クラシック
ディズニー・オン・クラシック ~まほうの夜の音楽会 2018

ディズニー・オン・クラシック~まほうの夜の音楽会2018
Presentation licensed by Disney Concerts. © Disney

チケット情報

ディズニー・オン・クラシック ~ジルベスター・コンサート2018/2019 はこちら

 

 

ディズニー・オン・クラシック ~まほうの夜の音楽会 2018
Find Your Hero ~そして君のもとへ

ディズニー・アニメーションや映画、テーマパークの名曲たちを、フルオーケストラとニューヨークのヴォーカリストたちの生演奏でお贈りする、大人のための音楽会、ディズニー・オン・クラシック。

“Find Your Hero ~そして君のもとへ” をテーマにお贈りする、メイン演目『ヘラクレス』。

真のヒーロー像を追い求める冒険のストーリーが、音楽・歌・映像でエキサイティングに甦ります。

また、ミッキーマウスのスクリーンデビュー90周年を祝う特別企画や、『アラジン』『美女と野獣』『リトル・マーメイド』といった巨匠アラン・メンケンのセレクションなど、ディズニーの輝く名曲の数々を、たっぷりとお届けいたします。


プログラム

プログラム詳細が発表!詳細はこちら

公演スケジュール・料金(税込)

公演日/
開演(開場)
開催
都市
会場料金(税込)
2018/12/12(水)
19:00(18:00)
静岡 静岡市民文化会館 大ホール S席¥8,300 A席¥6,700
2018/12/14(金)
19:00(18:00)
岐阜 岐阜・長良川国際会議場メインホール S席¥8,700 A席¥6,700
B席¥5,200
2018/12/15(土)
18:00(17:00)
愛知 日本特殊陶業市民会館フォレストホール S席¥8,700 A席¥6,700
B席¥5,200
2018/12/16(日)
15:00(14:00)
愛知 日本特殊陶業市民会館フォレストホール S席¥8,700 A席¥6,700
B席¥5,200
2018/12/20(木)
19:00(18:00)
東京 東京国際フォーラム ホールA
【クリスマス・スペシャル】
【ファイナル・コンサート】
S席¥8,300 A席¥6,700
B席¥5,200
2018/12/21(金)
19:00(18:00)
東京 東京国際フォーラム ホールA
【ファイナル・コンサート】
S席¥8,300 A席¥6,700
B席¥5,200
2018/12/22(土)
18:30(17:30)
兵庫 神戸国際会館 こくさいホール
【ファイナル・コンサート】
S席¥8,700 A席¥6,700
2018/12/23(日・祝)
17:00(16:00)
大阪 フェスティバルホール
【クリスマス・スペシャル】
【ファイナル・コンサート】
S席¥8,700 A席¥6,700
B席¥5,200
2018/12/24(月・休)
15:00(14:00)
大阪 フェスティバルホール
【ファイナル・コンサート】
S席¥8,700 A席¥6,700
B席¥5,200

※スケジュールは変更の可能性がございます

 

ステージ写真(過去の公演より)

『ヘラクレス』より
写真:月刊「ディズニーファン」『ヘラクレス』より
『ヘラクレス』より
 
 
 
 
『美女と野獣』より

 

プログラム

“Find Your Hero~そして君のもとへ”

わたしたちは、尊敬やあこがれ、愛するものを求め、生きています。
流れ星に導かれるように、自らの生まれた意味を探す、ヘラクレス。
心の扉を開いて、自分自身に宿る愛と勇気に気づいたとき私たちの前にはまったく新しい世界が開けていることでしょう。
ディズニー・オン・クラシック2018は、『ヘラクレス』をメインに、アラン・メンケンの、夜空にきらめく星たちをちりばめたような名曲のセレクションやミッキーマウスのスクリーンデビュー90周年をお祝いする楽曲など、数々の名曲をお贈りします。


メインプログラム『ヘラクレス』より

“本当のヒーロー”を目指して数々の苦難が待ち構える修行へと旅立ったヘラクレスの愛と勇気の物語を、フルオーケストラの演奏とヴォーカリストたちの歌やダンス、そしてスクリーンに映し出されるアニメーションによるスペシャルな演出でお贈りいたします。

ゴスペル・トゥルース1(メイン・タイトル)
ゴー・ザ・ディスタンス
ゼロ・トゥー・ヒーロー
恋してるなんて言えない
本当のヒーロー~スター・イズ・ボーン ほか

世界初演!ミッキーマウス スクリーンデビュー90周年『蒸気船ウィリー』

1928年に公開され、ミッキーマウスが正式に映画デビューした短編映画。世界初!アニメーション映像とライブ演奏が見事にシンクロする瞬間をお楽しみください。「スチームボート・ビル」と「わらの中の七面鳥」という2曲から構成され、汽笛や口笛、ヤギの鳴き声など楽しい効果音に満ちた、約7分間の船旅です。

アラン・メンケンの名曲セレクション

『リトル・マーメイド』、『アラジン』、『美女と野獣』など数々のディズニー・アニメーション映画の音楽を生み出し、8回ものアカデミー賞受賞を誇る“ディズニー・レジェンド”、アラン・メンケン。各映画のハイライトばかりを詰め込んだ“ディズニー・オン・クラシック史上最も豪華なセレクション”(ブラッド・ケリー氏談)は、必見です。

パート・オブ・ユア・ワールド/「リトル・マーメイド」より
美女と野獣/「美女と野獣」より
ホール・ニュー・ワールド/「アラジン」より
カラー・オブ・ザ・ウィンド/「ポカホンタス」より

東京ディズニーリゾート®35周年“Happiest Cerebration”テーマソングBrand New Day

※東京ディズニーリゾート® 35周年“Happiest Celebration!”は2018年4月15日(日)から2019年3月25日(月)まで開催

東京ディズニーシー® アクアスフィア・プラザ~デイ

※「ミステリアス&ダークスペシャル」「クリスマス・スペシャル」は、「東京ディズニーシー® アクアスフィア・プラザ~デイ」が特別プログラムに変更となります。詳細は後日公開いたします

プロフィール

ブラッド・ケリー(指揮・編曲)/Brad Kelley
「ディズニー・オン・クラシック ~まほうの夜の音楽会」の第1回(2002年)より指揮・編曲をつとめ、15年間で通算600回を超えるコンサートを大成功へと導いてきた。ディズニーの多数プロジェクトに参加しており、東京ディズニーシー®のテーマソングをはじめ、「ミスティックリズム」「ドナルドのボートビルダー」「アンコール!」などの楽曲も氏が手掛けたもの。また、2001年に行われた東京ディズニーシーのグランド・オープニングでは、オーケストラを指揮した。
最近では、上海ディズニーランドのアトラクション楽曲も手掛けている。
来日回数は数え切れず、日本文化と日本食をこよなく愛している。

THE ORCHESTRA JAPAN(オーケストラ)/オーケストラ・ジャパン
2015年春の創立と共に「ディズニー・オン・クラシック ~春の音楽祭 2015」にてデビュー。その後「ディズニー・オン・クラシック」をはじめ、「ピクサー・イン・コンサート 2016」「オリンピックコンサート」、「『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』フィルム∞オーケストラ」など、ジャンルや既存のオーケストラの在り方にとらわれることなく、音楽への情熱をひたむきに表現する姿勢と演奏で大反響をよぶ。
ディズニーへの溢れんばかりの愛と、突き抜けた表現力が紡ぎ出す、夢と希望に満ちたオーケストラ・ジャパンの演奏をお楽しみください!

ささきフランチェスコ(ナビゲーター)/Francesco Sasaki
ラジオのDJを始め、テレビ番組やCMのナレーション、石井竜也コンサートにおけるMCなど幅広く活動。2008年より「ディズニー・オン・クラシック ~まほうの夜の音楽会」のナビゲーターを務める。

記者会見レポート

写真左:ブラッド・ケリー氏 写真右:リチャード・カーシー氏
Presentation licensed by Disney Contents. © Disney

ブラッド・ケリー氏、勇退と新指揮者就任を発表

東京ディズニーシー®テーマソングや、ショーの音楽を手掛け、2001年に行われた東京ディズニーシーのグランド・オープニングで指揮も務めたディズニー音楽のエキスパート、ブラッド・ケリー氏は、「ディズニー・オン・クラシック~まほうの夜の音楽会」の第1回(2002年)より指揮・編曲をつとめ、15年間で通算650回ものコンサートを大成功へと導いてきました。このたび、2018年9月~12月に開催される全国ツアーをもって、本公演の指揮者を勇退することを発表いたしました。今後、ジャズを中心とした新しいディズニーコンサート、「ディズニー・ワールド・ビート!」の本格始動に向けて、準備を進めており、2019年4月、東京・名古屋・大阪で開催を予定していることを発表しました。

なお、「ディズニー・オン・クラシック」の新しい指揮者には、ニューヨークを中心に、指揮者、編曲者、ピアニスト、俳優として幅広く活躍しているリチャード・カーシー氏が就任します。リチャード・カーシー氏は、ミュージカル『オペラ座の怪人』のブロードウェイ公演および全米ツアーの指揮者を務めるほか、数々のブロードウェイ・ミュージカルの音楽監督や、オーケストラを指揮した経験を持っており、2016年からは、「ディズニー・オン・クラシック」のヴォーカリスト達の音楽ディレクターも担当しています。

メイン演目に、初の『ヘラクレス』

ブラッド・ケリー氏がラストツアーのメイン演目に選んだのは、巨匠アラン・メンケンが音楽を手掛け、壮大でソウルフルな名曲が詰まったミュージカル仕立てのアニメーション映画『ヘラクレス』。"本当のヒーロー"を目指して数々の苦難が待ちかまえる修行へと旅立ったヘラクレスの愛と勇気の物語が、フルオーケストラの演奏とヴォーカリストたちの歌やダンス、そしてスクリーンに映し出されるアニメーションによるスペシャルな演出で甦ります。 「ゴー・ザ・ディスタンス」「ゼロ・トゥー・ヒーロー」「恋してるなんて言えない」「スター・イズ・ボーン」など、聴きどころが満載です。

また、ミッキーマウスのスクリーンデビュー90周年をお祝いし、『蒸気船ウィリー』全編を生演奏でお楽しみいただける特別企画や、『アラジン』『美女と野獣』『リトル・マーメイド』といった巨匠アラン・メンケンのマスターピースを集めた豪華なセレクションなど、ディズニーの輝く名曲の数々を、たっぷりとお届けいたします。

ディズニー・オン・クラシックを「お気に入り登録」して最新情報を手に入れよう!

☆お気に入り登録

ブラッド・ケリーを「お気に入り登録」して最新情報を手に入れよう!

☆お気に入り登録