クラシック
アンジェラ・ゲオルギュー&トーマス・ハンプソン スペシャル・コンサート イン ジャパン 2019

公演日:2019/3/6(水)~2019/3/6(水)

アンジェラ・ゲオルギュー&トーマス・ハンプソン スペシャル・コンサート イン ジャパン 2019

チケット情報

アンジェラ・ゲオルギュー&トーマス・ハンプソン スペシャル・コンサート イン ジャパン 2019

世界に先駆けて一夜限りの初共演コンサート実現!!
稀代の歌姫ゲオルギューと、至高のバリトン、ハンプソンが歌い上げる圧巻のエンタテインメント!

オペラアリアからミュージカル・ナンバーまで実力、人気ともに他の追随を許さない2人が紡ぐスペシャル・ナイト!


公演スケジュール

開催日時会場
2019/3/6(水)
19:00開演
サントリーホール 大ホール

出演

アンジェラ・ゲオルギュー(ソプラノ)
トーマス・ハンプソン(バリトン)

ユージン・コーン(指揮)
東京フィルハーモニー交響楽団(管弦楽)

曲目

<第Ⅰ部>
グノー:歌劇《ファウスト》から「ワルツ」 ~オーケストラ
マスネ:歌劇《エロディアード》から 「はかない幻」 ~ハンプソン
チレーア:歌劇《アドリアーナ・ルクヴルール》から アドリアーナのアリア「私は創造の神の慎ましい召使い」 ~ゲオルギュー
ヴェルディ:歌劇《マクベス》から「裏切り者め! 憐み、誉れ、愛」 ~ハンプソン
ヴェルディ:「乾杯」 ~ゲオルギュー
ヴェルディ:歌劇《シチリアの晩鐘》から 序曲 ~オーケストラ
ヴェルディ:歌劇《シモン・ボッカネグラ》から シモンとアメーリアの二重唱「まずしい女が孤児の私を~娘よ、その名に胸が高鳴る」 ~ハンプソン&ゲオルギュー

<第Ⅱ部>
ヴェルディ:歌劇《オテッロ》から バレエ組曲 ~オーケストラ
ヴェルディ:歌劇《オテッロ》から 「俺は信じる、無慈悲な神の存在を」 ~ハンプソン
プッチーニ:歌劇《トスカ》から 「歌に生き、愛に生き」 ~ゲオルギュー
レオンカヴァッロ:歌劇《道化師》から 「間奏曲」 ~オーケストラ
レオンカヴァッロ:歌劇《道化師》から ネッダとシルヴィオの二重唱「ネッダ! シルヴィオ!~だったらなぜ」 ~ゲオルギュー&ハンプソン
ロジャース:ミュージカル《サウンド・オブ・ミュージック》からメドレー ~オーケストラ
ポーター:ミュージカル《キス・ミー・ケイト》から「独身時代はいずこ」 ~ハンプソン
ロウ:ミュージカル《マイ・フェア・レディ》から「踊り明かそう」 ~ゲオルギュー
ロジャース:ミュージカル《南太平洋》から「魅惑の宵」 ~ハンプソン
ヴァシラケ:「雨と私たち」 ~ゲオルギュー
レハール:オペレッタ《メリー・ウィドウ》から ハンナとダニロの二重唱「唇は語らずとも」 ~ゲオルギュー&ハンプソン

※2019年2月3日現在の予定曲目です。

プロフィール

トーマス・ハンプソン(バリトン)

アメリカを代表するバリトン、トーマス・ハンプソンは、その芸術性のあくなき探求と文化的リーダーシップゆえ、多くの勲章、賞を授与されている。現在最も尊敬され、かつ革新的な音楽家として、世界中の主要歌劇場で80以上の役を歌っている。ハイデルベルク大学哲学学部の名誉教授をつとめ、マンハッタン音楽学校、ニューイングランド音楽院他の名誉博士号を持ち、ロンドン王立音楽アカデミーの名誉会員でもある。ウィーン国立歌劇場の「宮廷歌手」の称号を持ち、フランス政府からは芸術文化勲章を、オーストリア政府からは芸術科学勲章を授与された。ディスコグラフィーには、170以上のアルバムが連なり、中にはグラミー賞、エジソン賞、グランプリ・デュ・ディスクへノミネートされたり、受賞したりしたアルバムが何枚もある。
トーマス・ハンプソンは、オペラ歌手、録音アーティスト、そして「歌曲の大使」として国際的に活躍しているが、常に研究、教育、アウトリーチ、テクノロジーにも強い関心を示す。2003年に設立したハンプソン財団を通じて、歌の芸術による異文化間の対話と理解の促進を計っている。

アンジェラ・ゲオルギュー(ソプラノ)

ルーマニアの小さな町、アジュートに生まれた。ブカレスト音楽学校に進み、ブカレスト国立音楽大学では著名な教師、ミア・バーブに師事。壮麗な声質と舞台上での眩い存在感は彼女を別格のオペラ・スターダムに押し上げた。
1992年、「ラ・ボエーム」のミミ役でロイヤル・オペラ・ハウスにデビュー、同年、ニューヨークのメトロポリタン歌劇場、ウィーン国立歌劇場でもデビューを飾った。1994年、ロイヤル・オペラ・ハウスで後に彼女の当たり役となる「椿姫」を初めて歌った時には、新聞、雑誌が「スターの誕生」を報じ、ゲオルギューの元には世界の主要歌劇場、コンサート・ホールから出演依頼が殺到した。
以降、世界各地の歌劇場で数々の作品で主演を務め、2006年6月、ロイヤル・オペラ・ハウスでトスカ役デビューし絶賛された。彼女のための新演出だった。2017年、ロイヤル・オペラ・ハウス・デビュー25周年とともに150回目の出演を「アドリアーナ・ルクヴルール」で祝い、称賛を得た。 2017年9月、アレーナ・ディ・ヴェローナでの「ルチアーノ・パヴァロッティ没後10周年コンサート」に登場、プラシド・ドミンゴ、ホセ・カレーラス、イル・ヴォーロ、マッシモ・ラニエリと共演した。
数々のアルバムが制作されそのすべてが高い評価を得ており、グラモフォン賞、ディアパゾン金賞、フランスのル・モンド・ドゥ・ラ・ミュージックのショック賞他数多の賞を受賞。また「パリ市緋色勲章」、フランス文化省から「芸術文化勲章オフィシエ」、「芸術文化勲章シュヴァリエ」、ルーマニアの最高位である「ルーマニア星勲章」、他数々の勲章を授与されている。
オペラ史上、卓越した声楽技術、高度に劇的で音楽的な知性を持つ歌手、女優だが、それだけではない。音楽通から一般大衆にいたる多彩な観客の心と精神に訴えるコミュニケーション能力に長けた、貴重な存在として光り輝いている。

トーマス・ハンプソンを「お気に入り登録」して最新情報を手に入れよう!

☆お気に入り登録

アンジェラ・ゲオルギューを「お気に入り登録」して最新情報を手に入れよう!

☆お気に入り登録

公演一覧

クラシック・オペラ Citigroup Japan presents アンジェラ・ゲオルギュー&トーマス・ハンプソン

公演日 会場 販売方法 受付期間 申込/詳細
2019/3/6(水) サントリーホール 大ホール(東京都) 先着一般発売

発売中

座席選択

2018/11/18(日) 10:00 ~ 2019/3/4(月) 23:29

申込はこちら

もっと見る +

クラシック・オペラ Citigroup Japan presents アンジェラ・ゲオルギュー&トーマス・ハンプソン

公演日 会場 販売方法 受付期間 申込/詳細
2019/3/6(水) サントリーホール 大ホール(東京都) 先着一般発売

発売中

座席選択

2018/11/18(日) 10:00 ~ 2019/3/4(月) 23:29

申込はこちら

もっと見る +