イベント

特別展「江戸ものづくり列伝-ニッポンの美は職人の技と心に宿る-」

2020.2.8(土) - 2020.4.5(日)
東京都
特別展「江戸ものづくり列伝-ニッポンの美は職人の技と心に宿る-」

展示内容

日本が世界に誇る「ものづくり」をテーマとした特別展が開催
ヴェネツィアからバルディ伯爵コレクション、日本初公開

日本の伝統美術は、日本人の暮らしとともにありました。四季折々の生活シーンに応じて配される建具や調度品は、人びとに潤いと彩りを与えました。開国後の日本を訪れた西洋人が一様に驚いたのは、こうした品々に宿る日本人の豊かな遊び心と繊細な美意識でした。その日本の美を作り上げてきたのが、「ものづくり」に生きる職人たちです。

大都市江戸は、職人たちの顧客である将軍や大名、裕福な商人たちが住まう一大消費地でした。多様な職能を持つ職人が、城下に集住し需要に応えました。仕事柄、幕府や大名、寺社や上層町人の注文を受けることも多かった江戸の職人は、彼らと交わることで技とセンスを磨く機会と場にも恵まれていました。こうした文化的風土から、日本を代表する名工が数多く生まれました。

本展では、特色のある5人の名工たちを取り上げます。江戸を代表する二人の蒔絵師・原羊遊斎と柴田是真、葛飾北斎の弟子で絵師から金工の道に転じた府川一則、尾形乾山の陶芸を継承し軍艦の建造をも手がけた鬼才の陶工三浦乾也、江戸の職人気質を受け継ぎ超細密工芸を究めた小林礫斎- 彼らは江戸東京で生まれ育ち、それぞれの時代の空気を吸いながら、ものづくりの世界に生きた職人でした。

今も東京の街角では、伝統への誇りと未来へのチャレンジ精神に満ちた職人たちの技と心が息づいています。現代社会は、急速に仮想化が進み、「もの」の実感が私たちの手から遠ざかりつつあります。そんな今こそ、長い歴史の中で人の手わざが生み出してきたものづくりの世界を見直す必要があるのではないでしょうか。
本展では、明治前期に日本を訪れたヨーロッパ貴族バルディ伯爵の日本コレクション(ヴェネツィア国立東洋美術館所蔵)の日本での初公開をはじめ、江戸東京博物館のコレクションを中心に、江戸東京で活躍した職人たちの仕事と人生に光を当て、日本が世界に誇る「ものづくり」の力の源泉を見つめたいと思います。

 

  • 【第1章】
    伯爵が愛したニッポン-初来日 バルディコレクション-
  • 【第2章】
    武士の都のものづくり
  • 【第3章】
    江戸の蒔絵師・羊遊斎と是真
  • 【第4章】
    鬼才の陶工・三浦乾也と隅田川のやきもの
  • 【第5章】
    府川一則-北斎の愛弟子が歩んだ金工の道-
  • 【第6章】
    大正昭和に生きた江戸の技-小林礫斎のミニチュア工芸-

開催概要

会場

東京都江戸東京博物館 1階特別展示室
〒130-0015東京都墨田区横網1-4-1

会期

2020/2/8(土)~4/5(日)
※休館日:月曜日(ただし2/24は開館)、2/25(火)

開館時間

9:30~17:30(入館は閉館の30分前まで)
※ただし会期中の土曜日は19:30まで

Lコード

32313

発売情報

【グッズ付前売券】

  • ¥2,300
    (濱甼高虎・手ぬぐい(限定カラー)セット券)


    グッズイメージ

  •  

    【音声ガイド付前売券】

    講談師・神田松之丞

    ¥1,500
    (講談師・神田松之丞 音声ガイドセット券)

    ナビゲーターは、講談師の神田松之丞さんに決定!

    【ナビゲーター(音声ガイド)】
    ナビゲーターは2020年2月中席に真打昇進し、六代目神田伯山を襲名する神田松之丞さんに決定!
    江戸の「ものづくり」について語るスペシャルトラックも!

  •  

    【通常前売券】

    一般¥900 / 専門・大学生¥680 / 小・中・高校生、65歳以上¥350

お気に入り登録

「お気に入り登録」して最新情報を手に入れよう!
特別展「江戸ものづくり列伝-ニッポンの美は職人の技と心に宿る-」
特別展「江戸ものづくり列伝-ニッポンの美は職人の技と心に宿る-」