クラシック

銀河鉄道999 シネマ・コンサート -再演-

銀河鉄道999 シネマ・コンサート -再演- ©松本零士・東映アニメーション

公演情報

今年2月に開催し、大好評を博した「銀河鉄道999 シネマ・コンサート」。
既に東京では、6月に再演が開催されたが、関西地区での再演希望の熱い声にお応えし、大阪での再演が決定!
「シネマ・コンサート」とは、映画のセリフや効果音はそのままに、音楽パートをフル・オーケストラが大スクリーンでの映画全編上映に合わせて生演奏する、映画+コンサートをライブ感覚で体感できる贅沢なエンタテインメント。迫力の映像と音楽による圧倒的臨場感と没入感、新たな発見や感動体験が得られると好評を博している。
眼前でオーケストラが奏でる青木望作曲の叙情的な劇中曲の数々。大スクリーンに映える魅力溢れる登場人物と決して色褪せない壮大なスペースファンタジー。演奏は、栗田博文の指揮のもと、日本センチュリー交響楽団に、バンド・女性ボーカルが加わった豪華編成。さらには、誰もが聞き馴染みのあるタケカワユキヒデによる主題歌・挿入歌の生歌唱!
“今、万感の想いを込めて、汽笛が鳴る…”
コンサート会場ならではの大スクリーンとオーケストラの生演奏で贅沢に堪能いただくシネマ・コンサート!
ぜひ会場で、お楽しみください。

作品
『劇場版 銀河鉄道999』(1979年公開)

「銀河鉄道999」最初の劇場用長編。SFアニメブームを巻き起こした、日本アニメ史に残る珠玉の名作。 身体を機械に変えることで人間が永遠の命を手にした未来。機械の身体を買うことができない鉄郎は、機械の身体をタダでくれる星へ向かう銀河超特急999号に憧れていた。やがて母を機械伯爵に奪われた鉄郎は、謎の美女メーテルから999号のパスをもらい、ともに地球を旅立つ。旅の中のアンタレスや女海賊エメラルダス、キャプテン・ハーロックとその親友大山トチローとの出会いによって、鉄郎はたくましく成長していった。しかし、999号の最終駅には・・・。

原作者:松本零士

製作:東映アニメーション
配給:東映
企画・原作・構成:松本零士
製作総指揮:今田智憲
企画:有賀健・高見義雄
脚本:石森史郎
監修:市川 崑
監督:りんたろう
作画監督:小松原一男
美術:椋尾 篁・窪田忠雄
音楽:青木 望

【声の出演】

星野鉄郎:野沢雅子
メーテル:池田昌子
クレア:麻上洋子
車掌:肝付兼太
キャプテン・ハーロック:井上真樹夫
クイーン・エメラルダス:田島令子
大山トチロー:富山 敬
プロメシューム:来宮良子
ナレーター:城 達也

主題歌:『銀河鉄道999 / THE GALAXY EXPRESS 999』

挿入歌:『テイキング・オフ! / TAKING OFF!』 / ゴダイゴ

  • 上演時間:2時間30分(休憩20分込)

指揮

栗田博文

演奏

日本センチュリー交響楽団

スペシャルゲスト

タケカワユキヒデ

公演日 2022/1/9(日)
開場 / 開演 16:00 / 17:00
会場 大阪・フェスティバルホール
席種 / 料金(税込) S席 / ¥9,800
A席 / ¥7,800
  • 全席指定
  • 3歳未満のお子様のご入場はお断りさせて頂きます。

【シネマ・コンサート(シネオケ(R))とは…】

“大スクリーンでの映画全編上映×オーケストラ生演奏による音楽”でお届けする新たなスタイルのコンサートが「シネマ・コンサート(シネオケ(R))」。音声やセリフ、効果音はそのままに、劇中に流れる音楽パートをオーケストラが大スクリーンでの映画全編上映に合わせて生演奏する、映画をライブ感覚で体感できる最も贅沢な映画鑑賞スタイル。映像・音楽の迫力は、臨場感を増幅させ、記憶に残る名シーン・登場人物の心理模様までもがより鮮やかに響いてきます。大迫力の映像と音楽が新たな感動体験を呼ぶと公演を重ねるごとに多くのファンを築いています。
ヨーロッパやアメリカで人気を博し、日本では『ゴッドファーザー』『バック・トゥ・ザ・フューチャー』『E.T.』『インディ・ジョーンズ』『タイタニック』『ハリー・ポッター シリーズ』『美女と野獣』『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』『ラ・ラ・ランド』『スター・ウォーズ シリーズ』『ルパン三世 カリオストロの城』など、珠玉の名作が上演されてきました。

購入方法

一般発売

販売期間 10/30(土)10:00~
Lコード 51543
店頭購入 ローソン・ミニストップ店内Loppi
インターネット予約 チケット一覧よりお進みください
銀河鉄道999 シネマ・コンサート -再演- ©松本零士・東映アニメーション
銀河鉄道999 シネマ・コンサート -再演-