イベント

ブルーナ絵本展(宮城)

2024.8.3(土) - 2024.8.25(日)
宮城県
ブルーナ絵本展(宮城) © Mercis bv

概要

世界中で人気の絵本の主人公「ミッフィー(うさこちゃん)」の生みの親として知られるディック・ブルーナさんが初めての絵本『de appel(りんごぼうや)』(初版)を出版したのは1953年のことでした。その後、1955年に『nijntje(ちいさなうさこちゃん)』(初版)を出版し、生涯で120冊を超える絵本を世に送り出してきました。

2023年にブルーナさんの絵本が生まれて70周年を迎えたことを記念した絵本展を開催します。本展では、冒険心いっぱいのくまの男の子「ボリス(ぼりす)」シリーズをはじめ、ブルーナさんの子どもたちの先生から着想を得たぶたの「ポピー(うたこさん)」、勇敢ないぬの「スナッフィー(くんくん)」、そして『しらゆきひめ』などのおとぎばなしシリーズまで、ミッフィー以外の作品にも着目し、ブルーナさんの絵本創作に共通するデザインワークやユーモアをひもときます。


【Dick Bruna ―ディック・ブルーナ― プロフィール】
Dick Bruna (1927-2017)
オランダ・ユトレヒト生まれ。家業の出版社でデザイナーとして働き始め、2000冊を超す「ブラック・ベア」シリーズのペーパーバックの装丁やポスターのデザインを手がける。
1953年に初めての絵本『de appel(りんごぼうや)』を発表し、以来124冊の絵本を生み出した。
「ミッフィー(うさこちゃん)」シリーズは世界的なベストセラーに。

日程 8/3(土)~8/25(日)
開場時間 10:00~17:00
※入場は終了の30分前まで
会場 東北福祉大学ギャラリーミニモリ

料金(税込)

前売券 当日券
一般 ¥1,100 ¥1,300
高校生 ¥700 ¥900
小中学生 ¥500 ¥700
  • ※未就学児入場無料
  • ※身体障害者、特定疾患医療受給者証をお持ちの方で介助者が同伴される場合、介助者1名は無料となります。なお、身体障害者スマホ手帳(ミライロID)のご提示についても同様となります。ご本人はチケットをご購入ください。

お気に入り登録

「お気に入り登録」して最新情報を手に入れよう!
ブルーナ絵本展(宮城) © Mercis bv
ブルーナ絵本展(宮城)