イベント

永遠の都ローマ展

永遠の都ローマ展

概要

永遠の、はじまり。

永遠の都ローマ―二千年を超える栄えある歴史と比類なき文化は、古代には最高神をまつる神殿がおかれ、現在はローマ市庁舎のあるカピトリーノの丘を中心に築かれました。その丘に建つカピトリーノ美術館は、世界的にもっとも古い美術館の一つに数えられます。
同館のはじまりは、ルネサンス時代の教皇シクストゥス4世がローマ市民に4点の古代彫刻を寄贈したことにさかのぼります。古代遺物やヴァチカンに由来する彫刻、またローマの名家からもたらされた絵画など、その多岐にわたる充実したコレクションは、古代ローマ 帝国の栄光を礎に、ヨーロッパにおける政治、宗教、文化の中心地として発展したローマの歩みそのものにも重ねられます。
本展は、カピトリーノ美術館の所蔵品を中心に、建国から古代の栄光、教皇たちの時代から近代まで、約70点の彫刻、絵画、版画等を通じて、「永遠の都」と称されるローマの歴史と芸術を紹介します。
なお、2023年は、日本の明治政府が派遣した「岩倉使節団」がカピトリーノ美術館を訪ねて150年の節目にあたります。使節団の訪欧は、のちの日本の博物館施策に大きな影響を与えることになりました。この節目の年に、ローマの姉妹都市である東京、さらに福岡を会場として、同館のコレクションをまとめて日本で紹介する初めての機会となります。

【みどころ】
・永遠の都、二千年の美をめぐる
・必見!カピトリーノ美術館のコレクション
・頭部だけで約1.8メートル!迫力の巨大彫刻
・門外不出の傑作≪カピトリーノのヴィーナス≫、奇跡の初来日


会期 2023/9/16(土)~2023/12/10(日)
開室時間 9:30~17:30
金曜日は20:00まで(入室は閉室の30分前まで)
会場 東京都美術館 企画展示室(東京・上野公演)
休室日 月曜日(ただし2023/9/18、2023/10/9は開室)、2023/9/19(火)、2023/10/10(火)

注意事項

  • ※最新情報を展覧会公式サイトでご確認ください。
  • ※土日・祝日は展示室内の混雑を避けるため、日時指定予約制となっています。
    日時指定されたチケットをお持ちの方は、指定時間内でのご入場となります。各時間枠の開始直後は入場口が混雑しますので、ご入場までお待ちいただく場合があります。時間枠内はいつでも入場いただけますので、分散入場へのご協力をお願いします(入替制ではありません)。
  • ※土日・祝日の当日券は数量限定につき、ご来場時に予定枚数が終了している場合があります。
  • ※会場内の混雑等により、ご入場をお待ちいただく場合がございます。
  • ※土日・祝日および会期末はご購入・ご予約いただけない可能性が高くなりますので、早めのご購入・ご予約をお勧めいたします。
  • ※プレイガイドは、オンラインチケットの販売はございません。
    コンビニ店頭での紙チケット発券が必要です。支払履歴やチケットスクリーンショット提示ではご入場いただけません。紙チケットをご持参の上、ご来場ください。
  • ※高校生以下、無料。
  • ※無料観覧券をお持ちの方、および、小学生・中学生・高校生は公式チケットサイトまたは東京都美術館チケットカウンターにて土日・祝日の日時指定予約が必要。
  • ※未就学児は、土日・祝日の日時指定予約不要。
  • ※身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・被爆者健康手帳をお持ちの方とその付添いの方(1名まで)は、無料。土日・祝日の日時指定予約不要。
  • ※高校生、大学生・専門学校生、65 歳以上の方、各種お手帳をお持ちの方は、証明できるものをご提示ください。
  • ※会期中1枚につき1人1回、観覧日当日に限り有効です。
  • ※本展チケットは転売を禁止しております。不正に購入されたチケットに関するトラブルについては一切責任を負いませんので、ご注意ください 。
  • ※今後の状況により変更及び入場制限を実施する可能性がございます。最新の情報を展覧会公式サイトにてご確認ください。
  • ※学校来館の方はこちらからご予約ください。

公式サイト

動画

お気に入り登録

「お気に入り登録」して最新情報を手に入れよう!
永遠の都ローマ展
永遠の都ローマ展