クラシック

東京シティ・バレエ団 『白鳥の湖』 ~大いなる愛の讃歌~

2022.8.13(土) - 2022.8.14(日)
東京都
東京シティ・バレエ団 『白鳥の湖』 ~大いなる愛の讃歌~

公演情報

1946年に『白鳥の湖』全幕を日本初演した際、舞台美術を手がけたのはエコール・ド・パリの代表画家である藤田嗣治(レオナール・フジタ)でした。当時の幕類はもちろん資料も散逸し、長く忘れられていましたが、2018年の東京シティ・バレエ団創立50周年記念公演で、草案に基づく全幕版として蘇りました。新生"白鳥"は美術界からも喝采を浴び、バレエ界に新たな総合芸術が誕生しました。多くのアンコールにお応えし再演となる今回は、パリ・オペラ座バレエ団で活躍するオニール八菜氏とジェルマン・ルーヴェ氏を迎えます。そして当団での活躍を経て、スウェーデン国立バレエ団のプリンシパルとして活躍中の佐々晴香が凱旋。キム・セジョンとのペアが8年ぶりに復活します。 石田種生演出の真髄である第4幕は、チャイコフスキーの壮大な音楽に乗り白鳥たちが己の運命へ立ち向かい、ラストまで見逃せないドラマが展開されます。 東京シティ・バレエ団が総力をあげてお送りする愛の讃歌を、どうぞご堪能ください。

芸術監督

安達悦子

演出・振付

石田種生(プティパ、イワノフ版による)

演出(再演)

金井利久

演出助手

中島伸欣

バレエマスター(ゲスト)

ヴィズラフ・デュディック

バレエマスター

キム・ボヨン

バレエミストレス

長谷川祐子、加藤浩子

バレエミストレス(民族舞踊)

小林春恵


音楽

P.I.チャイコフスキー

指揮

井田勝大

演奏

東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団

出演

オデット/オディール:
オニール八菜(パリ・オペラ座バレエ団プルミエール・ダンスーズ)【A】
佐々晴香(スウェーデン王立バレエ団プリンシパル)【B】

ジークフリード王子:
ジェルマン・ルーヴェ(パリ・オペラ座バレエ団エトワール)【A】
キム・セジョン(東京シティ・バレエ団プリンシパル)【B】


ほか東京シティ・バレエ団
※出演者は変更となる場合がございます。それに伴うチケットの払い戻しは致しません

公演日・開演時間・キャスト

8/13(土)13:30 【A】cast
8/13(土)18:00 【B】cast
8/14(日)15:00 【A】cast

会場

東京・新国立劇場 オペラパレス

チケット

席種 料金(税込)
SS席 ¥15,000
S席 ¥12,000
A席 ¥10,000
B席 ¥6,000
C席 ¥4,000
  • 未就学児入場不可
  • 車椅子席をご希望のお客様は、S席チケットをご購入ください。当日のスムーズなご案内のため、ご購入後、サンライズプロモーション東京0570-00-3337(平日12:00~15:00)までお問い合わせください。

購入方法

販売期間 5/28(土)10:00~
インターネット予約 チケット一覧よりお進みください

お気に入り登録

「お気に入り登録」して最新情報を手に入れよう!
東京シティ・バレエ団 『白鳥の湖』 ~大いなる愛の讃歌~
東京シティ・バレエ団 『白鳥の湖』 ~大いなる愛の讃歌~