演劇

ブロードウェイミュージカル「コーラスライン」

2022.8.11(木) - 2022.8.28(日)
東京都
ブロードウェイミュージカル「コーラスライン」

公演情報

ブロードウェイでの成功を夢見る名もなきダンサーたちの光と影を真正面から描いた、ブロードウェイミュージカルの金字塔的傑作。
1975年に初演され、翌1976年のトニー賞で最優秀ミュージカル賞・演出賞・振付賞・脚本賞・楽曲賞など計9部門を制覇。
ピュリツァー賞演劇部門でも受賞を果たした。

1985年、ハリウッドでミュージカル映画化。
初演版は約15年の大ロングランの末、1990年に閉幕した。
2006年、初演版の演出・振付を踏襲したリバイバル版が開幕し、トニー賞最優秀ミュージカルリバイバル賞にノミネート(2008年閉幕)。
同公演のキャスティング模様を綴った2008年のドキュメンタリー映画「ブロードウェイ♪ブロードウェイ コーラスラインにかける夢」も、大きな話題を集めた。

リバイバル版の来日公演は4年ぶりに実現する。

< コーラスラインとは >
それは、舞台に引かれた、1本の白いライン
役名もないキャストたちが、このラインより前に出ないようにと引かれた1本の白いライン。
それは、メインキャストとコーラスの境界線・・・


STORY

ニューヨーク・ブロードウェイ。
ある劇場で、新作のためのオーディションが行われている。
新進気鋭の演出家ザックの元に大勢のダンサーが集まった。
わずか8つの枠を目指し、ニューヨーク中のダンサーたちが成功を求めて。
その中には、かつてスポットライトを浴び、ハリウッドに進出したが、挫折しやり直すために、ブロードウェイに戻ったキャシーもいた。
彼女は、ザックの元恋人。
キャシーとザックの揺れ動く感情をよそに、オーディションは進んでいく。
最終選考に残った17人のダンサーたちに、演出家ザックは、「君たち自身を知りたい。君たちはどんな人間なのか?」と問う。
ダンサーたちは、戸惑いながらも「自分」について話していく。
彼らが背負ってきた辛い過去、歌やダンスへの情熱、悩みや経験、
そして人生までも・・・。
厳しいオーディションに合格したとしてもなれるのは名も無い「コーラス」。
それでもダンサーたちはたった8人の枠に残るため、自分のすべてを賭ける。
そして、合格した者たちは、同じ衣装でコーラスの一員として一つの舞台に立つ。

日程・会場

公演日会場
2022/8/11(木・祝)~8/28(日) 東京・Bunkamuraオーチャードホール

料金

席種料金(税込)
S席¥14,000
A席¥12,000
B席¥10,000
U-25席¥6,000
  • 未就学児童入場不可
  • U-25席は一般発売3/26(土)より発売いたします。(前売り販売のみ・数量限定)

【注意事項】

  • 今後政府の判断によるイベント収容率の変更等、状況に変更が生じた場合は、その指示に基づきご案内させていただきます。
  • 公演中止、または、主催者がやむを得ないと判断する場合以外のチケットの払い戻しはいたしません。チケットご購入の際には、 ご自身の体調や環境をふまえ、ご判断くださいますようお願いいたします。
  • 開演時間を過ぎますと、ご入場をお待ちいただいたり、ご自分のお席にお座りいただけない場合もございます。
  • 劇場内では常時マスクの着用をお願いいたします。マスクは不織布マスクを推奨しております。マスクは鼻から顎まで隙間なく覆うように正しく着用してください。 マスクを着用でない方のご入場はご遠慮いただきます。
  • チケット購入時に登録の氏名・緊急連絡先は、保健所等の公的機関からの要請により提供させていただく場合がございます。
  • 車椅子スペース(S席相当)には限りがございます。車椅子でご観劇のお客様は座席指定券をご購入の上、お早目にBunkamuraへご連絡ください。S席をお持ちでないお客様は差額をお支払いいただきますので予めご了承くださいますようお願いいたします。また、お座席でご観劇の場合も当日スムーズにご案内をさせていただくため、公演日前日までにご購入席番をBunkamuraへご連絡ください。
  • 営利目的でのチケットのご購入ならびに転売は固くお断りいたします。
  • 劇場の感染症対策とご来場されるお客様へのお願いにつきましては、最新情報をホームページにてご確認の上、ご来場ください。
  • 今後、ご来場されるお客様の情報を別途お伺いする場合がございます。

購入方法

一般発売 3/26(土)10:00~
インターネット予約 チケット一覧よりお進みください

関連動画

お気に入り登録

「お気に入り登録」して最新情報を手に入れよう!
ブロードウェイミュージカル「コーラスライン」
ブロードウェイミュージカル「コーラスライン」