演劇
ローチケ演劇部presents はじめてのミュージカル HOW TO 初観劇 ~劇場マナーから観劇の楽しみ方まで~

 

1.観劇前の準備編

Q.ドレスコードはあるの?服装・持ち物は?

A.基本的にドレスコードは無いため、カジュアルスタイルで全く問題ありません。

中にはドレスアップして観劇される方もいますが、一方でジーンズ・スニーカーなど、ラフな格好で来る方も大勢います。いつもよりちょっとおしゃれをして特別気分を味わうもよし、気楽な格好でリラックスして観劇するもよし。服装はその日の気分・自分の楽しみたいスタイルに合わせましょう。
劇場内は冷えることもあるので、温度調節できる服装がオススメ!(劇場によってはブランケットの貸し出しを行っているところもあります)

ただし、以下のことには注意しましょう。

・お団子ヘアー・高い位置のポニーテール・頭に大きめのリボンを着ける等、後ろのお客さんの視界を妨げるような髪型は控えましょう。
・一部許可される公演もありますが、コスプレなど周りのお客さんや役者の注意を逸らすような服装は基本NGです。

<あると便利♪持ち物リスト>

A4が入るサイズのバック(公演チラシを貰うことが往々にしてあります。ぜひ、持ち帰って次回公演をチェックしましょう)
現金(カード払いができない劇場が多いです。グッズを買ったり、オペラグラスをレンタルするとき、現金があると安心です!)
ハンカチ(観劇中の咳やくしゃみの音を極力小さくするため、また感涙によるメイクの全壊を防ぐために持っておきましょう)
目薬(暗い中舞台に集中するため、目の疲れ・乾燥が気になる方にはオススメです)
オペラグラス(席が遠くて舞台が見えるか不安!という方は持っていると便利です。劇場によっては貸し出しを行っているところもあります)

★チケットは必須!前日までには発券しておきましょう。

Q.どれくらい前に着けばいいの?

A.開場時間に合わせて到着するのがベターです。

トイレを済ませる(開演前・幕間(休憩時間)の女子トイレは長蛇の列!)
食事を済ませる(上演中にお腹が空くとツラいです)
グッズを買う(終演後にはお目当てのグッズが売り切れ!なんてことも。公式HPなどで事前にグッズ情報をチェックしておくとスムーズです)
席に着き、劇場の雰囲気を楽しむ(言葉を交わさずとも、他のお客さんのワクワク感、また劇場独特の緊張感を感じることができます。開演前から気持ちを高め、作品をどっぷり楽しみましょう!)

中には開演前から演出が施されている作品もあるため、開演15分前には着席することを強くオススメします。
開演時間に遅れると、演出の都合により途中まで入場できないというケースもよくあります。冒頭部分を見逃す…なんてことにもなりかねないので、遅刻は極力避けましょう。

2.観劇の心得編

Q.観劇中、どんなことに注意すべき?

A.以下の4つのことを心得ておけば安心です。

①音・光は出さない
②姿勢よく座る
③撮影・録音はNG
④自ら作品に参加する気持ちで!

①音・光は出さない
スマホの電源切る
⇒上演中に着信音・アラームが鳴ったり、画面の明かりが着いたりすると周りのお客さんの集中や舞台の進行を妨げてしまします。席に着いたらスマホから入ってくるあらゆる情報をシャットアウトし、目の前の舞台に集中すべし!

上演中の飲食はNG
⇒劇場によっては開演前・幕間(休憩時間)の時間は座席で飲食できるところもありますが、上演中は基本飲食NG。飴玉一つと思っても、バックから取り出す動作・ビニール袋の音など、意外と響きます。飲食は開演前・幕間(休憩時間)にロビーで済ませましょう。

音の出るもの(ビニール袋、ウィンドブレーカー)に注意
⇒意外と盲点です。音の出る素材(ナイロン等)のショッピングバックなどは、膝の上ではなく座席の下(足のあたらないところ)に置く、またはロッカーやクロークに預けるようにしましょう。

私語NG
⇒感想を今すぐに近くの友人と共有したい!という気持ちはわかります。たまに心の声が漏れているパターンの人もいますが、上演中はぐっとこらえて!

②姿勢よく座る
⇒前かがみになると、後方のお客さんの視界を妨げてしまいます。背中は背もたれにきっちりつけましょう。また、体を上下左右に揺らすなど周りのお客さんの注意を逸らす行為にも気をつけましょう。

③撮影・録音はNG
ロビーまではOKですが、劇場内は原則撮影・録音一切NG。(※作品・劇場によっては開演前やカーテンコールでの撮影を許可していることもあります)開演前に係員からのアナウンスをよく聞き、ルールを守って観劇を楽しみましょう。

④自ら作品に参加する気持ちで!
「上演中は静かに」が原則です。
ですが、面白いシーンでは笑う・悲しいシーンでは鼻をすすって涙するお客さんは大勢います。また、ミュージカルでは、曲に合わせて手拍子が起こることもあります。その時は恥ずかしがらず、一緒に手拍子をして作品を楽しみましょう!
お客さんの反応が作品の完成度を高める、これこそ生モノである舞台の醍醐味!心で感じたままに反応し、ぜひ作品に“参加”してみて下さい!※何事もやりすぎには注意です。

幕間(休憩時間)は何をすればいい?

A.余裕があればステージの近くまで行き、舞台セットを観察してみて下さい!

幕間中はトイレ・軽食休憩を取ったり、グッズを買ったり…過ごし方は自由です。
もし余裕があれば、せっかくなのでステージの近くまで行ってみましょう!
舞台セットの細部から、美術スタッフのこだわりを感じることができます。それを知っていると、2幕の感動も倍増するかも?!

3.観劇後の過ごし方編

Q.終演後のオススメの過ごし方は?

A.ツイッターやインスタグラムで感想を投稿し、観劇記録として残しておきましょう!

観劇記録を残しておくと、後で読み返したときに観劇時の感動がよみがえってきます。
SNSなら運良く出演者が読んでくれる!?なんてことも。
ただし、これから観劇を楽しみにしている人のためにもネタバレには注意しましょう。

Q.次回公演を探すには?

A.ローチケサイトでオススメの公演をチェックしよう!

ローチケではミュージカルだけでなく、通常の演劇作品から歌舞伎をはじめとした伝統芸能作品、さらに今話題の2.5次元舞台・ミュージカル作品など幅広いジャンルのチケットを販売しております!
再びミュージカルを観に行くも良し!新たなジャンルの演劇に挑戦するも良し!
素敵な観劇ライフを送ってみてはいかがでしょうか?

演劇関連チケット情報はこちら

関連リンク

はじめてのミュージカルTOP
ミュージカル特集TOP
演劇TOP