず1試合目に続きPK戦に突入。結果3対3(PK3対1)でオランダ・フェイエノールト・ロッテルダムチームの勝利となり、この時点で1勝1敗。

3試合目はfantom選手(日本・浦和レッズ)とYimmeHD選手(オランダ・フェイエノールト・ロッテルダム)の1対1で行われ、2対0でYimmeHD選手の勝利。今回の国際親善試合は2勝1敗でオランダ・フェイエノールト・ロッテルダムチームの勝利となった。

YimmeHD選手(左)、JaeyD選手(右)
fantom選手(左)、かーる選手(右)

試合後のインタビューでオランダ・フェイエノールト・ロッテルダムチームのYimmeHD選手は日本チームに対する印象を「非常に動きが読み辛かった。レベルも高く非常に良いチーム」と語った。

23日には代表選考を兼ねた大会も開催。

2019年1月にはサウジアラビアとのホーム&アウェイによる大会もリヤド、東京にて予定されており、サッカーゲームを中心にeスポーツにはさらに注目が集まる。


文・写真:うぃんうぃん2018(eスポーツライター)

関連ページ

eスポーツTOP

スポーツの現場レポートまとめ