レジャー

宝塚市立手塚治虫記念館

兵庫県
宝塚市立手塚治虫記念館

企画展

宝塚市立手塚治虫記念館_CAPCOM

©JUNICHI NAKAHARA/HIMAWARIYA

第84回企画展 中原淳一展~現代にも響く”美”のメッセージ~

会期 10/29(金)~2022/2/23(水)

 

中原淳一をご存じですか?

一言で表現すれば「“美しく生きる”術(すべ)を発信し続けたアーティスト」ですが、その仕事内容は多岐にわたるため、とても一言では言い表せません。

戦前は雑誌の表紙絵や挿絵などを手掛けていましたが、戦後は自らが編集者となって雑誌『それいゆ』を創刊しました。「読者がいつのまにか本当の意味での美しい暮らしを知り、優しい美しい、賢い女性になっていくような本」を目指した中原淳一の信念のもとにつくられたこの雑誌は、戦後の荒廃の中で夢を忘れた女性たちを魅了しました。その後も『ひまわり』『ジュニアそれいゆ』などの雑誌を発刊し、ファッションだけではなく、ライフスタイル、心の持ち方まで幅広い分野から「常に美しくあれ」とのメッセージを発信し続けました。

今回の企画展では「世の中がどう変わっても、美しいものは変わらない」という強い信念を持った中原淳一が伝えたかったメッセージを様々なカテゴリーから見ていきます。また直接面識が無かったと思われる手塚治虫と宝塚歌劇団を通した接点も紹介。またそれぞれが伝えたメッセージにも注目します。当時直接影響を受けた世代の方には、あの頃を懐かしんでいただくのはもちろんのこと、男性女性を問わず幅広い世代の方々も、この継承されているメッセージを感じ取っていただきたいと思います。



【展示概要】

今回の企画展では、展示点数約100点を3部構成で展示します。


ZONE1:中原淳一とは

戦前、雑誌『少女の友』の人気画家として一世を風靡した中原淳一。終戦直後の1946年には自らが編集者となって女性誌『それいゆ』を創刊。続いて『ひまわり』『ジュニアそれいゆ』を発刊し、夢を忘れがちな時代の中で、ファッション(外見)だけではなく心も「美しくあれ」と女性たちに生きる道筋を示しカリスマ的な存在となった。ここでは、中原淳一のパーソナリティとともに主に戦前の雑誌『少女の友』での活躍を中心に書籍や原画で紹介します。


<主な展示品>
・『それいゆ』『ひまわり』『ジュニアそれいゆ』雑誌現物・表紙絵原画
・プロフィール(写真・年表etc)
・戦前の活躍~雑誌『少女の友』~ 『少女の友』雑誌・付録 現物

ZONE2:中原が伝えた様々な”美”

異なる世代をターゲットにして創刊された各雑誌。それぞれの世代に響くように「美しく生きる」術を伝えた中原淳一。無理せず実用的に取り入れられる方法を提案したことが、当時の女性たちから支持を受けた最大の要因でした。ここではジャンルごとにまとめて紹介します。

〇ファッションスタイル
〇ライフスタイル
〇パリからの寄稿
〇装画/挿絵/シルエット(影絵)


<主な展示品>
・それぞれの雑誌に掲載されたスタイル画の原画や印刷物。
・それぞれの雑誌に掲載された、生活を楽しく、美しくするための工夫の提案(原画/印刷物)
・原画(単行本表紙や挿絵など)
・トピックス「中原淳一と宝塚歌劇と手塚治虫」

中原淳一の妻は戦前の宝塚歌劇男役のトップスター、葦原邦子。
中原と手塚、直接面識はなかったようだが「宝塚歌劇団」を通した接点を紹介。


ZONE3:現代にも響くメッセージ

終戦直後の荒廃した時代に、「暮らしもファッションも心も“美しくあれ”」と発信し続けた中原淳一。一方、同じく戦後からマンガを描き続けた手塚治虫。同時期に多くの作品を送り出した二人のアーティストからのメッセージは時代を超え、今この状況下にも通じるものがあります。こちらではそんな中原からのメッセージとともに、手塚の女性に向けたメッセージや作品を紹介します。


<主な展示品>
・中原淳一からのメッセージ
メッセージ紹介(例「女らしさということ」ジュニアそれいゆ 1957年9月号)
中原イラストを元にデザインされた衣装(受注生産品)と、同じデザインをモデルにしたスーパードルフィー®(人形)の展示。

・手塚治虫からのメッセージ
メッセージ紹介(「若い女性へのメッセージ」PHP臨時増刊号 1983年3月1日発行)
ドレスを着用した女性が描かれたシーンを中心に作品紹介(直筆原稿)
(「リボンの騎士」「ブラック・ジャック」「ユニコ」「ルードウィヒ・B」)
サファイアをモデルにしたスーパードルフィー®(人形)…本邦初公開

施設概要

宝塚市立手塚治虫記念館

手塚マンガを再現した館内で、マンガやアニメ、アニメ制作体験などをお楽しみください。
さぁ!「リボンの騎士」王宮風エントランスホールから手塚治虫の世界へ!

 

開館時間 9:30~17:00(入館は16:30まで)
休館日 毎週水曜日(祝日と重なる11/3・2/23は開館)、その他臨時休館あり
所在地 〒665-0844
兵庫県宝塚市武庫川町7-65

料金(税込)

大人 ¥700
学生(中学生・高校生) ¥300
小人(小学生) ¥100
Lコード 59988
宝塚市立手塚治虫記念館
宝塚市立手塚治虫記念館