演劇
劇団夜想会公演『祖国への挽歌』~日系マフィア ジョーの伝説~

劇団夜想会公演『祖国への挽歌』~日系マフィア ジョーの伝説~

チケット情報

劇団夜想会公演『祖国への挽歌』~日系マフィア ジョーの伝説~

戦後アメリカに日本人マフィアがいた。史実に基づく衝撃のエンタテイメント誕生!

作・演出

野伏翔

出演

松村雄基
原田大二郎
石村とも子
妹尾青洸
佐羽英(6/5(水)・6/7(金)夜・6/8(土)昼・6/9(日))
多田広輝(6/4(火)・6/6(木)・6/7(金)昼・6/8(土)夜)
荒川智大
井上一馬
棚橋幸代
藤井弘平
上島尚子
半井小絵(6/5(水)・6/7(金)夜・6/8(土)昼・6/9(日))
ほか 夜想会メンバー

公演スケジュール

6/4(火)~6/9(日) 東京・俳優座劇場

ストーリー

戦後アメリカのシカゴで、マフィアの大幹部になった日本人がいた。
第二次大戦中在米の日系人は、カリフォルニアを中心に強制収容所に入れられ財産を没収された。
この物語の主人公ジョーは、アメリカへの忠誠を誓うために日系人部隊442連隊を志願した。
442連隊はイタリア戦線で激戦を勝ち抜く。ゴーフォアブローク=当たって砕けろ!の合言葉で戦い抜き、
多くの犠牲者を出したが、アメリカ陸軍史上最も多くの勲章を得、一時期は英雄ともてはやされた。
しかし戦後は再びジャップと見下される日々に戻る。
442部隊でジョーと一緒に戦ったダニエル井上は後にハワイ知事から上院議員にまで上り詰めた。
だが井上とは真逆の人生を送った男がいた。
・・・・・・モンタナジョーこと、衛藤ジョー。彼にとっての真の戦争はここから始まった。
モンタナ7人衆と呼ばれた日系人の集団を組織し、博打と喧嘩の腕でマフィアの世界に戦いを挑んだ日系人ジョー。
アメリカと日本、二つの祖国の間で揺れ動く日系人たちの葛藤。
日本人とは何か?アメリカとは?祖国とは?ファミリーとは?真の人生の完結とは?
これは実在の人物衛藤ジョーをモデルに創作した、或る日系人の闘いと愛を描いた物語である。

「野伏翔」お気に入り登録

「お気に入り登録」して最新情報を手に入れよう!

☆お気に入り登録