演劇

ゲルニカ

ゲルニカ

公演情報

ピカソの名画に描かれたゲルニカの街、未来の為に戦う人々の珠玉の人間ドラマ

PARCO劇場オープニング・シリーズ秋の陣第一弾を飾る本作は日本のみならず韓国など国外にも活動の幅を広げ、2018年読売演劇大賞及び最優秀演出家賞に輝く演出家:栗山民也と、2018年紀伊國屋演劇賞個人賞受賞、鶴屋南北戯曲賞など数々の賞を受賞し、筆力に定評のある劇作家:長田育恵の待望の初顔合わせによる新作。栗山民也が、スペイン内戦時のゲルニカ無差別爆撃を描いた画家パブロ・ピカソの「ゲルニカ」と出会って以来20年以上、あたためてきた構想をもとに、長田育恵がゲルニカに生きる人々の人間ドラマにフォーカスして物語をつむぎます。
本作品で描かれるのは、歴史劇や歴史の悲惨さを問うものではなく、私たちと変わらない普通の人々の生活が突然脅かされ消えてしまった悲劇、そしてそれを乗り超えるべく生きていく人々を描いた希望の話でもあります。人間と人間が憎しみ合い傷つけあう戦争。それを乗り超えるために人間はどこまでたくましく生きられるのか。いつか名もなき人々の力で未来を変えていくという “希望”の光や“勇気”を描く珠玉の人間ドラマにご期待ください!

ゲルニカの元領主の娘で何不自由なく生きてきたサラ(上白石萌歌)。しかしスペインでは、台頭してきたファシズムと人民戦線軍が激突し、市民戦争が本格化していた。サラの婚礼が近づいているある日、突然婚約者が戦争に参加したいと静かな決意を語り出し、サラを置いて出て行ってしまった。世界ではいま何が起きているのか。
サラは街の食堂に出入りするようになり、人民戦線軍の兵士たちや海外特派員の戦場カメラマン・クリフ(勝地 涼)、女性記者レイチェル(早霧せいな)たちと触れ合い、各地で激戦が行われている事実を知る。
またそこで、イグナシオ(中山優馬)という一人の兵士と恋仲になってしまう。しかしイグナシオはドイツ軍のスパイで密かに爆撃工作を進めていた。
やがて、サラの妊娠が発覚。そしてそれを知ったサラの母であるマリア(キムラ緑子)は激怒し、子供を堕ろすよう説得する。
そんな中、ついに運命の日、ゲルニカ空爆がはじまる…

長田育恵

演出

栗山民也

出演

上白石萌歌 中山優馬 勝地 涼 早霧せいな 玉置玲央 松島庄汰 林田一高 後藤剛範 谷川昭一朗 石村みか 谷田 歩 キムラ緑子

日程・会場

公演日程会場
東京2020/9/4(金)~9/27(日)PARCO劇場
京都2020/10/9(金)~10/11(日)京都劇場
新潟2020/10/17(土)~10/18(日)りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館・劇場
豊橋2020/10/23(金)~10/25(日)穂の国とよはし芸術劇場PLAT 主ホール
北九州2020/10/31(土)~11/1(日)北九州芸術劇場 大ホール
  • ローソンチケットで取り扱いのない会場がある可能性がございます
  • 未就学児のご入場はお断りいたします

【東京公演について】

  • チケットのお申し込みはお一人様1公演につき1枚までとさせていただきます
  • 本公演のチケット購入時に登録の氏名・緊急連絡先は、万が一来場者から感染者が発生した場合など必要に応じて保健所等の公的機関へ提供させていただく場合がございます。予めご了承くださいませ
  • PARCO劇場の感染症拡大予防に対する取り組みとお客様へのお願いにつきましては、公演直前(8月28日(金)頃)までに改めて掲載いたしますので、ご確認の上ご来場くださいませ
  • 本公演のチケットは主催者の同意のない有償譲渡が禁止されています

インターネット予約

チケット購入はこちら

関連ページ

PARCO劇場

ストレートプレイTOP

演劇・ステージTOP

ゲルニカ
ゲルニカ