演劇

タカハ劇団 第18回公演 『ヒトラーを画家にする話』

タカハ劇団 第18回公演 『ヒトラーを画家にする話』

公演情報

あらすじ

進路に悩む美大生、僚太、朝利、板垣。
三人はひょんなことから、1908年のウィーンにタイムスリップしてしまう。
そこで彼らが出会ったのは、ウィーン美術アカデミーの受験を控えた青年、アドルフ・ヒトラー。
彼らは未来を変えるため、ヒトラーの受験をサポートすることに。
けれどヒトラーにはまったく絵の才能がなくて――
果たして三人は、ヒトラーを独裁者でなく画家にすることにできるのか?!
人類の未来をかけた絵画レッスンが始まる。

高羽彩 コメント

芸術を愛する人はいい人だ、となんとなく思ってしまうのは私自身が芸術に親しみを感じているからなんでしょうが、当然、芸術を愛する人にも悪人はいる訳で(もちろん私自身も善人などではなく)。演劇にせよその他芸術にせよそれを作り出すのはいつだって人間のはずなのに、なぜその芸術を愛する人々が時に人をひどく傷つけてしまうのでしょうか。
「芸のためなら女房も泣かす」なんて古い言葉が示すように、時に芸術の価値は人間より上位に置かれることがあり、その価値の逆転が何によってもたらされるのかずっと不思議でした。
今作では、芸術が人間を動かす恐ろしく強大な力とその限界について思い馳せました。そして、コロナ禍で活動の場を奪われてしまった学生たちにも思いをはせ、劇中では彼らに、歴史の当事者になってもらうことにしました。今まさに煌めいている彼らの才能と、舞台上で渦巻く虚構と現実を、是非劇場で目撃してください。

脚本・演出

高羽彩

出演

名村辰 芳村宗治郎 渡邉蒼 犬飼直紀 川野快晴 山﨑光 重松文
異儀田夏葉 砂田桃子 結城洋平 柿丸美智恵 / 金子清文 有馬自由


公演日 7/20(水)~7/24(日)
会場 東京・東京芸術劇場 シアターイースト
席種 / 料金(税込) 全席自由席 /
一般 ¥4,800
U-25 ¥2,500(入場時要証明書)
高校生 ¥1,000(入場時要証明書)
  • 未就学児童入場不可
  • 車いすでご来場のお客様は、チケットご購入後、お問い合わせ先までご連絡ください。
    【お問い合わせ】 info@takaha-gekidan.net

購入方法

一般発売 6/11(土)10:00~
インターネット予約 チケット一覧よりお進みください
タカハ劇団 第18回公演 『ヒトラーを画家にする話』
タカハ劇団 第18回公演 『ヒトラーを画家にする話』