映画

《事前座席選択可》映画「夏への扉―キミのいる未来へ―」

全国共通
《事前座席選択可》映画「夏への扉―キミのいる未来へ―」 ©2021映画「夏への扉」製作委員会

作品紹介

■イントロダクション

主演を務めるのは興業収入57億円を突破した『キングダム』の大ヒットの記憶も新しい、今最も輝く俳優・山﨑賢人。本作では罠にはめられ、すべてを失いながらも、大切な人を救うために30年の時を超える科学者・高倉宗一郎を演じる。共演には、孤独に生きてきた宗一郎にとってかけがえのない存在・璃子役に2021年度前期放送のNHK朝の連続テレビ小説「おかえりモネ」にてヒロイン役となる清原果耶、30年後に目覚めた宗一郎の手助けをする人間にそっくりなロボット役には藤木直人。その他、夏菜、眞島秀和、浜野謙太、田口トモロヲ、高梨 臨、原田泰造といった、多彩な顔ぶれが集結した!本作のメガホンを取ったのは『フォルトゥナの瞳』『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』の三木孝浩監督。
さらに、そんな本作を彩る主題歌はLiSAの書き下ろし楽曲「サプライズ」。登場人物の心に寄り添いながら、観る者との架け橋となっている。


30年の時を超えて大切な人を救う旅の果て、
クライマックスの先に最高のサプライズが待っている――

■ストーリー

将来を期待される科学者の高倉宗一郎は、亡き養父である松下の会社で研究に没頭していた。
早くに両親を亡くしずっと孤独だった宗一郎は、自分を慕ってくれる松下の娘・璃子と愛猫ピートを、家族のように大事に思っていた。
しかし、研究の完成を目前に控えながら、宗一郎は罠にはめられ、冷凍睡眠させられてしまう。
目を覚ますと、そこは30年後の2025年の東京。
宗一郎は研究も財産も失い、璃子は謎の死を遂げていたー
失って初めて、璃子が自分にとってかけがえのない存在だったと気づく宗一郎。
人間にそっくりなロボットの力を借り、30年の間に起こったことを調べ始めた宗一郎は、ある物理学者にたどり着く。
驚きの事実を知った宗一郎は、再び1995年へと時を超える。ただ、璃子を救うためにー。

■出演

山﨑賢人
清原果耶
夏菜 眞島秀和 浜野謙太 田口トモロヲ 高梨 臨 原田泰造 藤木直人

■原作

「夏への扉」ロバート・A・ハインライン(著)/福島正実(訳) (ハヤカワ文庫刊)

■監督

三木孝浩「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」

■脚本

菅野友恵


■映画公式サイト

https://natsu-eno-tobira.com/

《事前座席選択可》映画「夏への扉―キミのいる未来へ―」ムビチケコンビニ券 発売中!

ムビチケコンビニ券の詳細はこちら
・一般:1,500円(税込)
・Lコード:92806
・受付期間:~6/24(木)23:30
※Loppiにてお申込み後、レジにてすぐにムビチケコンビニ券がお受取りになれます。
※ミニストップのLoppiでもお申込みいただけます。

注意事項

  • ※対応劇場はムビチケHPをご確認ください。
  • ※事前に座席選択をご利用されない場合でも、当日劇場でご利用いただけます。
  • ※一部上映しない地域がございますので、必ずご希望の劇場に上映の有無をご確認の上、ムビチケコンビニ券をご購入ください。
  • ※ムビチケコンビニ券の対象年齢は劇場によって異なります。ムビチケコンビニ券のご購入の前にご希望の劇場までお問い合わせください。
  • ※発券後の変更・払戻は一切お受けできません。予めご了承願います。
  • ※各劇場により上映時間および時間が異なりますので、ご希望の劇場または公式HPにてご確認ください。
《事前座席選択可》映画「夏への扉―キミのいる未来へ―」 ©2021映画「夏への扉」製作委員会
《事前座席選択可》映画「夏への扉―キミのいる未来へ―」