スポーツ
全日本プロレス「明るく、楽しく、激しい全日本プロレスを観に行こう!」

全日本プロレス

マンガを見る

タップ(クリック)すると拡大してご覧になれます(一部ブラウザを除く)

2019年08月

P1
P2
P3
P4

2019年07月

P1
P2
P3
P4

2019年06月

P1
P2
P3
P4

2019年05月

P1
P2
P3
P4

2019年0415月号

P1
P2
P3
P4

2019年0315月号

P1
P2
P3
P4

2019年0215月号

P1
P2
P3
P4

2019年0115月号

P1
P2
P3
P4

2018年1215月号

P1
P2
P3
P4

2018年1115月号

P1
P2
P3
P4
P5

コラム

初めてプロレス行って来ましたーほんとプロレスと聞いて思い描くのは子供の頃に読んでいた「キン肉マン」くらいなんですが‥面白かったー!

今盛り上がってるみたいですね。国内にプロレス団体は100以上存在すると言われています。僕が観に行ったのは「全日本プロレス」事前にネットで検索してみると、「体の大きな選手が多い」「王道プロレス」なんていうキーワードが飛び込んで来ました。

実際に観戦してみると、大きな選手がやっぱり多い!リングがすごく小さくみえます(笑)技を正面から受ける美学があり、筋肉のぶつかる音が響きます。

選手一人一人キャラが立ってるんですよ。お客さんを見てると、みんなそれぞれ「推し」の選手がいるみたいです。プ女子のシミズさんは、選手の名前を叫ぶだけで、日々の仕事のストレスを解消できるんですって。確かに応援してる選手が痛めつけられ、でもなんども立ち上がって戦う姿は、 仕事や人間関係で詰んじゃうことがあっても、なんとか戦うんだって思わせてくれるような気がします。

マンガの中で出てきた「三冠ベルト」について野球でいう三冠王みたいな3つのタイトルを取ることなのかな?と思ってました。半分正解。以前は3本のベルトがそれぞれ存在していましたが、今は統一されて一本になりました。三冠というのは、その時代の名残なんですね。ちなみに全日本は105kg以上がヘビー級、以下がジュニアヘビー級という区分です。(新日本プロレスは100kg以上がヘビー級)現在の三冠ヘビー級王者は、宮原健斗選手!平成生まれ初の三冠ヘビー級王者です。次回はこの健斗選手に注目したいと思います。お楽しみに!

関連ページ

全日本プロレス(月刊ローチケ
「明るく、楽しく、激しい全日本プロレスを観に行こう!」)
全日本プロレス