クラシック
東京二期会オペラ劇場「後宮からの逃走」

公演日:2018/11/22(木)~2018/11/25(日)

 

 ★NEWS★

 記者会見レポート掲載!
  詳細はこちら

 

東京二期会オペラ劇場「後宮からの逃走」

チケット情報

東京二期会オペラ劇場 NISSAY OPERA 2018 提携「後宮からの逃走」

オペラ全3幕 日本語字幕付き原語(ドイツ語)上演

台本:ゴットリープ・シュテファニー
作曲:ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト


公演スケジュール

2018/11/22(木) 18:30
2018/11/23日(金・祝) 14:00
2018/11/24(土) 14:00
2018/11/25(日) 14:00

開場は開演の30分前
上演予定時間:約3時間(休憩含む)

会場

日生劇場

料金(全席指定・税込)

S席15,000円 A席13,500円 B席9,000円 学生席2,000円

※学生席は二期会チケットセンター電話のみの取扱い
※未就学児入場不可

出演者

指揮:下野竜也
演出:ギー・ヨーステン
合唱:二期会合唱団
管弦楽:東京交響楽団

【配役】
 11/22(木)/24(土)11/23(金・祝)/25(日)
セリム 大和田伸也(全日出演)
コンスタンツェ 松永知史 安田麻佑子
ブロンデ 冨平安希子 宮地江奈
ベルモンテ 金山京介 山本耕平
ペドリッロ 升島唯博 北嶋信也
オスミン 加藤宏隆 斉木健詞

※やむを得ない事情により出演者が変更になる場合がございます。

セリム役に大和田伸也が決定

プロフィール

大和田伸也
 

早稲田大学在学中に演劇を始め、「劇団四季」を経てNHK朝の連続テレビ小説「藍より青く」で人気を得る。その後、「水戸黄門」などのテレビや映画「犬神の悪霊」、舞台「細雪」「王女メディア」、ミュージカル「アニー」など数多く出演。また、舞台演出や映画監督、エッセイストとしても活躍中。

二期会を「お気に入り登録」して最新情報を手に入れよう!

☆お気に入り登録

大和田伸也を「お気に入り登録」して最新情報を手に入れよう!

☆お気に入り登録

公演一覧

クラシック・オペラ 東京二期会オペラ劇場「後宮からの逃走」

公演日 会場 販売方法 受付期間 申込/詳細
2018/11/22(木) ~ 2018/11/25(日) 日生劇場(東京都) 先着一般発売

発売中

座席選択

2018/7/7(土) 10:00 ~ 2018/11/23(金) 23:29

申込はこちら

もっと見る +

クラシック・オペラ 東京二期会オペラ劇場「後宮からの逃走」

公演日 会場 販売方法 受付期間 申込/詳細
2018/11/22(木) ~ 2018/11/25(日) 日生劇場(東京都) 先着一般発売

発売中

座席選択

2018/7/7(土) 10:00 ~ 2018/11/23(金) 23:29

申込はこちら

もっと見る +

記者会見レポート

『後宮からの逃走』記者会見

11/22(木)から東京二期会が、モーツァルトのオペラ『後宮からの逃走』を日生劇場で上演する。本作品は、日生劇場の開場55周年を記念したNISSAY OPERA 2018モーツァルト・シリーズの掉尾を飾る公演だ。演出はメトロポリタン歌劇場をはじめ、世界各国のオペラハウスで数々の名舞台を生み出してきた、ベルギー出身のギー・ヨーステン。今回の舞台は新制作であり、11月22日の初日公演は日本から発信する「ワールド・プレミエ」という位置づけになっている。

公演を控えた11/2(金)に、ギー・ヨーステン来日記者会見が公演を後援するベルギー大使館にて行われた。

ヨーステンは、「他のモーツァルト作品と違って、ストーリーラインがとてもシンプル。しかし、シンプルだからつまらない、ということではない。『コジ・ファン・トゥッテ』や『フィガロの結婚』のように、“愛”がテーマ。離ればなれになった若い男女がお互いを探すラブ・ストーリーであり、そして自分探しの物語でもある。若者が大人になっていく過程にある、ミステリアスさや荒々しさなど、いろいろな要素が入っている」と本作の魅力を語った。

また、「オペラの初心者には、『魔笛』などがよいといわれているが、『後宮からの逃走』の方が最適。期待して観に来てほしい」と、これからオペラ・デビューをする人へもメッセージを送った。

記者会見には、太守セリム役でオペラ・デビューを果たす大和田伸也、そしてコンスタンツェ役の安田麻佑子、ブロンデ役の冨平安希子も登壇した。

大和田伸也は「まさかこの歳でオペラに参加できるとは夢にも思っていなかった。演出のヨーステン氏には“ダンディ”とは何かを教えてもらっている。日生劇場は、劇団四季時代に勉強し、育った場所であり、45年ぶりに我が家に帰ってきたようで、舞台に立つのが楽しみ」と意気込みを語った。

安田麻佑子は「大和田さんの演技を見て、コンスタンツェはセリムのこうした人間的魅力に惹かれたのではないかとストンと腑に落ち、演じるにあたってのヒントをもらえた」と語り、冨平安希子は「ヨーステン氏はドイツ語を母国語のように扱え、細やかなニュアンスや演技を根気よく指導してくれるおかげで、それぞれのキャラクターが際立ち、どんどん面白くなってきている」と、それぞれ充実した稽古場の空気を語った。

『後宮からの逃走』は11/22(木)~25(日)まで、全4公演。演出、キャスト共に、他にはない珠玉のプロダクションをお見逃しなく。