鉄道博物館

鉄道博物館

鉄道博物館とは

鉄道博物館は、日本及び世界の鉄道に関わる遺産・資料に加え、
国鉄改革やJR東日本に関する資料を体系的に保存し、
調査研究を行う施設です。
鉄道システムの変遷を、車両等の実物展示を柱に、それぞれの時代背景等を交えながら、
産業史として物語る「歴史博物館」です。
鉄道の原理・仕組みと最新(将来構想を含む)の鉄道技術について、
模型やシミュレーション、遊戯器具等を活用しながら、体験的に学習する「教育博物館」としての性格も持ち合わせます。

2018年7月5日(木)10:00に、新館がオープン!

新館には、鉄道の「仕事」「歴史」「未来」をテーマとした3つの展示ゾーンを設け、
現在の鉄道の「仕事」を伝え、「歴史」を紐解き、鉄道の「未来」を創造する、
多彩な切り口で人と鉄道の豊かな物語を展開します。

鉄道博物館 新館

写真提供 :鉄道博物館

■料金(税込)

  • 一般 ¥1,200
  • 小中高生 ¥500
  • 幼児(3歳以上未就学児) ¥200

チケットはすべて日付指定制です。

開館時間:10:00~18:00(入館は17:30まで)
休館日:毎週火曜日、年末年始
※学校の長期休暇期間の火曜日は営業する場合があります。詳しくは鉄道博物館ホームページ(http://www.railway-museum.jp/)をご覧ください。
【お問合せ】鉄道博物館 048-651-0088

【注意事項】
※指定日以外はご入館いただけません。
※3歳未満入館無料
※チケットは引換券です。
鉄道博物館エントランスカウンターにてお引換えください。
なお、チケットをお持ちのお客様も、当日券をその場でお買い求めのお客様も
同じ列でご案内いたします。専用の窓口はございませんので、あらかじめご了承ください。

所在地 〒330-0852 埼玉県さいたま市大宮区大成町3丁目47番
アクセス <電車でお越しの場合>
JR大宮駅よりニューシャトル
「鉄道博物館(大成)駅」下車、徒歩1分

<自動車でお越しの場合>
首都高速埼玉新都心線「新都心西出入口」より約4km
首都高速埼玉大宮線「与野出入口」より約5km
東北道「岩槻IC」より約9km
首都圏中央連絡自動車道「桶川北本IC」より約15km ※
【現地までの行き方】
国道17号線(中山道)に入り「大成三丁目」交差点を右に曲がり、直進。※「桶川北本IC」から来る場合は左に曲がり、直進。
高架手前の「鉄道博物館(大成)駅」交差点を左折すると、右手に鉄道博物館(大成)駅、その先に鉄道博物館と専用駐車場があります。

発売情報

11月1日(木)~30日(金)入場分 12月1日(土)~28日(金)入場分 2019年1月2日(水)~31日(木)入場分
販売期間 10月1日(月)~11月29日(木) 11月1日(木)~12月27日(木) 12月1日(土)~2019年1月30日(水)
Lコード 39011 39012 39001
店頭販売 ローソン・ミニストップ店頭Loppiにて
インターネット予約 お申込みはこちら お申込みはこちら お申込みはこちら

鉄道博物館のチケットページをご覧の皆様へ

ローチケ(ローソンチケット)では、鉄道博物館のチケットの予約、購入ができます。
そのほか、コンサート、スポーツ、演劇、クラシック、イベント、レジャー、映画などのチケット情報・販売・予約とファンクラブの入会の案内・登録ができる総合エンタテイメント情報サイトです。
一般発売はもちろん、無料会員でもエントリーできる先行チケットやローチケでしか取り扱っていないチケット、プレゼント情報を多数取りそろえています。チケット購入がはじめての方も安心のご利用ガイドも充実!