クラシック
パーヴォ・ヤルヴィ指揮 エストニア・フェスティバル管弦楽団 ヴァイオリン:五嶋みどり

パーヴォ・ヤルヴィ指揮 エストニア・フェスティバル管弦楽団 ヴァイオリン:五嶋みどり

チケット情報

パーヴォ・ヤルヴィ指揮 エストニア・フェスティバル管弦楽団 ヴァイオリン:五嶋みどり

挑戦し続けるパーヴォと現代最高のヴァイオリニストMIDORI
選び抜かれた精鋭オーケストラによる鮮烈の日本デビュー


公演スケジュール

開催日時会場
2019/4/27(土)
17:00開演
愛知県芸術劇場コンサートホール
2019/4/28(日)
15:00開演
フェスティバルホール
2019/4/29(月・祝)
14:00開演
広島文化学園HBGホール
2019/4/30(火)
14:00開演
サントリーホール

出演

パーヴォ・ヤルヴィ(エストニア・フェスティバル管弦楽団 創設者・音楽監督)
五嶋みどり(ヴァイオリン)
エストニア・フェスティバル管弦楽団

プロフィールはこちら

曲目

【名古屋/広島公演】
シベリウス:交響詩「フィンランディア」op.26
ペルト:ベンジャミン・ブリテンへの哀悼歌
プロコフィエフ:ヴァイオリン協奏曲 第1番 ニ長調 op.19
チャイコフスキー:交響曲 第5番 ホ短調 op.64

【大阪/東京公演】
ペルト:ベンジャミン・ブリテンへの追悼歌
シベリウス:ヴァイオリン協奏曲 二短調 Op.47
トゥール:テンペストの呪文
シベリウス:交響曲第2番 二長調 Op.43

パーヴォ・ヤルヴィを「お気に入り登録」して最新情報を手に入れよう!

☆お気に入り登録

五嶋みどりを「お気に入り登録」して最新情報を手に入れよう!

☆お気に入り登録

プロフィール

パーヴォ・ヤルヴィ(エストニア・フェスティバル管弦楽団 創設者・音楽監督)

エストニア出身。2004年よリドイツ・カンマーフィルハーモニー管弦楽団の芸術監督を務めている。また、15年9月にはNHK交響楽団首席指揮者に就任、19年シーズンからは、チューリヒ・トーンハレ管弦楽団の音楽監督兼首席指揮者に就任予定。
これまでに、ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団、フィルハーモニア管弦楽団、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、ドレスデン国立歌劇場管弦楽団、クリーヴランド管弦楽団、シカゴ交響楽団などと定期的に共演を重ね、現在、もっとも剌激的な音楽を生み続けている。アルヴォ・ペルト、エリッキ=スヴェン・トゥールなど、故郷エストニアの作曲家の演奏にも積極的に取り組んでいる。18年8月には、エストニア・フェスティバル管弦楽団とともに、BBCプロムスに出演した。

五嶋みどり(ヴァイオリン)

11歳でニューヨーク・フィルとの共演でデビュー以来、世界のトップヴァイオリニストとして著名な音楽家と共演を重ねる。世界で年約100回のコンサートに出演する傍ら「認定NPO法人ミュージック・シェアリング」など日米で4つの団体/プログラムを設立し、音楽家による社会貢献活動のモデルとして25年以上先導的な役割を果たしている。現在カーティス音楽院で教鞭を執るほか世界主要音楽院やマスタークラスなどで後進の指導にあたる。07年よリ国連ピース・メッセンジャー。ソリストとして参加した「ヒンデミット作品集」は第56回グラミー賞を受賞。使用楽器はグァルネリ・デル・ジェス「エクス・フーベルマン」(1734年作)。

エストニア・フェスティバル管弦楽団

2011年にパーヴォ・ヤルヴィによって創設され、新しい夏の音楽祭「パルヌ音楽祭」のレジデンス・オーケストラとして活動を開始した。ヤルヴィが長年の夢として熱望していたのは、選び抜かれた精鋭たちによるオーケストラを作り上げることだった。エストニアで最高のオ能をもつ若手奏者と、ヨーロッパの一流オーケストラで活躍する音楽家を集めて結成されたこのオーケストラの演奏は、15年、アーツ・デスク誌のレビューで「アバド指揮ルツェルン祝祭管の柔軟性に富んだ演奏に匹敵する、この上なく素晴らしい演奏」と評された。同管弦楽団は、これまでパルヌ以外では演奏したことがなかったが、17年には近隣のバルト海沿岸諸国とスカンジナビアの音楽祭への初めてのツアーを、18年にはエストニアの独立100年を記念し、ブリュッセル、ベルリン、ウィーン、チューリッヒをはじめとするヨーロッパの主要都市へのツアーを行うほか、BBCプロムスヘのデビューは大成功を収めた。
17年には初となるCD「ショスタコーヴィチ交響曲第6番」がリリースされた。