演劇

音楽劇「黒と白 -purgatorium- ad libitum」

2020.12.5(土) - 2020.12.6(日)
東京都
音楽劇「黒と白 -purgatorium- ad libitum」

公演情報

あるとき創造主は、不完全な世界(人)を壊して、作り直すことを決める。
その決定に異を唱えた天使たちは、『黒』の烙印を押され、翼を奪われて不完全な世界(人)に堕とされるのだった。
「世界(人)を見捨て天に帰ろう」と『白』の天使たちは、かつての友や兄弟を誘う。
しかし『黒』の天使たちは、人としての生を何度も繰り返しながら、首を振リ続けるのだった。
不完全なものだからこそ、世界(人)はこんなに美しいのだ、と。

これは、ここではないどこかで繰り広げられる、世界(人)と、黒と、白の物語。

黒と白の間で、人の子は今日も踊る。

■音楽劇「黒と白 -purgatorium-」とは

創造主に見放された世界(人)は、滅びるべきか、否なのか。
審判を下すために、人として転生しながら生き続ける黒天使たちと、それを見守り続ける白天使たち。
本作は、時代も場所も背景も異なるそれぞれの人生の物語に、各イメージ主題歌を添えて、オムニバス形式でお届けする音楽劇です。

※この物語はフィクションです。登場する人物・団体・名称等はすべて架空のものであり、実在のものとは一切関係ありません。

脚本・演出

ヨリコ・ジュン

企画・原案・脚本

山田一朗

出演

傲慢(ルシフェル)/岩永徹也
奇跡 (ミカエル)/平井雄基
慈悲(ラファエル)/國島直希
怠惰(ベルフェゴール)/岩佐祐樹
努力(ラグエル)/橘りょう
色欲(アスモデウス)/塩澤英真
嫉妬(レヴィアタン)/須賀京介
強欲(マモン)/五十嵐拓人
暴食(ベルゼブブ)/石川竜太郎
寛容(ガブリエル)/千葉瑞己
調和(カシエル)/堀田竜成
無私(メタトロン)/瀬戸啓太
節制(ウリエル)/田中稔彦
不和(プルフラス)/阿部快征
堕落(フォルネウス)/田中晃平
破滅(アバドン)/吉田知央 他

公演スケジュール

2020/11/27(金)~12/6(日) 東京・ヒューリックホール東京

【AB】11/27(金)18:30、12/6(日)12:00
【CD】11/28(土)17:30、12/5(土)12:00、12/6(日)17:30
【AC】11/29(日)12:00、12/4(金)18:30
【BD】11/29(日)17:30、12/4(金)13:00
【AD】12/1(火)18:30、12/2(水)13:00
【BC】12/2(水)18:30、12/3(木)18:30

※A、B、C、Dの四つの物語が存在し、公演ごとに組み合わせが異なりますが、全公演で全出演者が登場します。
A:強欲×無私編/B:暴食×節制編/C:不和×調和編/D:破滅×寛容編
(それぞれ担当の二人+一人がメインの物語となります)

演目

  • 【A】強欲×無私
    強欲(マモン)/五十嵐拓人 × 無私(メタトロン)/瀬戸啓太 & 怠惰(ベルフェゴール)/岩佐祐樹
  • 【B】暴食×節制
    暴食(ベルゼブブ)/石川竜太郎 × 節制(ウリエル)/田中稔彦 & 慈悲(ラファエル)/國島直希
  • 【C】不和×調和
    不和(プルフラス)/阿部快征 × 調和(カシエル)/堀田竜成 & 堕落(フォルネウス)/田中晃平
  • 【D】嫉妬×寛容
    嫉妬(レヴィアタン)/須賀京介 × 寛容(ガブリエル)/千葉瑞己 & 破滅(アバドン)/吉田知央
  • 世界観及び人物紹介を兼ねたOP、EDは全公演共通となり、全員出演いたします。
  • A、B、C、Dのそれぞれで、テーマに沿って1話ごとに完全に独立、完結した物語(約40分予定)であり、ルシフェル&ミカエルら、黒白天使たちと見守る形式となっています。前作をご覧になっていない方や、1度だけご観劇予定(A、B、C、D全てを見れない)という方でも、お楽しみいただくことができます。
  • A、B、C、Dのそれぞれで、メインキャラ以外のキャストも様々な役で出演予定です。

購入方法

一般発売

10/31 (土) 10:00~

Lコード

31965

インターネット予約

本ページよりお進みください

チケット一覧

音楽劇「黒と白 -purgatorium- ad libitum」

音楽劇「黒と白 -purgatorium- ad libitum」
音楽劇「黒と白 -purgatorium- ad libitum」