演劇

ブロードウェイミュージカル『メリリー・ウィー・ロール・アロング』

2021.5.17(月) - 2021.6.12(土)
東京都・愛知県・大阪府
ブロードウェイミュージカル『メリリー・ウィー・ロール・アロング』

トピックス

東京公演はサンキューメールキャンペーン対象公演!公演終了後、平方元基さんから、「サンキュー」の気持ちを込めたメッセージが届きます♪

  • メッセージ受信はWEBにてご購入されたお客様に限ります(店頭購入・電話予約などは除く)
  • ドメイン指定をされている場合、「@l-tike.com」「@ent.lawson.co.jp」からのメールを受信できるように設定してください

公演情報

英国最高峰オリビエ賞を受賞した、斬新かつスタイリッシュな《新演出版》が日本初上陸!!

ハリウッドの人気プロデューサー、フランク(平方元基)は、赤い台本を手に過去を振り返り始める…。
1976年ロサンゼルス。彼の豪邸では華やかなホーム・パーティが開かれていた。フランクの取り巻きが映画の大ヒットを祝う傍らで、中年女性がひとりくだをまき、フランクを罵っていた。彼女はメアリー(笹本玲奈)。元ベストセラー作家だが、すっかり落ちぶれてアル中に。ピューリッツァー賞を受賞した脚本家チャーリー(ウエンツ瑛士)の話題が出ると、「私たち3人は昔、切っても切れない親友同士だったのよ!」と叫んで、その場を追い出される始末。フランクの妻ガッシー(朝夏まなと)は夫の新しい愛人に嫌がらせをし、パーティはいよいよ混乱状態に。

フランクはうんざりしていた、今の自分は、自分じゃない。
なぜこうなってしまったのか?どこで間違えたのか?
フランク、チャーリー、メアリーの3人の絆はもう戻らない?

フランクは過去へと遡っていく。
テレビの生中継でのハプニング、船旅から帰国し確かめ合った友情、前妻ベス(昆 夏美)との辛い離婚調停、BWプロデュ-サーのジョー(今井清隆)と迎えた、ドキドキのミュージカル開幕初日、小さなナイトクラブで歌い踊った日々…いつも3人一緒だった。

記憶を巻き戻し、辿り着いたのは、20年前。
それは3人が出会い、決意したあの瞬間だった…。

作曲・作詞

スティーブン・ソンドハイム

脚本

ジョージ・ファース

演出

マリア・フリードマン

振付

ティム・ジャクソン

翻訳

常田景子

訳詞

中條純子

出演

平方元基/ウエンツ瑛士/笹本玲奈/
岸祐二 上口耕平 渚あき 中別府葵 宮原浩暢 (LE VELVETS)/
中井智彦 井阪郁巳 家塚敦子 三木麻衣子 森 加織/
昆 夏美/今井清隆/朝夏まなと

日程・会場

公演日程会場
東京2021/5/17(月)~5/31(月)新国立劇場 中劇場
愛知2021/6/4(金)・6/5(土)愛知県芸術劇場大ホール
大阪2021/6/11(金)・6/12(土)梅田芸術劇場メインホール

料金

本ページ下部の「チケット一覧」にてご確認ください。

インタビュー・レポート

ブロードウェイミュージカル『メリリー・ウィー・ロール・アロング』
ブロードウェイミュージカル『メリリー・ウィー・ロール・アロング』