演劇
『クヒオ大佐の妻』

『クヒオ大佐の妻』
©2017『クヒオ大佐の妻』/ヴィレッヂ

イベント情報

『クヒオ大佐の妻』


果たして嘘か、狂気の沙汰か

初めての時は無理矢理、それからつきあって、
ちょっと歯向かったら半殺しにされて、
その後またすごく優しかったけど最近はなんとなく冷たい、その男。
男は空を飛ぶ。
世界平和とか帝国の覇権とかのため?嘘ばっかり。
それでも女は待つ。待ち続ける。
憎くてたまらないのに忘れられないから。
体の中に巣食った真空がどんどん大きくなるから。

『クヒオ大佐』とは、1970年代から90年代にかけて、アメリカ空軍のパイロットと称して
女性たちを騙し続けた伝説の結婚詐欺師。カメハメハ大王とエリザベス女王を親戚に持つ
「ジョナサン・エリザベス・クヒオ大佐」を名乗った、実在する日本人である。


作・演出:吉田大八

出演:宮沢りえ 岩井秀人 川面千晶 水澤紳吾

関連するタグ