演劇
第7回ブス会*『エーデルワイス』

公演日:2019/2/27(水)~2019/3/10(日)

第7回ブス会*『エーデルワイス』

チケット情報

第7回ブス会*『エーデルワイス』

高嶺の花とは、崖っぷちに咲く花。

2010年、AV監督としても活動するぺヤンヌマキが、舞台作品を上演する為に立ち上げたユニット。
ぺヤンヌマキとその友人たちが、女だけで集って愚痴や自慢をぶちまけまくる飲み会を「ブス会」と呼んでいたことに端を発する。
劇団員を持たず、ぺヤンヌマキが毎回好きなメンバーを集めて作品を上演。
女の実態をじわじわと炙り出す作風を得意とし、回を追うごとに話題を呼ぶ。
立ち上げ当初は、出演者は全員女で、女同士の関係における醜くも可笑しい “ブス” な実態を群像劇として描くのが特徴だったが、近年は男も登場させ、様々なアプローチで “女” を描いている。

脚本・演出

ペヤンヌマキ

出演

鈴木砂羽
水澤紳吾 大和孔太 高野ゆらこ 土佐和成 後藤剛範 藤井千帆 金子清文

イラスト

浅生ハルミン

振付

Violet Eva(紫ベビードール)

公演スケジュール

2/27(水)~3/10(日) 東京・東京芸術劇場 シアターイースト

あらすじ

今作『エーデルワイス』は、ペヤンヌマキが描く現代を生きる女性の為のおとぎ話。「王子なんていない」と絶望の淵に立たされた女は「魔女」になってしまうのだろうか。
主人公はスランプに陥っている漫画家、森アキナ、43歳(鈴木砂羽)。自身の代表作「たたかえ!いばら姫」以降、ヒットを出せずに苦しんでいる。長年の付き合いの担当編集者も呆れ顔。
「たたかえ!いばら姫」は地方から上京した18歳の女性・ミユキが様々な価値観に翻弄されていく物語。自分が何者か見出せないままのミユキは、男たちに「NO」を言えず、流され続けてしまう。ちまたに溢れている「女の幸せ」という呪いをかけていたのだった。30歳の誕生日にどん底に到達したミユキは、やっと「自分だけにできること」を見つけるが・・・。
過去の自分を認め和解するという普遍的なテーマを、ペヤンヌマキ自身の経験を投影し、過去と現在を交錯させながら描きます。

イベント情報

アフタートーク

2/28(木)公演

登壇者:ペヤンヌマキ

ゲスト:峰なゆか トミヤマユキコ

3/2(土)公演

登壇者:ペヤンヌマキ 鈴木砂羽 高野ゆらこ 藤井千帆

ゲスト:安藤玉恵

公演一覧

演劇・ステージ・舞台 第7回ブス会*「エーデルワイス」

公演日 会場 販売方法 受付期間 申込/詳細
2019/2/27(水) ~ 2019/3/10(日) 東京芸術劇場 シアターイースト(東京都) 先着一般発売

発売中

2018/12/22(土) 10:00 ~ 2019/3/9(土) 23:29

申込はこちら

もっと見る +

演劇・ステージ・舞台 第7回ブス会*「エーデルワイス」

公演日 会場 販売方法 受付期間 申込/詳細
2019/2/27(水) ~ 2019/3/10(日) 東京芸術劇場 シアターイースト(東京都) 先着一般発売

発売中

2018/12/22(土) 10:00 ~ 2019/3/9(土) 23:29

申込はこちら

もっと見る +

お気に入り登録

ブス会*を「お気に入り登録」して最新情報を手に入れよう!

☆お気に入り登録