クラシック
パーヴォ・ヤルヴィ&N響『ウエスト・サイド・ストーリー』<演奏会形式>

公演日:2018/3/4(日)~2018/3/6(火)

パーヴォ・ヤルヴィ&N響『ウエスト・サイド・ストーリー』<演奏会形式>
(C)Kaupo Kikkas

チケット情報

バーンスタインに薫陶を受けたパーヴォ・ヤルヴィが、
恩師の生誕100周年記念の決定版として臨むコンサート!!
 
レナード・バーンスタイン生誕100周年記念
パーヴォ・ヤルヴィ&N響『ウエスト・サイド・ストーリー』<演奏会形式>
コンプリート・ブロードウェイ・スコア版(原語上演・字幕付き)


指揮:パーヴォ・ヤルヴィ(N響首席指揮者)
管弦楽:NHK交響楽団

マリア:ジュリア・ブロック
トニー:シャイアン・ジャクソン
アニータ:アマンダ・ボトムス
リフ:ケヴィン・ヴォートマン
ベルナルド:ケリー・マークグラフ
A Girl:アビゲイル・サントス・ヴィラロボス ほか

 

20世紀を代表する偉大な指揮者であり、作曲家であった、レナード・バーンスタインの生誕100周年を記念して、来年3月に、パーヴォ・ヤルヴィとNHK交響楽団が、彼の代表作である『ウエスト・サイド・ストーリー』全曲を演奏会形式で上演する。メイン・キャストにはアメリカのオペラハウスやブロードウェイで活躍する若手実力派歌手たちが招かれる。

ヤルヴィは、名指揮者ネーメ・ヤルヴィの息子としてエストニアに生まれ、これまでにシンシナティ交響楽団、フランクフルト放送交響楽団、パリ管弦楽団などの音楽監督や首席指揮者を歴任。2015年からN響の首席指揮者を務めている。青年時代、ヤルヴィは、ロサンゼルスでのマスタークラスでバーンスタインに指揮を学んだ。
「バーンスタインのマスタークラスでは、緊張して、手の震えが止まらなかったのを覚えています。子供の頃からのアイドルであったバーンスタインが横に立っているのが信じられませんでした。彼は、ポジティヴで、励ましてくれる、とても良い先生でした。いくつになっても好奇心旺盛で、生徒に質問をやめませんでした。彼からは音楽への姿勢を学びました」
晩年、指揮者として頂点を極めたバーンスタインだが、若い頃は、『ウエスト・サイド・ストーリー』を作曲するなど、ブロードウェイの寵児でもあった。
「『ウエスト・サイド・ストーリー』は、最高のミュージカルであると同時に最高のオペラでもあると思います。とにかく、音楽の質の高さが凄い。ジャズやラテン音楽の使い方が素晴らしく、様々な音楽的要素をひとつの作品にまとめたバーンスタインは天才ですね。まさに唯一無二の傑作です。この音楽ではスウィングしなければなりません(ジャズ的な意味ではありませんよ)。N響があまり演奏してこなかったレパートリーですが、才能豊かな彼らなら大丈夫です。高いレベルの演奏が期待できます。20世紀最高の舞台音楽のひとつですから、ぜひ、ホールに来て、体験してください!」



◆パーヴォ・ヤルヴィ(指揮)
2015年9月のNHK交響楽団首席指揮者就任以来、パーヴォ・ヤルヴィは、その幅広いレパートリーと既成概念にとらわれない作品の解釈や、今の時代を感じさせる演奏でオーケストラに新しい息吹をもたらし、多くのファンを魅了している。今春のN響とのヨーロッパ・ツアーでは、ベルリン、ロンドン、ウィーンをはじめとする各地で大成功を収めた。また本年5月から6月にかけて、モーツァルト/歌劇『ドン・ジョヴァンニ』で、ミラノ・スカラ座にデビュー。9月には同曲をN響特別公演で指揮、高い評価を得ている。今回の『ウエスト・サイド・ストーリー』は、これに続く、オペラ・プロジェクトで、1980年の渡米後、ロサンゼルス・フィルハーモニックの指揮者コースで師事した恩師、バーンスタインへの思いを込めた情熱的な演奏が期待される。これまでにシンシナティ交響楽団音楽監督、hr交響楽団(フランクフルト放送交響楽団)首席指揮者、パリ管弦楽団音楽監督などを歴任し、現在ドイツ・カンマーフィル芸術監督、エストニア国立交響楽団の芸術顧問の任にある。ベルリン・フィル、ウィーン・フィル、ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団をはじめとする欧米の著名オーケストラにも客演を重ね、世界的に活躍。1962年12月30日、ソビエト連邦タリン生まれ。


◆NHK交響楽団
NHK交響楽団の歴史は、1926年にプロ・オーケストラとして結成された新交響楽団に遡る。その後、日本交響楽団の名称を経て、1951年NHK交響楽団と改称。今日に至るまで、カラヤン、アンセルメ、カイルベルト、マタチッチなど世界一流の指揮者を次々と招聘し、歴史的名演を残している。 近年N響は、年間54回の定期公演(NHKホール、サントリーホール)をはじめ、全国各地で約120回の演奏活動を行っている。また、2013年8月にはザルツブルク音楽祭に初出演、2017年春にベルリン、ウィーンをはじめ、ヨーロッパ主要7都市で公演を行うなど、その活動ぶりと演奏は国際的にも高い評価を得ている。 現在N響が擁する指揮者陣は、首席指揮者パーヴォ・ヤルヴィ、名誉音楽監督シャルル・デュトワ、桂冠名誉指揮者ヘルベルト・ブロムシュテット、桂冠指揮者ウラディーミル・アシュケナージ、名誉客演指揮者アンドレ・プレヴィン、正指揮者 外山雄三、尾高忠明。

 

◆【マリア】ジュリア・ブロック
イーストマン音楽学校で学士号、バード大学のGraduate Vocal Arts Programで修士号、ジュリアード音楽院でアーティストディプロマを取得。今シーズンは、『Girls of the Golden West(西部の娘)』(ジョン・アダムス作曲/ピーター・セラーズ台本)のワールド・プレミアでサンフランシスコ・オペラにデビュー、オランダ国立オペラにて、アイヴォー・ボルトン指揮/サイモン・マクバーニー演出の『放蕩息子の遍歴』に出演、ピーター・セラーズ新演出の『ドクター・アトミック』(ジョン・アダムス作曲)キティー・オッペンハイマー役でサンタフェ・オペラにデビュー。 また、ボストン交響楽団の今シーズンのオープニングを飾る『バーンスタイン・ガラ』(アンドリス・ネルソンス指揮)や、グスターヴォ・ドゥダメル指揮/ロサンジェルス・フィルハーモニックにおける『魔笛』(モーツァルト)のパミーナ役にも抜擢されている。

 

◆【トニー】シャイアン・ジャクソン
グラミー賞ノミネートの俳優、歌手、ソングライターであり、近年はFX Network「アメリカン・ホラー・ストーリー」に出演。2014年まで出演していた『The Most Happy Fella』で高い評価を得る。2012年秋、『The Performers』でブロードウェイ主演。 ブロードウェイ、オフ・ブロードウェイにて、『8』、『Finian’s Rainbow』(ドラマデスク賞ノミネート)、『くたばれヤンキース』、『ザナドゥ』(ドラマ・リーグ賞、ドラマデスク賞ノミネート)、『The Agony & the Agony』、『All Shook Up』(シアター・ワールド賞、ドラマ・リーグ賞、アウター・クリティクス・サークル賞ノミネート)、『Altar Boyz』初演キャスト、『アイーダ』、『モダン・ミリー』、『20世紀号に乗って』、『24Hour Plays』などに出演。

 

◆【アニタ】アマンダ・リン・ボトムス
ニューヨーク・タイムズが「魅力的な声」と称賛したギリシア・アフリカ系アメリカ人メゾソプラノ。フィラデルフィアを拠点に活動。カーティス音楽学校オペラ・シアターのプロフェッショナル・オペラ・スタディ修了見込。西ニューヨーク出身。ニューヨーク州立大学フレドニア校でローリー・トラムタに師事、Music Performance学士号を取得。これまでに、デトロイト交響楽団、シャトークア交響楽団、NY Cecilia合唱団、ジュリアード交響楽団等と共演。これまでにラヴェル『スペインの時』Concepción、ヘンデル『ジュリアス・シーザー』セスト、モンテヴェルディ『ウリッセの帰還』ペネロペ等。カーティス・オペラ・シアター2017-2018シーズンには、『Impressions de Pelléas』ジュヌヴィエーヴ役、『エフゲニー・オネーギン』オリガとフィリピエヴナの二役、『霊媒』フローラ役で出演。

 

◆【ベルナルド】ケリー・マークグラフ
ボストン大学、シンシナティ大学音楽学院、ジュリアード音楽院の学位を取得。 これまでにグスターヴォ・ドゥダメル、シャルル・デュトワ、アラン・ギルバート、マイケル・ティルソン・トーマス等の指揮者、また、ニューヨーク・フィルハーモニック、ボストン交響楽団、ロサンジェルス・フィルハーモニックをはじめとする国内有数の交響楽団と共演。 2017年、サンタフェ・オペラ『The(R)evolution of Steve Jobs』にポール・ジョブス役で出演。また、Laura Kaminskyの『As One』でHannah-Beforeを演じ、BAMでの初演ネ来、コロラド・オペラでの再演を含め3回にわたり同役で出演。2018-19シーズンは、ジャンカルロ・ゲレロ指揮、ナッシュビル・シンフォニーとのジョン・ハリソン作曲『レクイエム』・「界初演CDがリリース予定。

公演一覧

クラシック・オペラ パーヴォ・ヤルヴィ&N響『ウエスト・サイド・ストーリー』<演奏会形式>

公演日 会場 販売方法 受付期間 申込/詳細
2018/3/4(日)・2018/3/6(火) Bunkamuraオーチャードホール(東京都) 先着一般発売

発売中

座席選択

2017/11/5(日) 10:00 ~ 2018/3/2(金) 23:29

申込はこちら

もっと見る +

クラシック・オペラ パーヴォ・ヤルヴィ&N響『ウエスト・サイド・ストーリー』<演奏会形式>

公演日 会場 販売方法 受付期間 申込/詳細
2018/3/4(日)・2018/3/6(火) Bunkamuraオーチャードホール(東京都) 先着一般発売

発売中

座席選択

2017/11/5(日) 10:00 ~ 2018/3/2(金) 23:29

申込はこちら

もっと見る +