演劇

『M.バタフライ』

2022.7.30(土) - 2022.7.31(日)
愛知県
『M.バタフライ』

公演情報

あるフランス人外交官が国家機密情報漏洩という大罪を犯すほど愛に溺れた相手は、性別を偽った中国のスパイだった。
本作は、この驚愕のニュースに触れた劇作家・デイヴィット・ヘンリー・ファンがその事実をヒントに、オペラ『蝶々夫人』を劇中に取り入れながら創り上げた戯曲です。ブロードウェイで上演されると、京劇のもつエキゾチシズムや興味深い登場人物たち、そして、重層的な戯曲の構成が絶賛され、1988年トニー賞最優秀演劇賞を受賞。世界30ヵ国以上で上演されてきました。日本では1990年に上演されて以来、この度、32年ぶりの上演となります。


中国、北京に駐在経験のあるフランス人外交官ルネ・ガリマールは、国家機密情報漏洩により投獄されている。なぜ彼は、そんな大罪を犯すに至ったのか。オペラ『蝶々夫人』と対比させながら、彼が自らの物語として、その「正しさ」を説いていくうちに、ことの全貌が見えてくる。
時は1960 年代、文化大革命前夜の中国・北京。駐在フランス人外交官のルネ・ガリマールは、社交の場でオペラ『蝶々夫人』を披露した京劇のスター女優ソン・リリンに出会う。「東洋人らしい」慎み深さと奥ゆかしい色香を湛えたソンに、瞬く間に魅了され恋に堕ちていくルネ。やがて男女の仲になり人目を忍びつつも20 年に渡り関係が続くが……
その実、ソンは毛沢東のスパイであり、男だった―――。

原作

デイヴィット・ヘンリー・ファン

翻訳

吉田美枝

演出

日澤雄介(劇団チョコレートケーキ)

出演

内野聖陽、岡本圭人、朝海ひかる、占部房子、藤谷理子、三上市朗、みのすけ

日程・会場

公演日会場
6/24(金)~7/10(日) 東京・新国立劇場 小劇場
7/13(水)~7/15(金) 大阪・梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ
7/23(土)~7/24日(日) 福岡・キャナルシティ劇場
7/30(土)~7/31(日) 愛知・ウインクあいち 大ホール

料金

公演料金(税込)
東京 S席 ¥10,500 バルコニー席 ¥8,500
大阪 全席指定 ¥10,500
福岡 全席指定 ¥10,500
愛知 全席指定 ¥10,500
  • 未就学児入場不可
  • バルコニー席は客席内の側面に位置する、舞台を横向きに見下ろしてご観劇いただくお席です。
  • バルコニー席でご観劇いただく場合、舞台の一部が見えない可能性がございます。また、周りのお客様の視界の妨げとなりますので、前のめりでのご観劇はご遠慮ください。

購入方法

一般発売 5/21(土)10:00~
インターネット予約 【東京・大阪・福岡・愛知】
チケット購入はこちら ※本受付では会員登録は必要ございません。

インタビュー・レポート

関連ページ

ストレートプレイTOP

演劇・ステージTOP

『M.バタフライ』
『M.バタフライ』