イベント

あべのハルカス美術館開館10周年記念 「円空 ―旅して、彫って、祈って―」

2024.2.2(金) - 2024.4.7(日)
大阪府
円空 ―旅して、彫って、祈って― 両面宿儺坐像 岐阜県・千光寺
画像提供:東京国立博物館 Image:TNM Image Archives

概要

2024年2月2日(金)~4月7日(日)の期間、大阪・あべのハルカス美術館にて「円空 ―旅して、彫って、祈って―」を開催いたします。本展はあべのハルカス美術館の開館10周年を記念する展覧会です。

生涯に12万体の仏像を彫ると誓ったといわれる江戸時代の僧・円空(えんくう、1632-1695)。円空は修験道(日本古来の山岳信仰が、役行者(えんのぎょうじゃ)を始祖として仰ぎ、外来の密教などと習合して、平安時代末に成立した一つの宗教体系)を修めた僧です。山岳修行によって超自然的な力を獲得し、その力を用いて人々を救う活動をする宗教者です。円空はその実践として、各地の霊場を旅し、神仏を彫り、祈りを捧げました。円空が彫った神仏は、あるものは優しい微笑みをたたえ、あるものは迫力のある怒りの相を表し、多くの現代人の心をも惹きつけてやみません。

 

生誕、入寂の地である岐阜県や愛知県、三重県など東海地方を中心に北海道から近畿地方まで円空の足跡は遺されています。本展では、「円空仏」とよばれ親しまれている彫刻はもちろん、絵画や文書など円空の人柄に触れることのできる貴重な史料により、円空の生涯と活動を追っていきます。

円空の生涯や、人々の切実な祈りや願いに寄り添って作られた「円空仏」は、コロナ禍を経験した我々にとって、時空を超えて力になり、励ましとなるものでしょう。また、2024年は紀伊山地の霊場と参詣道が世界遺産に登録されて20年という節目の年でもあり、修験の行者が育んだ文化に注目が集まっています。

こうした機をとらえて、素朴ながら力強く温かい「円空仏」の魅力を改めて多くの人々に感じていただくことを目指し、本展を開催いたします。


日程 2024/2/2(金)~4/7(日)
開館時間 【火~金】
10:00~20:00

【月土日祝】
10:00~18:00

※入館は閉館30分前まで
会場 あべのハルカス美術館
休館日 2/5(月)、3/4(月)

企画券

■19階「BAR PLUS」(バープラス)コラボカクテル+観覧券

円空の庵(いおり)

円空ゆかりの地、岐阜県の日本酒”醴泉 特吟山田錦”をベースとしたカクテル。ソーサーに敷いた笹の葉は、円空が旅して歩いた山々の緑、添えたシナモンスティックで木彫りの仏像の木をイメージしています。

しっかりとした日本酒を感じながらも、豆乳やナッツのふくよかな味わいと、シナモンの優しい香りで、円空仏の微笑みのように笑みがこぼれるようなテイストに仕上げました。シナモンスティックをマドラーとして使用することで、より深まっていく香りと味わいの変化もお楽しみいただけます。


イメージ写真


前売券 当日券
お一人様(税・サ込) ¥3,400 ¥3,600

カクテル名 円空の庵(いおり)
単品 ¥2,000 (税・サ込)
提供店舗 19階 「BAR PLUS」(バープラス)
提供期間 2024/2/2(金)~4/7(日)

■19階ライブキッチン「COOKA」ランチブッフェ【全日利用可】+観覧券

前売券 当日券
お一人様(税・サ込) ¥6,400 ¥6,600

提供店舗 19階 ライブキッチン「COOKA」(クーカ)
提供期間 2024/2/2(金)~4/7(日)

※通常は土日祝と平日のランチの料金が異なりますが、今回のチケットは同じ料金で全日利用可能です。
※土日祝は90分制です。


<販売期間>

前売 11/23(木・祝)~2024/2/1(木)
当日 2024/2/2(金)~4/7(日)

※期間中に予定枚数に達した場合、販売を終了する可能性があります。
※レストランは満席の場合があります。お早めのご予約をおすすめします。

お気に入り登録

「お気に入り登録」して最新情報を手に入れよう!
円空 ―旅して、彫って、祈って― 両面宿儺坐像 岐阜県・千光寺
画像提供:東京国立博物館 Image:TNM Image Archives
あべのハルカス美術館開館10周年記念 「円空 ―旅して、彫って、祈って―」