クラシック

琉球交響楽団《はじめての東京公演》 大友直人指揮 琉球交響楽団 ピアノ:辻井伸行

2020.4.6(月) - 2020.4.6(月)
東京都
琉球交響楽団《はじめての東京公演》 大友直人指揮 琉球交響楽団 ピアノ:辻井伸行

公演情報

沖縄唯一のプロフェッショナル・オーケストラ「琉球交響楽団」 創立20周年を記念して《はじめての東京公演》がついに実現!

出演

指揮:大友直人

ピアノ:辻井伸行

管弦楽:琉球交響楽団

プログラム

ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番[ピアノ:辻井伸行]
辻井伸行:沖縄の風(琉球交響楽団創立20周年記念委嘱作品)[ピアノ:辻井伸行]
萩森英明:沖縄交響歳時記 ※沖縄の四季折々の豊かな風物や風習を織り込み、最終楽章に
カチャーシーを取り入れ“島人魂”を詰め込んだ全6楽章からなる大作《 沖縄交響歳時記 》

公演日

2020/4/7(火曜) 開場18:15 / 開演19:00

会場

サントリーホール 大ホール

料金

S席¥9,800
A席¥7,800
B席¥5,800
C席¥4,800

  • 全席指定・税込
  • 未就学児入場不可
  • チケットはお1人様2枚までとさせていただきます
  • 止むを得ない事情により曲目・曲順等が変更になる場合がございます

チケット一覧

琉球交響楽団《はじめての東京公演》 大友直人指揮 琉球交響楽団 ピアノ:辻井伸行

紹介&コメント

CD制作のためのクラウド・ファンディングでは、またたく間に目標金額上回る支持を受け、多くのメディアでも話題沸騰中の沖縄唯一のプロフェッショナル・オーケストラ《琉球交響楽団》ついに東京で聴ける日がやってくる!

「沖縄の地に本格的なプロのオーケストラを作り育てたい」という夢をもったメンバーで発足。2001年の 設立コンサートで交響楽団としての船出をはたしました。定期演奏会をはじめ、音楽鑑賞会のほか 「0歳児からのコンサート」など、楽しんでいただける公演も多数開催し、「琉響」の愛称で親しまれています。 2020年4月、創立20周年を記念して、ついに音楽の殿堂サントリーホールでの東京公演が実現します。
歌の島、沖縄ならではのオーケストラの熱い演奏会にぜひご来場ください!
皆様の笑顔にお会いできることを楽団員一同楽しみにしております。

琉球交響楽団



琉球交響楽団と音楽監督大友直人氏の「音楽への情熱」に感動した人気ピアニスト辻井伸行の共演が決定!

沖縄唯一のプロ・オーケストラ「琉球交響楽団」の創立20周年を記念して開催される、東京でのはじめての演奏会にお誘いされ、僕の大好きなラフマニノフのピアノ協奏曲第2番で、琉球交響楽団との初めての共演が実現します。

みなさんと一緒に琉球交響楽団の記念すべき演奏会を大成功させたいと思っています。
4月6日、サントリーホールで、お会いしましょう!

ピアニスト 辻井伸行

プロフィール

大友直人(指揮)

桐朋学園大学を卒業。22歳で楽団推薦によりNHK交響楽団を指揮してデビュー。現在、群馬交響楽団音楽監督、東京交響楽団名誉客演指揮者、京都市交響楽団桂冠指揮者、琉球交響楽団音楽監督。また、2004年から8年間にわたり、東京文化会館の初代音楽監督を務めた。
在京オーケストラの定期演奏会にとどまらず、これまでにコロラド交響楽団、インディアナポリス交響楽団、ロイヤルストックホルム・フィルハーモニー管弦楽団などに招かれ、2012年にはハワイ交響楽団のオープニングコンサートを指揮、同年6月にはロネーヌ国立管弦楽団の定期公演に客演。絶賛を博し、欧米での活躍にも大きな期待が寄せられている。
オペラにも力を入れており、1988年、日生劇場における《魔弾の射手》でのオペラデビュー以来、オペラの指揮も高く評価されている。特に2006年8月イタリアで開かれたプッチーニ音楽祭では三枝成彰作曲オペラ《Jr.バタフライ》や、2013年1月には同作曲家のオペラ《KAMIKAZE-神風-》の世界初演、そして2014年1月には千住明作曲新作オペラ《滝の白糸》を指揮し、大きな話題となった。
第8回渡邊暁雄音楽基金音楽賞(2000年)、第7回齋藤秀雄メモリアル基金賞(2008年)を受賞。
大阪芸術大学教授、京都市立芸術大学客員教授、洗足学園大学客員教授、愛知県立芸術大学客員教授。

辻井伸行(ピアノ)

2009年6月に米国テキサス州フォートワースで行われた第13回ヴァン・クライバーン国際ピアノ・コンクールで日本人として初優勝して以来、国際的に活躍している。11年はカーネギーホールの招聘でリサイタル、12年はアシュケナージの指揮でロンドン・デビュー、ゲルギエフの指揮でサンクトペテルブルクにデビュー。13年にはイギリス最大の音楽祭「BBCプロムス」に出演し「歴史的成功」と称賛された。14年にはゲルギエフ指揮でミラノ・デビュー。同年ルーヴル美術館でのリサイタルは世界へインターネット中継された。15年には佐渡裕指揮でウィーン・デビュー、ゲルギエフ指揮ミュンヘン・フィルとドイツ及び日本で共演。16年はM.ザンデルリンク指揮ドレスデン・フィルとのドイツ・ツアー、ロンドンでのリサイタル・デビュー、アシュケナージ指揮でのシドニー・デビュー。17年はアシュケナージ指揮でベルリン・ドイツ響にデビュー、ユロフスキ指揮ロンドン・フィルと日本ツアー、パリのシャンゼリゼ劇場でのリサイタルが絶賛され、18年はゲルギエフやアシュケナージとの共演など世界的アーティストとの共演を数多く行った。19年はロンドンのインターナショナル・ピアノ・シリーズやカーネギーホール主催のピアノ・リサイタル・シリーズへ出演し驚異的な成功を収め、今後も、ゲルギエフ、ケント・ナガノなどの一流指揮者との共演や国内外でのツアーが多数予定されている。
07年よりエイベックス・クラシックスより継続的にCDを発表し、2度の日本ゴールドディスク大賞を受賞。作曲家としても注目され、映画《神様のカルテ》で第21回日本映画批評家大賞を受賞。09年、文化庁長官表彰(国際芸術部門)。10年、第11回ホテルオークラ音楽賞及び第1回岩谷時子賞受賞。13年、第39回日本ショパン協会賞受賞。

琉球交響楽団

2000年春、琉球交響楽団設立準備委員会を発足。 ミュージックアドバイザーに国際的指揮者の大友直人氏を迎え、2001年3月沖縄コンベンションセンターにて「琉球交響楽団設立コンサート」を開催。楽団員は地元沖縄で活動している演奏家で構成。年2回の定期演奏会の他、小・中・高等学校での音楽鑑賞会、また、第三回、第四回世界のウチナーンチュ大会、沖縄本土復帰30周年、40周年、第46回米州開発銀行(IDB)総会など、政府や沖縄県からの公演も多数行っている。 また、オーケストラをより身近に楽しんでいただくために、2015年より「0歳児からのコンサート」「オーケストラで紡ぐ沖縄民話絵本の読み聞かせ」を開始。2016年より大友直人氏を音楽監督とし、これまで以上に聴衆とのふれあいを大切に、県民に親しみ愛され、国際色豊かな沖縄県の顔となる交響楽団を目指し活動している。

関連ページ

関連する動画

お気に入り登録

「お気に入り登録」して最新情報を手に入れよう!
琉球交響楽団《はじめての東京公演》 大友直人指揮 琉球交響楽団 ピアノ:辻井伸行
琉球交響楽団《はじめての東京公演》 大友直人指揮 琉球交響楽団 ピアノ:辻井伸行