クラシック

上野の森バレエホリデイ2024特別企画 Pas de Trois 上野水香×町田樹×高岸直樹 《バレエとフィギュアに捧げる舞踊組曲》

2024.4.27(土) - 2024.4.28(日)
東京都
Pas de Trois

公演情報

「Pas de Trois」上演にあたって

本公演は、〈上野の森バレエホリデイ2024〉の特別公演です。様々な縁を得て友人関係にある、そしてそれぞれが希有な踊り手である上野水香・町田樹・高岸直樹が、これまでに類のない舞台に三人で挑戦します。

《バレエとフィギュアに捧げる舞踊組曲》のテーマは、「敬愛と献呈」―。
作曲家、そして演奏家への敬愛とそれに捧げる舞踊。舞踊家どうしの敬愛と、交互に振り付けて献呈する作品の数々。そして何よりも舞踊に捧げてきた長い時間と、それによって熟達した技能と表現、それを客席に届ける夢の時間がここにあります。
今回取り上げるのは、主にロマン派のピアノ曲ですが、その作曲家同士もまた敬愛の間柄にあります―ベートーヴェンの死を悼んだシューベルト、シューマンが「エオリアンハープのようだ」と称したショパンの小品、シューマンの歌曲《ミルテの花》に密かに織り込まれたシューベルトの《アヴェ・マリア》、そしてその歌曲を奥深いピアノ曲に昇華させたリスト―。

第I部「生きる歓び」では、流れ、はじけ、開放される春に相応しい舞踊を。第II部「フレデリク」では、悔悟や哀しみが絶望に終わらず、諦念と矜持にいたる内面のドラマを。そして第III部「献呈」では、受け渡し受け継ぐ心のありかと、舞踊へ捧げる決意と愛が溢れるでしょう。
本公演ではさらに、地上と氷上の舞踊が交錯する初めての舞台を試みます。フィギュアスケートが、圧倒的なスピードに乗りながら、儚い夢のような身体性を呈す姿の中に、舞踊としての新しいアートフォームの可能性を秘めていることを、皆さまが再発見してくださることを願っています。


出演者

上野水香
町田樹
高岸直樹

Pas de Trois : バレエとフィギュアに捧げる舞踊組曲
監修・構成

Atelier t.e.r.m

振付

高岸直樹、町田樹

演出

高岸直樹、上野水香、町田樹

音楽

フレデリク・ショパン、クロード・ドビュッシー、フランツ・シューベルト、ロベルト・シューマン(フランツ・リスト編曲)より

プログラム

I Joie de vivre 生きる歓び
 1《エオリアンハープ》
 音楽:フレデリク・ショパン/振付:高岸直樹
 上野水香・町田樹・高岸直樹

 2《楽興の時》
 音楽:シューベルト=ゴドフスキー編曲/振付:町田樹
 上野水香

 3《プレリュード》
 音楽:クロード・ビュッシー/振付:高岸直樹
 高岸直樹・町田樹

II Fryderyk フレデリク
 4《別れの曲》【フィギュアスケート映像上映】
 音楽:フレデリク・ショパン/振付:町田樹
 町田樹

 5《ノクターン》(Op.posth.72/1)
 音楽:フレデリク・ショパン/振付:高岸直樹
 町田樹

 6《ノクターン》(Op.9-2)
 音楽:フレデリク・ショパン/振付:町田樹
 高岸直樹

III Widmung 献呈
 7《継ぐ者》【フィギュアスケート映像上映】
 音楽:フランツ・シューベルト/振付:町田樹
 町田樹

 8《献呈》
 音楽:シューマン=リスト編曲/振付:町田樹
 上野水香


公演スケジュール

公演日 2024/4/27(土)・28(日)※追加公演
会場 東京・東京文化会館 小ホール

お気に入り登録

「お気に入り登録」して最新情報を手に入れよう!
Pas de Trois
上野の森バレエホリデイ2024特別企画 Pas de Trois 上野水香×町田樹×高岸直樹 《バレエとフィギュアに捧げる舞踊組曲》