演劇

てにあまる

てにあまる

トピックス

2020/12/10(木)
Sky presents『てにあまる』クリスマス&お正月キャンペーン

『てにあまる』よりクリスマスプレゼントとお年玉のお知らせ
対象日程の公演に来場すると、キャストによるアフタートーク映像をプレゼント♪

【メリークリスマスキャンペーン】
対象日程:
12月24日(木)14:00
12月25日(金)19:00
☆藤原竜也×柄本明によるアフタートーク映像をプレゼント☆
※映像は12月26日(土)18:00~27日(日)17:59視聴可能
※視聴方法は当日劇場にて、”クリスマスカード”を配布しお知らせします

【ハッピーニューイヤーキャンペーン】
対象日程:
1月4日(月)19:00
1月5日(火)14:00/19:00
☆高杉真宙×佐久間由衣によるアフタートーク映像をプレゼント☆
※映像は1月6日(水)18:00~7日(木)17:59視聴可能
※視聴方法は当日劇場にて、”年賀状”を配布しお知らせします

公演情報

岸田戯曲賞受賞作家・松井周によるオリジナル書き下ろし作品を、柄本明が演出!主演・藤原竜也と柄本明が親子役で競演!

一人で暮らす老人(柄本明)の家に、男(藤原竜也)がやってくる。老人は戸惑うが、その男は老人を家に連れて帰り、二人の奇妙な同居生活が始まる。
男はベンチャー企業の経営者であり、部下(高杉真宙)が彼を支えている。部下は男の家を訪れ、見知らぬ老人がいるのに驚く。男は「家政夫だ」と老人を紹介する。部下は男に対して盲目的な憧れと畏れがあり、素直に信用する。
ある日部下は、男の別居中の妻(佐久間由衣)を連れてくる。妻は男と離婚をしたがっており、その話し合いのためだ。家政夫の老人に対して怪訝な目を向ける妻に、老人は不敵な笑みを浮かべる。その老人は、男と長らく絶縁状態にあった男の父親だった――
妻と部下の関係を疑い、壊れていく男。その様子に心が離れていく妻と部下。
男と妻子の間には何があったのか。そして男の父親しか知らない、男の過去の真実とは何か。
父と息子が家族をやり直そうとする物語。
あるいは、家族を終わらせようとする物語。

脚本

松井周

演出

柄本明

出演

藤原竜也 高杉真宙 佐久間由衣 柄本明

日程・会場

公演日程会場
東京2020/12/19(土)~2021/1/9(土)東京芸術劇場プレイハウス
佐賀2021/1/16(土)~1/17(日)鳥栖市民文化会館大ホール
大阪2021/1/19(火)~1/24(日)新歌舞伎座
愛知2021/1/26(火)~1/27(水)刈谷市総合文化センター大ホール
静岡2021/1/30(土)~1/31(日)三島市民文化会館・大ホール

料金

本ページ下部の「チケット一覧」にてご確認ください。

動画

関連ページ

お気に入り登録

「お気に入り登録」して最新情報を手に入れよう!
てにあまる
てにあまる