演劇
DANCE DANCE ASIA ーCrossing the Movements 東京公演2018

公演日:2018/3/23(金)~2018/3/25(日)

DANCE DANCE ASIA ーCrossing the Movements 東京公演2018

チケット情報

DANCE DANCE ASIA ーCrossing the Movements 東京公演2018

 アジアのストリート発、新たな表現を拓くダンス
「ダンス・ダンス・アジア ~クロッシング・ザ・ムーヴメンツ~東京公演 2018」開催決定!

 

DANCE DANCE ASIAは、舞台芸術の「新しい表現手法」としてここ数年来、高い関心が寄せられているストリートダンスを軸としたパフォーミングアーツ作品を制作するプロジェクトです。プロジェクトの実施を通して、アジア域内の交流促進と新たな文化の創造を目指すべく、2014年にスタートしました。
2015年、2016年と東京および東南アジア各地で公演を重ね、国内外の様々なメディアで取り上げられるなど、意欲的な作品発表と文化交流の場は年々注目を集めています。

4年目を迎えた今回の公演は、フィリピンからVince Mendoza(ヴィンス・メンドーザ)、日本から黄帝心仙人(こうていせんにん)、そして、インドネシアからHamdi Fabas(ハムディ・ファバス)の3人を演出・振付家として起用、多国籍で構成される気鋭のダンサーたちとともに、多彩な表現力と卓越したテクニック、音楽が融合された3作品を披露します。

Vinceの作品『Hilatas<君を導く光>』は、2016年12月にDANCE DANCE ASIA東京公演で初演した同名作品の長編化。作品の芸術性と円熟味を更に深めるため、今回はピナ・バウシュ ヴッパタール舞踊団出身の世界的なダンサー・振付家で、日本の演劇界にも繋がりの深いFabien Prioville(ファビアン・プリオヴィル)を振付補佐・ドラマトゥルクとして起用します。

カンヌ国際広告賞をはじめとして前人未踏の23タイトルを自身が振付・出演したユニクロのTVCMで獲得した気鋭のクリエイター黄帝心仙人、インドネシアのダンス・アイコンとして名高いHamdi Fabasの作品と共に、パフォーミングアーツの新たな頂きと文化交流の最新ムーヴメントを東京で披露します。ぜひ、劇場でご覧ください。

 

演出・振付from フィリピン

<振付・演出>

Vince Mendoza(ヴィンス・メンドーザ)
振付/演出補佐 ドラマトゥルク

Fabien Prioville(ファビアン・プリオヴィル)

 

from 日本

<振付・演出>
黄帝心仙人(こうていせんにん)

 

from インドネシア

Hamdi Fabas(ハムディ・ファバス)

 

※車イスでご来場予定のお客様は、ご購入席番号を公演前日までにパルコステージにご連絡ください。
※お一人様につきチケット1枚が必要です。
※3歳未満のお子様のご入場はお断りさせて頂きます。
※子ども券は、一般券をお持ちの方の同伴が必要です。子ども券をお持ちの方のみでのご入場はできません。

公演一覧

クラシック・オペラ DANCE DANCE ASIA -Crossing the Movements 東京公演2018

公演日 会場 販売方法 受付期間 申込/詳細
2018/3/23(金) ~ 2018/3/25(日) 東京芸術劇場 シアターイースト(東京都) 先着一般発売

発売中

2017/12/2(土) 10:00 ~ 2018/3/21(水) 23:29

申込はこちら

もっと見る +

クラシック・オペラ DANCE DANCE ASIA -Crossing the Movements 東京公演2018

公演日 会場 販売方法 受付期間 申込/詳細
2018/3/23(金) ~ 2018/3/25(日) 東京芸術劇場 シアターイースト(東京都) 先着一般発売

発売中

2017/12/2(土) 10:00 ~ 2018/3/21(水) 23:29

申込はこちら

もっと見る +