クラシック

【インタビュー】ディズニー・オン・クラシック│プロデューサー・日下部勝徳

【インタビュー】ディズニー・オン・クラシック│プロデューサー・日下部勝徳

Presentation licensed by Disney Concerts. © Disney

【インタビュー】ディズニー・オン・クラシック│プロデューサー・日下部勝徳

ディズニー・オン・クラシックは、ディズニーのアニメーション、映画、テーマパークから生まれた音楽をフィーチャーしたコンサート。2002年に世界初日本発のディズニーコンサートとして誕生以来、名曲の数々をフルオーケストラとブロードウェイで活躍するヴォーカリストの生演奏&生歌で披露しファンを魅了し続けている。今年20周年を迎えたディズニー・オン・クラシックは9月上旬から全国を回る秋冬ツアー「ディズニー・オン・クラシック ~まほうの夜の音楽会 2022」の真っ最中だ。これまでの延べ公演回数は900回を超え、およそ182万人の観客動員数を誇るビッグイベントに成長したディズニー・オン・クラシックを20年前に立ち上げたのがエグゼクティブ・プロデューサーの日下部勝徳だ。「素晴らしいディズニー音楽で日本を元気にしたい!」との思いで企画実現に奔走したのが二十数年前。あるミーティングの席で口をついて出た、自身の一言がきっかけだった。オリジナルの楽譜にこだわってアメリカのディズニー本社を訪れたこと。初回チケットが数分で完売したこと。涙を流して喜ぶ観客……。まるで昨日の出来事のようにディズニー・オン・クラシックの歴史を記憶する生みの親である日下部に、ディズニー・オン・クラシックの過去現在、そして未来についてじっくり話を聞いた。


――ディズニー・オン・クラシック20周年おめでとうございます。ディズニーのコンサートを企画したいきさつをまず教えてください

話は30年ほど前に遡りますが、まだ私が20代前半でオーケストラに所属するプロのトロンボーン奏者だったころ日本で『美女と野獣』が封切られ際に映画館へ見に行きました。素晴らしい音楽とオーケストレーション(オーケストラ演奏用の編曲や管弦楽器の編成法などのこと)にまずは衝撃を受けました!さらに美しい映像との相乗効果もあって見終わったときには心が震えるほどの感動を覚えました。「この音楽を演奏してみたい!」という当時の強い願望をずっと持ち続けていたことが、 ディズニー・オン・クラシックをプロデュースするそもそものきっかけだったように思います。


――若いプロのミュージシャン時代に出会ったディズニー作品が根底にはあるのですね。具体的にはどんなふうにして企画が生まれたのですか?

コンサートの企画・制作会社を立ち上げた30代前半のことです。ディズニーの音楽部門の責任者と出会い、ジャズ音楽のCDアルバムの制作にかかわりました。次はディズニーのクラシックCDを出そうかとの話も出ている流れのなかその責任者との会議で、「フルオーケストラでディズニーの音楽を演奏するコンサートがやってみたいんです」という夢を雑談程度にしました。すると「おもしろいね!すぐ具体的なプランを作ってきて」と予想外の好反応をもらったんです。そのころは「ディズニー・オン・アイス」や「ディズニー・ライブ」といったアメリカで企画・制作されたディズニーのライブエンタテインメントが世界を回るのが常で、それらは子ども向けのショーでした。『ファンタジア』のクラシックコンサートが20世紀に何度か開催された以外は、ディズニー音楽の純粋なクラシックコンサートのツアーが世界中のどこにもまだ存在しなかったときに、大人をメインターゲットに据えた企画がここ日本で誕生したのは画期的なことでした。


――準備期間はどれくらいかかりましたか?また開催にあたってこだわった点は?

3年ほどの歳月がかかりました。バブルが弾けしばらくたった2000年前後の日本は痛ましい事件も多く世の中がすさんでいました。電車でお年寄りに席をゆずるといった優しさも薄れつつありました。ディズニー作品の根底にある愛や優しさを通じて少しでもピュアな心を取り戻せるようなコンサートにできたらとの思いがありました。
音楽面でのイチバンのこだわりポイントは、アニメーションや映画のレコーディングで使用されたオリジナルの楽譜による演奏会の実現でした。1937年の『白雪姫』や1940年の『ピノキオ』、1950年の『シンデレラ』などのクラシックも含め全作で映画公開当時の魅力が鮮やかによみがえる、そんなコンサートを目指したのです。オリジナルの楽譜を集めるためにロサンゼルスのウォルト・ディズニー・スタジオへ行きました。ミュージック・グループの代表やディズニースタジオの音楽責任者を訪ねて主旨を説明すると全員が快く協力してくれました。そんな過程を経てのリハーサル初日に出てきた音には涙がこみ上げたのを今もはっきり覚えています。そして2002年秋、1年目のディズニー・オン・クラシックは東京、名古屋、大阪の3都市での3公演で始まったのです。


――初公演の反響は?

3公演、約5,800席のチケットが10分足らずで完売しスタッフ一同びっくりしたものです。またコンサート当日は鳴りやまない拍手に、涙を流しているお客様もたくさんいらっしゃいました。コンサート終了後もなかなかお帰りにならない方も多かったです。みなさんに喜んでいただけたんだとうれしい気持ちでいっぱいでした。


――回を重ねるたびに公演数が増え規模も大きくなっているディズニー・オン・クラシック。大人気の理由はどこにあるのでしょう?

ディズニー音楽をライブパフォーマンスでとことん楽しめることに尽きるのではないでしょうか。録音された音楽にもよさはもちろんありますが、その瞬間でしか楽しめない生演奏には、まさに命が宿っています。また音楽の3大要素であるリズム、ハーモニー、メロディーのどれもがディズニー音楽は見事です。さらにアラン・メンケンら作曲家の力量だけでなく、バイオリンや打楽器にどう演奏してもらうかを決めるオーケストレーションの質の高さも特別です。たとえば今年のプログラムで取り上げている『メリー・ポピンズ』は、シャーマン兄弟が手がけたインパクトがあって耳に残るメロディーが最高なのですが実際に楽器でどう演奏していくのかも大事な要素となるのです。この2つにプラスしてディズニーにはアニメーションがあります。ディズニー・オン・クラシックでは全編映像を流すのではなく紙芝居のようにあえて静止画を多めに使用しています。静止画のほうがより想像が広がるからです。そしてごくたまに映像に切り替わることで感情がゆさぶられて“魔法”が生じるのです。極上の音楽を極上の生演奏で聴くことで泣けてきたり、笑えたりします。プロデュースしている身でありながら私もたまに泣けてくることがあります(笑)。そしてコンサート終演後にはちょっぴり元気になっていて、「明日からまたがんばろう!」そんな気持ちになれるのがディズニー・オン・クラシックの魅力かもしれません。



――今年のツアーの見どころは?

『塔の上のラプンツェル』と『ノートルダムの鐘』の2作をメインプログラムとして全編を演奏します。毎年用意しているテーマですが今年は「Infinite Love ~輝きの未来へ」としました。英語の部分は「無限の愛」といった意味です。人間同士だけでなく自然や地球にも愛情を注いでいけたら。そうすることで未来を掴んでいこう。ラプエンツェル、カジモドという2作の主人公には、未来を自分で切り開こうとする人の背中をそっと押してくれるような力があるようなストーリーがある気がするのです。また3年ぶりに指揮者のリチャード・カーシーとブロードウェイのヴォーカリストがディズニー・オン・クラシックに戻ってきます。リチャードは思いやりがあってやさしいナイスガイ。オケの誰かがミスしても眉間に皺を寄せるのではなく、ニヤッと笑うおおらかさと茶目っ気がある。だから全員伸び伸びと演奏ができるのです。8人のヴォーカリストも気合十分で練習もしっかりできいい仕上がりを見せています。オーケストラ・ジャパンも鬼気迫る勢いで練習に励んでいました。『ノートルダムの鐘』はリハの時点ですでに大迫力の演奏でした。


――ディズニー・オン・クラシックの将来の展望は?

ディズニーの創始者であるウォルトが大事にしていた、愛、友情、希望、夢、冒険、自信、優しさという理念を、ディズニー・オン・クラシックはこれからも変わらず継承していきたいです。そして少しでも優しい世の中になることを願い続けて前進していくつもりです。また普遍的で変わらない面は大事にしつつも、その時代のニーズに合わせて変貌も遂げていけたらと思っています。たとえば2019年から販売したファンシーカラーダイヤモンドライトは、最後の1曲だけペンライトの使用を認めていた時代に「もっとペンライトを振りたい!」という若い女性のお客様の要望から生まれたものです。5色(現在は6色)のペンライトなので「まぶしい」と批判の声も当初ありましたが、ペンライトを降るお客様の数は年々増えています。また公演数が年間70、80と増えるなかでオーケストラを作ったことももう1つの例と言えるでしょう。20年経てば最初は若い母と娘2人で来てくださったお客さまが、親子三世代でいらっしゃるようになってきています。幅広い層のお客様に何度もリピートしてお越しいただけるような工夫もしていきたいですね。



PROFILE●日下部勝徳(Katsunori Kusakabe)
コンサート企画制作会社であるハーモニー・ジャパン代表取締役。ディズニー・オン・クラシックの生みの親の1人。かつてはプロとしてオーケストラでトロンボーン奏者として活躍した経歴を持つ。ディズニー音楽のお気に入りは、「美女と野獣」と「ノートルダムの鐘」。


取材・文/山本航

Presentation licensed by Disney Concerts. © Disney

【インタビュー】ディズニー・オン・クラシック│プロデューサー・日下部勝徳

Presentation licensed by Disney Concerts. © Disney

【インタビュー】ディズニー・オン・クラシック│プロデューサー・日下部勝徳