スポーツ
[現場レポート]全国に先駆け!つくばでeスポーツ大会が開催!

全国都道府県対抗eスポーツ選手権 2019 IBARAKI

チケット情報

今回の現場レポートは・・・

来年秋の茨城国体で文化プログラムとして開催予定の「全国都道府県対抗eスポーツ選手権 2019 IBARAKI」に先駆けた茨城プレ大会が、 茨城県つくば市にある「つくば国際会議場」で2018年9月15日に開催された。

大会会場:つくば国際会議場 大ホール
大会会場:つくば国際会議場 大ホール
会場の様子
会場の様子
会場の様子

「ウイニングイレブン2019」を舞台に繰り広げられた熱戦!

大会は「ウイニングイレブン2019」を使用し、年齢制限なしのオープンの部(全25チーム)と高校生対象の少年の部(全16チーム)の2部門で行われ、熱戦が繰り広げられた。

初の王座に輝いたのは?!

少年の部は、決勝を1対0と接戦で制した水戸工業高校の同級生コンビ「フィーバー」。 オープンの部は、鹿島アントラーズファンの同級生チーム「鹿麗會」が10分の試合では決着が着かずPK戦までもつれ込んだ決勝を2対2(PK戦:4対3)で制し、初の王座に輝いた。

フィーヴァー
少年の部優勝チーム:フィーヴァー
鹿麗會
オープンの部優勝チーム:鹿麗會

オープンの部で優勝を飾った「鹿麗會」は、初代王座の称号に加え、2018年9月20日から千葉県の「幕張メッセ」で開催される「TOKYO GAME SHOW 2018」のコナミブースで2018年9月23日に開催される「ウイニングイレブン2019」日本代表を決める大会への出場権も手に入れた。

会場にはスペシャルゲストも登場!

会場には解説として「ウイニングイレブン2018」ジャパン・eスポーツ・プロライセンスを持つ Mayageka選手、また先の第18回アジア競技大会ジャカルタ「ウイニングイレブン2018」で見事金メダルを獲得した相原翼(レバ)選手がスペシャルゲストとして登場。プロ選手ならではの視点から、ゲームの見どころやプレイのコツを伝授した。

解説のMayageka選手とスペシャルゲストの相原翼(レバ)選手
解説のMayageka選手とスペシャルゲストの相原翼(レバ)選手

エキシビジョンマッチでは、Mayageka選手と相原選手によるド―リームチームが実現。今回初めてチームを組んでの対戦となったが、息の合ったコンビネーションを魅せるなど、プロとしての技を披露し会場を沸かせた。

Mayageka選手と相原翼(レバ)選手のドリームチームが実現
ドリームチームが実現
Mayageka選手と相原翼(レバ)選手のドリームチームが実現
Mayageka選手と相原翼(レバ)選手

試合の模様は、実況を柴田将平(eスポーツキャスター)、メインMCをバロン山崎(IBS茨城放送「土曜王国」パーソナリティ)、アシスタントMCを茨城県が起用する国内初の自治体後任バーチャル YouTuberである茨ひより、アシスタントを自身もウイニングイレブンをプレーするタレントの小島みゆが務めた。

実況の柴田アナとアシスタントの小島みゆ
実況の柴田アナとアシスタントの小島みゆ
アシスタントの小島みゆ
アシスタントの小島みゆ
アシスタントMCの茨ひより
アシスタントMCの茨ひより
メインMCのバロン山崎
メインMCのバロン山崎

今後も楽しみなeスポーツ!

「e-SPORTSを一つのジャンルとして捉え、その可能性についてつくば市を中心に茨城県をあげて最大化していきたい」と今後の展望を語った。

大井川茨城県知事

2018/9/15 文・写真:うぃんうぃん2018(eスポーツライター)

関連ページ

eスポーツTOP

スポーツの現場レポートまとめ