クラシック

ウクライナ5大歌劇場 《ガラ・コンサート》

2022.8.1(月) - 2022.8.7(日)
東京都・広島県・京都府
ウクライナ5大歌劇場 《ガラ・コンサート》

公演情報

ウクライナ全国から歌劇場トップスターが集結!!
キーウ、オデーサ、リヴィウ、ハルキウの5つの歌劇場のスター歌手たち

キーウのウクライナ国立歌劇場では、空襲の危険もあるなか5月21日、およそ3ヶ月ぶりに公演が再開されました。
しかし、ウクライナ各地の劇場の多くは公演が出来ない状態が続いており、再開の目処すら立たないところも多いといいます。
オデーサでは戦闘地域が今なお直ぐそばにあります。またハルキウの歌劇場のように空爆により劇場が破壊されてしまい、そもそもそこでの公演が不可能になってしまった所もあります。
このような危機的状況のなか、ウクライナを代表する5つの歌劇場が結束。各劇場より1名ずつスターソリストを抜擢し、万難を排して来日することとなりました。彼らが祖国の愛する劇場で歌ってきた、さまざまなオペラのなかの名アリア、そしてウクライナの民謡の数々を通じ、彼らの芸術への強い想いは日本各地に届くことでしょう。そしてベートーヴェン『第九』から《歓喜の歌》は日本の各都市の合唱団とともに歌います。これが日本とウクライナとの友好の架け橋となり、ウクライナの復興の足がかりとなることを強く願います。
本ツアーはチャリティであり、経費を引いた収益はすべてウクライナに寄付されます。また現在ウクライナでは60歳以下の男性は出国が認められておりませんが、本ツアーではゼレンスキー大統領の許可を得て来日いたします。


親愛なる日本の友人の皆様へ

わが国で起きている悲惨な出来事を受け、恒久的な平和への希求がかつてないほど世界中で高まっています。
音楽は平和の芸術であり、全ての壁を超えて、あらゆる国、人種、信条の人々をひとつにするものです。私たちの歌手たちが母国を代表して美しい日本で演奏できることは喜びであり、誉れでもあります。彼らの歌声は、東京、京都(キーウの姉妹都市)、横浜(オデーサの姉妹都市)、福島、広島、長崎、沖縄ほか日本各地に響き渡ります。過去の悲しい戦争の記憶を持つ日本の皆様方は、戦争で荒廃が続くなか芸術の灯火を守り続けている我が国の人々と共感を深めることでしょう。ウクライナにとって大きな危機であるこの時期における日本の支援に感謝するとともに、この類いまれな文化的な出会いを実現するため尽力されたすべての方々に感謝します。
キーウ、オデーサ、ハルキウ、リヴィウ、そしてキーウ・オペレッタというウクライナの5つの歌劇場をそれぞれ代表する歌手たちが、日本の音楽界に良き友たちを作ってくれることを願っています。
この催しが両国の友好の絆をさらに深め、将来の創造的協力の基盤となることを信じます。



ウクライナ文化情報政策大臣
オレクサンドル・トカチェンコ

出演

ウクライナ5大歌劇場のスターソリストたち:
エレナ・アルブゾバ(ソプラノ)/スザンナ・チャホヤン(ソプラノ)/タチヤナ・バフノブスカ(メゾソプラノ)/
オレグ・ズラコマン(テノール)/セルヒー・ザムビツキー(バス)

曲目予定

『カルメン』『椿姫』『トゥーランドット』などオペラ名曲
ウクライナ民謡、ウクライナ国歌、ベートーヴェン:第九より《歓喜の歌》ほか
『屋根の上のヴァイオリン弾き』より(※) ほか予定
※『屋根の上のヴァイオリン弾き』はウクライナを舞台にした大ヒットミュージカルです
※出演者やプログラムは予告なく変更となる場合がございます

公演日時・会場

8/1(月)19:00開演 東京・東京オペラシティコンサートホール
8/6(土)16:00開演 広島・広島文化学園HBGホール
8/7(日)14:00開演 京都・ロームシアター京都 メインホール

料金(税込)

全席指定\6,500

  • 未就学児入場不可
  • 止むを得ない事情により出演者・曲目・曲順が変更となる場合がございます
  • 開演時間を過ぎますと、指定のお席までご案内できない場合がございます
  • チケットご購入後のキャンセル、変更、払戻しはできませんのでご了承の上お買い求めください
  • 車椅子をご利用のお客様はチケット購入後、事前に各公演のお問い合わせ先へご連絡ください
  • 入場の際、マスクの着用、アルコール消毒、検温にご協力をお願い致します
  • 新型コロナウイルス感染症対策については、各会場のHP等でご確認下さい
  • 会場にウクライナ支援の寄付箱を設置いたします

購入方法

一般発売 6/11(土)10:00~
インターネット予約 チケット一覧よりお進みください
ウクライナ5大歌劇場 《ガラ・コンサート》
ウクライナ5大歌劇場 《ガラ・コンサート》