演劇
舞台『東京喰種』 ~或いは、超越的美食学をめぐる瞑想録~

舞台『東京喰種』新作
©石田スイ/集英社
©舞台『東京喰種トーキョーグール』製作委員会

チケット情報

舞台『東京喰種トーキョーグール』~或いは、超越的美食学をめぐる瞑想録~

“人間”と“喰種”、二つの世界に触れていくカネキ。彼の眼に映るのは絶望か、それとも―――。

NEWS
◆5/27(土)12:00よりグッズの事前先着販売開始!

【Aセット】・・・¥10,700(税込)
パンフレット(¥2,100)
ブロマイド8人全員セット(¥1,600)
個人セット5人セット(¥3,000) (¥600×5種)
チェンジング缶バッジコンプリートセット(¥4,000)(¥500×8種)

Bセット】・・・¥8,000(税込) 
トレーディングブロマイドセット(¥200×40枚セット)
※ランダムで封入されているため、重複する場合があり、全ての種類が揃う訳ではございません。


※商品のお渡しは、劇場のグッズ引換コーナーでのお渡しとなります。郵送などでの商品お渡しは一切承ることが出来ませんので、ご了承ください。
※PC・携帯からのお支払方法はクレジットカードのみとなります。

販売期間:5/27(土)12:00~6/1(木)23:00
Lコード:32143
店頭販売:有り
インターネット購入:お申込はこちら 

 

STORY:

「あんていく」で働き始めたカネキの前に、“美食家(グルメ)”と呼ばれる喰種・月山習が現れた。月山を警戒するトーカは、カネキに「あいつとは関わらない方がいい」と釘を刺す。しかし、月山はカネキの特殊な「におい」に目をつけ、再び接触を図る。誘われるがまま、「喰種レストラン」へと足を運ぶカネキ。その先で見たのは、衝撃的な“喰種”の世界だった。

 

一方、カネキとの戦いで怪我を負ったニシキは、傷が癒えず苦しんでいた。傍に寄り添うのは、人間の恋人・貴未。ヒデを殺そうとしたニシキを知るカネキは、疑問に思う。人間を食い物としてしか見ていなかったニシキにとって、彼女はどういう存在なのか?

 

“人間”と“喰種”、二つの世界に触れていくカネキ。彼の眼に映るのは絶望か、それとも―――。

 

原作:石田スイ『東京喰種トーキョーグール』 (集英社「週刊ヤングジャンプ」連載)

演出:茅野イサム

脚本:御笠ノ忠次

 

CAST:

金木 研 役:松田凌

西尾 錦 役:鈴木勝吾

霧嶋董香 役:田畑亜弥

ウタ 役:村田充

四方蓮示 役:吉田友一

西野貴未 役:山谷花純

芳村 役:加藤忠可

イトリ 役:富田麻帆

月山習 役:佐々木喜英

 

and more・・・

 

 

≫松田凌 インタビュ-が到着!詳しくはこちら

関連するタグ