ONWARD presents 劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season花 Produced by TBS

第2弾シーズン≪鳥≫

公演期間・キャスト発表!
第2弾シーズン≪鳥≫公演期間・キャスト発表!
公演期間
2017年6月27日(火)~9月1日(金)
出演
阿部サダヲ 森山未來 早乙女太一/松雪泰子/
粟根まこと 福田転球 少路勇介 清水葉月/
梶原善/池田成志 他

ONWARD presents 劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season花 Produced by TBS

新劇場、新演出、新キャストで新たな伝説が誕生する!

一般発売

発売日時:発売中

お申込はこちら

【電話予約】
0570-000-407(オペレーター 10:00~20:00)、0570-084-003(音声自動応答 Lコード:37360)

【店頭販売】
ローソン・ミニストップ店頭(Loppi)

インタビュー&レポート

中島かずきインタビュー〈後編〉

2017年春、豊洲にオープンする「IHIステージアラウンド東京」という新しい劇場で、3月より劇団☆新感線『髑髏城の七人』のロングラン公演が行われる。通算六度目の上演となる文字通り「代表作」に関して、劇団の座付き作家である中島かずきに胸の内を訊いた。

続きを読む(演劇宣言へ)




中島かずきインタビュー〈後編〉

古田新太インタビュー

これまで1990年の初演版から1997年版、2004年の『アカドクロ』版でずっと主人公・捨之介と天魔王の二役を演じてきたのは劇団の看板役者でもある、古田新太。その古田は今回、捨之介から必殺の“斬鎧剣”を打つように依頼される刀鍛冶<贋鉄斎>を初役で演じることになった。前回の2011年版『髑髏城の七人』に出演していた小栗と、2003年版『阿修羅城の瞳』に出演していた近藤芳正以外のメインキャストは劇団☆新感線初参加、フレッシュな顔合わせとなる今回のカンパニーについてや、新たなアプローチで描かれる“Season花”はどんな作品になりそうかを、このチームの要ともいうべき古田に予想してもらった。

続きを読む(演劇宣言へ)


古田新太インタビュー

成河インタビュー

Season“花”と称した第1弾のキャストは、とにもかくにも超豪華。中でも注目を集めているのが、物語のキーパーソンで悪役でもある<天魔王>を演じることになった成河(そんは)。劇団☆新感線にはこれが初めての出演となる成河に、今作への想いや意気込みを語ってもらった。

続きを読む(演劇宣言へ)




成河インタビュー

中島かずきインタビュー〈前編〉

客席を取り囲んだドーナツ状のステージが特徴的な「IHIステージアラウンド東京」という新劇場で、2017年3月より劇団☆新感線の代表作『髑髏城の七人』のロングラン公演が行われる。オランダで誕生した画期的なシステムを採用した当劇場での上演にあたり、作品の生みの親である劇作家・中島かずきはどのような想いを抱いているのか、話を訊いた。

続きを読む(演劇宣言へ)




中島かずきインタビュー〈前編〉

いのうえひでのり&小栗旬インタビュー

2017年3月、東京・豊洲に客席が360度回転する新劇場「IHIステージアラウンド東京」が誕生。こけら落とし公演に選ばれたのは、劇団☆新感線の代表作『髑髏城の七人』。「花・鳥・風・月」の4シーズンに渡るロングラン公演のトップバッターを飾る<Season花>で2011年版に続き主要人物である捨之介を演じる小栗旬と、劇団主宰であり演出家の、いのうえひでのりに話を訊いた。

続きを読む(演劇宣言へ)




いのうえひでのり&小栗旬

製作発表記者会見レポート

最強、最高のエンターテイメントを提供すべく新たに誕生するIHIステージアラウンド東京。2017年3月にオープンするその劇場でのこけら落とし公演「ONWARD presents 劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season花 Produced by TBS」の製作発表記者会見がTBS内のスタジオで行われた。

続きを読む(演劇宣言へ)

ONWARD presents 劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season花 Produced by TBS

ONWARD presents 劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season花 Produced by TBS

ONWARD presents 劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season花 Produced by TBS

360°回転する客席で新感覚な演劇体験を!
新劇場〔IHIステージアラウンド東京〕の記念すべきこけら落とし公演は
劇団☆新感線の代表作『髑髏城の七人』

2017年3月豊洲にオープンするアジア初の没入型エンターテインメント施設「IHIステージアラウンド東京」のこけら落とし公演として劇団☆新感線『髑髏城の七人』の上演が決定した。『髑髏城の七人』は、いのうえひでのりによる演出、座付き作家・中島かずきが手がけた脚本で、1990年に池袋西口公園テントで産声を上げ、初演以降、1997年、2004年、2011年と7年ごとに上演されてきた劇団☆新感線の代表作。「IHIステージアラウンド東京」公演では、2017年から7年めの年にあたる2018年まで、1年3ヶ月にわたるロングラン上演が決定した。“花・鳥・風・月”4シーズンに分け、シーズンごとに全て異なるキャスト、脚本・演出も練り直され、全く違ったアプローチの『髑髏城の七人』が観られる。

第一弾シーズン≪花≫
第一弾のシーズン≪花≫公演には、2011年に上演された『髑髏城の七人』で捨之介を演じた小栗 旬が、6年ぶりに新感線に参加。さらに、山本耕史、成河、りょう、青木崇高、清野菜名といった新感線初参加となる個性豊かな顔ぶれや、2003年の『阿修羅城の瞳』以来の参加となる近藤芳正、そして古田新太、河野まさと、逆木圭一郎、村木よし子、礒野慎吾、吉田メタル、保坂エマといったお馴染みの劇団員も集結し、約2か月半に及ぶ公演に挑む。

公演・発売情報

ONWARD presents 劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season花 Produced by TBS

ONWARD presents 劇団☆新感線『髑髏城の七人』キャスト

  • 公演期間:2017年3月30日(木)~6月12日(月)
  • 会場:IHIステージアラウンド東京(豊洲)
■料金(全席指定・税込):
S席 ¥13,000 A席 ¥9,800
中島かずき
演出 いのうえひでのり
キャスト
  • 捨之介(すてのすけ)/小栗 旬
  • 無界屋蘭兵衛(むかいやらんべえ)/山本耕史
  • 天魔王(てんまおう)/成河
  • 極楽太夫(ごくらくだゆう)/りょう
  • 兵庫(ひょうご)/青木崇高
  • 沙霧(さぎり)/清野菜名
  • 河野まさと
  • 逆木圭一郎
  • 村木よし子
  • 礒野慎吾
  • 吉田メタル
  • 保坂エマ ほか
  • 狸穴二郎衛門(まみあなじろうえもん)/近藤芳正
  • 贋鉄斎(がんてつさい)/古田新太

IHIステージアラウンド東京

IHIステージアラウンド東京

2017年春に豊洲にオープンするアジア初の没入型エンターテインメント施設「IHIステージアラウンド東京」。1300人以上もの観客を乗せて360°回転する円形の客席を劇場中央に配置し、その周囲をステージとスクリーンがぐるりと取り囲む斬新で壮大な劇場システムにより、他では決して味わえない刺激的なまったく新しいエンターテインメント体験を提供します。

「IHIステージアラウンド東京」の建設地は、東京ウォーターフロント・豊洲埠頭地区のゆりかもめ「市場前駅」の駅前。
周辺には、18年夏オープン予定の商業施設「千客万来」、そして、2020年東京オリンピック・パラリンピックの競技施設・選手村の建設が計画されています。

円形の客席をスクリーンとステージが取り囲み、
客席が360°回転することで、
全方向のステージとスクリーンを見ることができます。


FCバナー