イベント

Immersive Museum TOKYO vol.3 印象派と浮世絵 ゴッホと北斎、モネと広重

2024.7.10(水) - 2024.7.31(水)
東京都
Immersive Museum

チケット一覧

【7/10~7/20】Immersive Museum TOKYO vol.3 印象派と浮世絵 ゴッホと北斎、モネと広重

【7/21~7/31】Immersive Museum TOKYO vol.3 印象派と浮世絵 ゴッホと北斎、モネと広重

概要

イマーシブミュージアム「印象派」「ポスト印象派」に続く第三弾は、「印象派と浮世絵」。

西洋絵画に変革をもたらした印象派の新しいスタイル。その誕生に日本の浮世絵が影響したことは広く知られている。

葛飾北斎、歌川広重、歌川国芳といった多くの才能が登場し、大衆向けに大量生産されていた版画、浮世絵。生き生きと描かれる庶民の生活や自然の風景、大胆なレイアウトやアングル、多色刷りによる鮮やかな色彩。伝統的な宗教画を頂点とする西洋絵画とは全く異なる文脈で描かれた浮世絵は海を渡り、パリにジャポニスムブームを巻き起こした。

モネやドガは自らの絵画に浮世絵のエッセンスを取り入れ、換骨奪胎しながら印象派を牽引した。総合主義を唱えたゴーガンや、キュビスムへ連なるセザンヌ、独自の画風を築いたゴッホらポスト印象派も浮世絵を多く参照した。つまり多少大仰な言い方をするならば、印象派から現代まで続く西洋絵画の発展は、浮世絵なくしては語れないほどの影響を及ぼした。

情報が限られていた時代に海を越えて繋がった二つの絵画。日本の絵師たちとパリの画家の視点に没入する物語は、 今までとは異なる新しい美術体験をもたらすだろう。

Dive in Art

鑑賞する絵画から、体感する絵画へ。
ここは、あなたとアートの関係を変える場所。視界一面に広がる、数々の名画たち。かつて画家たちが目にし、残したかった物語が幾年の時を超え動き出す。あなたは一瞬で、絵画の中の世界へと入り込む。
あの芸術家が見た世界を、あなたも体感してみませんか。


日程 7/10(水)~10/29(火)
開館時間 【平日】10:00~17:00(16:20 最終入場)
【土日祝】9:00~17:00(16:20 最終入場)
会場 〒151-0051
東京都渋谷区千駄ケ谷5-31-11 ベルサール新宿南口

料金(税込)

平日 土日祝
大人 ¥2,500 ¥2,700
大学生・専門学生 ¥2,000 ¥2,200
中学・高校生 ¥1,500 ¥1,700
小学生以下
(※1、※2、※3)
無料 無料
障がい者割引
(※4、※5、※6)
¥2,000 ¥2,200

※8/13(火)~8/15(水)は土日祝日料金となります。


  • ※1. 小学生以下のお子様のみでの入場はお断りしております。
    必ず保護者の方と入場いただきますようお願いいたします。
  • ※2. 保護者お1人様に対して小学生以下のお子様は最大3名様までご同伴頂けます。
    必ずお子様の本人確認書類をお持ちください(健康保険証など)
  • ※3. 会場内が暗い空間の為、安全管理の観点で保護者の方お1人につき小学生以下のお子様は3名までとさせて頂いております。
    例:小学生以下のお子様を5名お連れの場合は、保護者が2名、小学生以下のお子様を7名お連れの場合は、保護者が3名必要となります。
  • ※4.障がい者手帳をお持ちの方1名に対して、障がい者割引チケットを1枚ご購入頂けます。
  • ※5.ご同伴の方お1人は障がい者割引価格でご購入頂けます。(同時購入時のみ。ご本人含めて最大2名分)
  • ※6.当日、受付時に障がい者手帳を確認させて頂きますので、ご持参頂けます様お願い致します。

<チケット購入時の注意事項>

  • ・購入されたチケットのキャンセル・返金はできません。詳細はプレイガイドにてご確認ください。
  • ・営利を目的としてチケットの予約・購入などを行い、転売する行為を禁止します。

<ご来場時の注意事項>

  • ・館内混雑時は、購入頂いたチケットの入場開始時間から入場までお待ち頂く場合がございます。
  • ・購入頂いた時間外にお越し頂いた場合、入場頂くことができない場合がございます。
  • ・入場頂いてからの時間制限は設けておりません。
  • ・入場後の再入場は出来ません。また入場後の返金も致しかねます。
  • ・車いすでご来場のお客様及びベビーカーをご使用のお客様には、入場頂きやすいルートを設けております。
  • ※今後の諸事情により、開館日、開館時間を変更、又は休館する場合がございます。必ず最新情報を公式サイトにてご確認の上ご来場ください。

©Alamy Stock Photo/amanaimages

会場イメージ
“ゴッホの浮世絵コレクション”


©GrandPalaisRmn (musée d'Orsay) / Stéphane Maréchalle/ AMF /amanaimages
©Bridgeman Images/amanaimages

会場イメージ
“浮世絵の影響「構図」”
モネの「睡蓮の池」、北斎の「深川万年橋の下」


©Alamy Stock Photo/amanaimages

会場イメージ
“浮世絵の影響「構図」”
モネの「マンヌボルト」、広重の「不二三十六景」


©Bridgeman Images/amanaimages

会場イメージ
“ゴッホと浮世絵”
ゴッホの「星月夜」、北斎の「富嶽三十六景」

お気に入り登録

「お気に入り登録」して最新情報を手に入れよう!
Immersive Museum
Immersive Museum TOKYO vol.3 印象派と浮世絵 ゴッホと北斎、モネと広重