演劇

札幌演劇シーズン 2020-夏

札幌演劇シーズン 2020-夏

公演情報

札幌演劇シーズン2020-夏、開催決定!

yhs「ヘリクツイレブン」

ヘリクツイレブン

草サッカーの練習試合のために集まった町役場の職員たち。そして始まる作戦会議。だが、その内容は試合に勝つためのものではなく、なぜか負けるためのものだった。相手は町一番の大企業、いわゆる“接待サッカー”である。しかし、一人の新人職員がそ の作戦に異議を唱える。
「僕、負けたくありません」
圧倒的な正論に、ヘリクツで新人を丸め込もうと立ち向かう11人の戦士(同僚)たち!!最後に笑うのは正論か、ヘリクツかー。

脚本・演出

南参

日程会場
2020/8/1(土)~8/8(土)生活支援型文化施設 コンカリーニョ

チケットはこちら

劇団怪獣無法地帯「ねお里見八犬伝」

ねお里見八犬伝

里見義実(よしざね)により処刑された悪女玉梓(たまずさ)は、怨霊となり里見義実家を滅ぼさんとあの世から舞い戻った。玉梓は義実の娘、伏姫と愛犬八房を罠にはめ殺害してしまう。が、その時伏姫の体から光る八つの玉が天空へ昇っていった。これこそ、里見の里を守る8人の犬士が現れる印だったのだ。不思議な縁で結ばれた八犬士が今、立ち上がる。滝沢馬琴の「南総里見八犬伝」を大胆にアレンジし劇団怪獣無法地帯が贈る伝奇エンターテインメント!

原作

滝沢馬琴

脚色・演出

棚田満

日程会場
2020/8/12(水)~8/18(火)生活支援型文化施設コンカリーニョ

チケットはこちら

札幌座「フレップの花、咲く頃に」

フレップの花、咲く頃に

昭和21年樺太庁落合、大山吉男と妻アキコは日本に戻れずソ連占領下での生活を余儀なくされていた。二人の家の前に一人のロシア人女性・アンナが突然トラックから降ろされ、夫婦は彼女と一緒に暮らさねばならなくなった。戸惑うことも多かったが、やがて助け合いながら暮らし始めた…ソビエト人、樺太アイヌ、朝鮮人たちが自発的にコミュニティを形成し暮らしていた混住と呼ばれた時代、その土地にはフレップの花が咲いていた。

山田百次(ホエイ・劇団野の上)

演出・音楽

斎藤歩

日程会場
2020/8/15(土)~8/22(土)かでるホール

チケットはこちら

関連ページ

札幌演劇シーズン 2020-夏
札幌演劇シーズン 2020-夏