ルーヴル美術館展
肖像芸術 ――人は人をどう表現してきたか

  • Facebook
  • ツイート
  • LINEで送る

ルーヴル美術館展 肖像芸術 ――人は人をどう表現してきたか

チケットのお申込み・マイページ

古代から19世紀まで、肖像の傑作が集結。まさに“ルーヴルの顔”が来日。

人の似姿を描く肖像芸術は、古代より長い歴史をもつ芸術ジャンルです。日本テレビ開局65年記念事業となる本展は、ルーヴル美術館の豊かなコレクション約110点を通して、肖像芸術の社会的な役割や、その表現上の様々な特質を浮き彫りにするものです。

ルーヴル美術館が誇る肖像画の傑作、ヴェロネーゼの《美しきナーニ》をはじめ、3000年以上も前の古代エジプトの棺用マスクから、ルイ14世やナポレオンなどの君主像、華麗な女性や愛らしい子どもたちの肖像まで、肖像芸術の特質と魅力を余すところなく紹介する、かつてない展覧会です。

公演情報

日程 5月30日(水)~9月3日(月)
■開館時間 10:00-18:00
※金・土曜日は、5・6月は20:00まで、7・8・9月は21:00まで
※入場は閉館時間の30分前まで
■休館日:毎週火曜日 ※但し8/14(火)は開館
会場 国立新美術館(東京・六本木) 企画展示室1E
発売情報
一般発売
発売中!
料金 【当日券】
一般:¥1,600
大学生:¥1,200
高校生:¥800

  • ※中学生以下無料
  • ※団体券は国立新美術館のみ販売(団体料金の適用は20名以上)
  • ※障害者手帳をご持参の方(付き添いの方1名を含む)は無料
  • ※7月24日(土)~29日(日)は高校生無料観覧日(学生証の提示が必要)
チケットのお申込み・マイページ

公式サイト

PAGE TOP