演劇

EPOCH MAN『Maybe a Crane ~鶴かもしれない~』

EPOCH MAN『Maybe a Crane ~鶴かもしれない~』

公演情報

映像×鶴×原点
もうひとつの鶴かもしれない


ラジカセ3台、10着の着物、そして、映像を使って新たに生み出す〝もうひとつの鶴かもしれない〟
次なる野望が、始まる―――

驚くほどに、全く別の演出になります。
駅前劇場では舞台美術と共に大いに遊び、この横浜版では映像が加わります。
タイミング命であるラジカセ3台との共演どころか、更にシビアな共演者です。
映像とのコラボは、初めての試みです。

そしてこの作品が生まれた明大前キッドアイラックアートホール・ギャラリーのように、肌でも体感できそうな距離で楽しめる濃密な会場を選びました。嘘のつけない、まさに、原点です。

海外で上演をしたり、日本中他の場所でも上演をしてみたい気持ちが強くなりました。
今回参加するTPAMという演劇のお祭りは、横浜を中心にこの期間、演劇やダンスなどの公演をたくさん見ることができます。
この機会に横浜での素敵な1日を過ごしていただけたら幸いです。

タイトルは『Maybe a Crane ~鶴かもしれない~』

新たな挑戦になるこの瞬間をぜひ一緒に体験してください。

小沢道成

作・演出・美術

小沢道成

出演

小沢道成

日程

2020/2/10(月)~16(日)

  • 上演時間は60分を予定
  • 受付開始・開場は開演の30分前

BAR

  • 開演30分前よりOPEN/終演後1時間まで営業
  • 「Maybe a Crane ~鶴かもしれない~」オリジナルドリンクを販売
  • 観劇中のドリンクOK

会場

横浜・yoshidamachi Lily

  • 〒231-0041 神奈川県横浜市中区吉田町4-9

料金

¥3,000

  • 全席自由・税込

購入方法

一般発売

1/9 (木) 22:00~

Lコード

34165

インターネット予約

本ページよりお進みください

EPOCH MAN『Maybe a Crane ~鶴かもしれない~』
EPOCH MAN『Maybe a Crane ~鶴かもしれない~』