演劇

『アーリントン』〔ラブ・ストーリー〕

『アーリントン』〔ラブ・ストーリー〕

公演情報

2018年春に上演された『バリーターク』に次ぐ、エンダ・ウォルシュによる戯曲『アーリントン』を、白井晃演出により日本初演

高いビルのなかにある、待合室。
若い女“アイーラ”はそこでずっと、自分の番号が呼ばれるのを待っている。
隣の部屋では“若い男”がモニター越しにアイーラを見ている。
彼はきょうはじめてそこへ仕事にやって来た。
壁をへだてて、ふたりの心が静かにゆれる。
やがてアイーラは自分の運命を知る。
そして彼女の番号がきたとき、男はとほうもない決断をする。
それは…。

エンダ・ウォルシュ

翻訳

小宮山智津子

演出

白井晃

出演

南沢奈央 平埜生成 入手杏奈

日程

2020/4/11(土)~5/3(日)

会場

KAAT神奈川芸術劇場 大スタジオ

料金

¥6,000

  • 全席指定・税込
  • 未就学児童入場不可

購入方法

一般発売

2/8 (土) 10:00~

Lコード

32518

インターネット予約

本ページよりお進みください

関連ページ

関連する動画

お気に入り登録

「お気に入り登録」して最新情報を手に入れよう!
『アーリントン』〔ラブ・ストーリー〕
『アーリントン』〔ラブ・ストーリー〕