イベント

隙あらば猫 町田尚子絵本原画展(京都)

隙あらば猫 町田尚子絵本原画展(京都) ©Naoko Machida

概要

画家・絵本作家の町田尚子は、絵本の物語を繊細なタッチと大胆な構図で描くことで、その文章が生きる空間を表現し、高い評価を受けています。そうした町田の絵本には、所々に猫の姿が描かれています。

町田尚子の座右の銘は、「隙あらば猫」。童話や遠野物語、怪談絵本など、様々な物語の中で猫を主人公として、時に脇役として登場させています。描かれた猫たちは、毛並みから仕草まで緻密に表現され、猫と共に暮らす町田の観察眼の鋭さ、そして猫を慈しむ眼差しが感じられます。

本展覧会では、デビュー作から『ネコヅメのよる』『なまえのないねこ』『ねこはるすばん』などの代表作、そして最新作『どすこいみいちゃんパンやさん』まで17冊の絵本原画や絵画、ラフスケッチなどの貴重な制作資料他、本展のために新たに制作された作品を含む約270点を紹介します。絵本原画そのものが持つ繊細な筆致や迫力のある描写をお楽しみいただけます。

町田尚子(まちだ なおこ)画家・絵本作家
1968年 東京都生まれ。武蔵野美術大学短期大学部卒業。2007年に『小さな犬』で絵本作家としてデビュー。『いるのいないの』『おばけにょうぼう』『さくらいろのりゅう』などの絵本を手がけている。近年では『ネコヅメのよる』『なまえのないねこ』『ねことねこ』『ねこはるすばん』『どすこいみいちゃんパンやさん』など、猫が主人公の絵本を制作し、人気を博している。

日程 2024/4/24(水)~2024/5/6(月・振休)
入場時間 10:00~18:30(19:00閉場)
※最終日は16:30まで(17:00閉場)
会場 大丸ミュージアム〈京都〉大丸京都店6階

お気に入り登録

「お気に入り登録」して最新情報を手に入れよう!
隙あらば猫 町田尚子絵本原画展(京都) ©Naoko Machida
隙あらば猫 町田尚子絵本原画展(京都)