【インタビュー】sumika

2023/7/15(土)

sumika

10月から全国ライブハウスツアー開催!

今年、sumikaは結成10周年を迎えた。今はアリーナ級のビッグなバンドになっているが、その歩みは決して順風満帆ではなく、むしろ激しい風雨に揺さぶられ続けた波乱万丈なものだ。しかしバンドはすべての喜怒哀楽をたくましく乗り越えてここにいる。5月14日、満員の観客に見守られた横浜スタジアムでの記念ライブは、メンバーとファンの強い絆を結び直すような、とてもエモーショナルなライブになった。

片岡健太/Vo&G「(横浜スタジアムは)これまでの10年間、自分たちがどんな風にバンドを歩んできたのかがわかるような時間でした。自分たちのライブは一生自分の目で見ることは叶いませんが、客席を見た時に『きっとこれが自分たちなんだろうな』と鏡を見ているような感覚になる不思議な1日でした」

そして11年目に向かう最初のステップとして、届けられた新曲「Starting Over」。TVアニメ『MIX MEISEI STORY~二度目の夏、空の向こうへ~』のオープニングテーマでありつつ、バンドの新たな決意を歌い込んだ前向きな歌詞と音がとても印象的な1曲。10周年にして「Starting Over」=最初からやり直す、というタイトルを掲げた動機は何だったのだろう?

片岡「これはまず前作のフルアルバム『For.』のテーマが『終わらせること』だったことに起因しています。前作で明確に自分たちのチャプターを区切ったことによって、11年目の1歩目を歩き出すつもりで「Starting Over」というタイトルをつけました。そして、2019年に一度ご一緒したアニメ『MIX』ともこの曲で再出発できるということで幸せな因果を感じながら制作を進めていきました」

アレンジは、今回が初の組み合わせとなるトオミヨウとのコラボレーション。ストリングスやコーラスをたっぷりと取り入れた分厚いサウンドが、バンドの新たな旅立ちを祝福するかのように力強く響いてくる。

片岡「トオミさんに編曲していただいたことによって、楽曲の風力のようなものが格段に上がったなと感じました。それは音楽的にはストリングスのアレンジなのかもしれないし、精神的にはメンバーが作ったラインはすべてそのまま生かしてくれた風通しの良さからくるのかもしれません」

そしてリリースのあとにはツアーが待っている。それも、今年から来年にまたがる二つのツアーを同時発表するという、大胆不敵なチャレンジだ。10月から12月にかけて日本中のライブハウスをくまなく回る「Live Tour 2023『SING ALONG』」と、2024年4月に大阪、福岡、横浜で開催されるアリーナツアー「Live Tour 2024『FLYDAY CIRCUS』」。それぞれのツアータイトルに込めた意味、演出や選曲の違いなど、彼らの頭の中にどんなアイディアが詰まっているのか、興味津々だ。

片岡「いろいろなルールが緩和されてきたことによって、客席に歓声が帰ってきました。2020年以降に僕たちを知ってくださった方にとっては客席から歌声が聴こえてくる状況はとても不思議な感動があるはずです。2020年以前からライブを見てくださっていた方にとってはライブ会場が元通りに…なるかと思いきや僕はそうならないと思っています。おそらく2020年から2023年の様々なルールの中で見つけてきた楽しみも今年からはすべて投入していくと思うので、きっと誰も知らない時代がやってくるはずです。以前以後といったワードを完全に撤廃すべく、まずは『SING ALONG』でしっかりと歓声を客席に帰して、『FLYDAY CIRCUS』では会場の全員が誰も知らない時代のライブの楽しみ方を見つけて帰ってもらえるようなライブを作ります。2つのツアーロゴに入っているペンギンがストーリーを作る上でいい仕事をしてくれるんじゃないかなと思っているのですが、詳しいことは会場でのお楽しみに」

振り返ればいつも、sumikaの活動の中心はライブであり、いくつかの転機や節目にも必ず印象的なライブがあった。その日、その場でしか味わえない生の感動。あらためて、sumikaにとって「ライブ」とはどんな場なのだろう?

片岡「あそこまで五感がフル稼働して受信できる場所を僕は知りません。狙っても二度と作れない音や演奏がステージにはあって、客席には二度と全員同じメンバーは揃わないだろうという一期一会が同じ曲を歌っている。外国のようでもあり、宇宙のようでもあり、よくわからないけれどなんかすごい場所です」

sumikaのツアーにはいつも、想像力をかきたてる仕掛けや伏線があり、それがまた次の活動へと繋がっていく。音楽の楽しさに壮大な演出や映像も含め、謎解きの快感も重ね合わせた唯一無二のライブ。何があっても止まらずに走り続ける、本当のsumikaの姿を確かめられるのはやはりライブのステージだ。

片岡「僕らはライブバンドだと自負しているので、ライブでお会いできる日を楽しみにしております。皆様もどうか身体には気をつけて。会える日を心から楽しみにしています!」

プロフィール

sumika/すみか

'13年に結成。バンド名は「さまざまな人にとって住処のような場所になってほしい」という願いを込めて名付けられた。

sumika

公演情報

sumika Live Tour 2023『SING ALONG』

  • 10/5(木)18:30 山口・周南RISING HALL
  • 10/7(土)17:00 BLUE LIVE HIROSHIMA
  • 10/8(日)16:00 BLUE LIVE HIROSHIMA
  • 10/13(金)18:30 新潟LOTS
  • 10/14(土)17:00 石川・金沢EIGHT HALL
  • 10/21(土)17:00 秋田Club SWINDLE
  • 10/22(日)16:00 青森Quarter
  • 10/28(土)17:00 香川・高松festhalle
  • 10/29(日)16:00 愛媛・松山WstudioRED
  • 11/3(金・祝)17:00 宮城・SENDAI GIGS
  • 11/4(土)16:00 宮城・SENDAI GIGS
  • 11/9(木)19:00 神奈川・KT Zepp Yokohama
  • 11/10(金)18:30 神奈川・KT Zepp Yokohama
  • 11/15(水)19:00 愛知・Zepp Nagoya
  • 11/16(木)18:30 愛知・Zepp Nagoya
  • 11/21(火)19:00 北海道・Zepp Sapporo
  • 11/22(水)18:30 北海道・Zepp Sapporo
  • 11/27(月)18:30 愛知・Zepp Nagoya
  • 11/29(水)19:00 Zepp Osaka Bayside
  • 12/1(金)19:00 Zepp Osaka Bayside
  • 12/2(土)16:00 Zepp Osaka Bayside
  • 12/7(木)19:00 Zepp Fukuoka
  • 12/8(金)18:30 Zepp Fukuoka
  • 12/15(金)19:00 Zepp Haneda(TOKYO)
  • 12/16(土)17:00 Zepp Haneda(TOKYO)

インタビュー・文/宮本英夫
構成/月刊ローチケ編集部 7月15日号より転載

お気に入り登録して最新情報を手に入れよう!

sumika

国内アーティスト