演劇

ブロードウェイミュージカル『ニュージーズ』

ブロードウェイミュージカル『ニュージーズ』

公演情報

ディズニーの大ヒットミュージカルが豪華キャスト&新演出版で待望の日本初演!

今を懸命に生きる新聞販売少年たち(ニュージーズ)の夢、葛藤、決意が詰まった感動のストーリー

1899年、夏。ニューヨーク。少年・ジャック(京本大我)は、足の不自由な友人クラッチー(松岡広大)と他の孤児やホームレスの新聞販売少年たち“ニュージーズ”と共に暮らし、毎日新聞を売って生活している。ジャックは、いつかニューヨークを出てサンタフェへ行くという夢を抱いているが、現実はその日暮らし。

ある日、ジャックはデイヴィ(加藤清史郎)とその弟レスと出会う。デイヴィとレスは他のニュージーズと異なり、家と家族があるが、父親の失業という事情があってニュージーズに加わったばかり。ジャックは幼いレスを使えば、より多くの新聞を売ることができると考え、協力することにする。その頃、「ワールド」紙のオーナーであるピューリッツァー(松平健)は他社より儲けようと、販売価格は据え置きでニュージーズへの新聞卸値を引き上げることを企てていた。

デイヴィとレスと行動を共にするジャックだが、過去の出来事を理由に感化院のスナイダーに追いかけられてしまう。三人が逃げ込んだメッダ(霧矢大夢)の劇場では、その日も素晴らしいショーが繰り広げられる。 翌朝、新聞100部あたり50セントの卸値が、60セントに値上がりしていることを知ったジャックは、自分たちの生活と権利を守るべく、ニュージーズを率いストライキを決行。新聞記者キャサリン(咲妃みゆ)はジャックの姿に心を動かされ、ストライキを追いかけ取材することを決意する。

勝つのは権力者ピューリッツァーか、それとも若きニュージーズか。今を懸命に生きる少年たちの未来に待っているものとは――

作曲

アラン・メンケン

作詞

ジャック・フェルドマン

脚本

ハーヴェイ・ファイアスタイン

演出・日本語訳・訳詞

小池修一郎

出演

京本大我(SixTONES)
咲妃みゆ 松岡広大 加藤清史郎
霧矢大夢 松平健
ほか

日程・会場

公演日程会場
東京2020/5/8(金)~5/30(土)日生劇場
大阪2020/6/6(土)~6/13(土)梅田芸術劇場メインホール

料金

公演料金
東京S席¥13,500 A席¥9,000 B席¥4,500
大阪S席¥13,500 A席¥9,000 B席¥5,000
  • 全席指定・税込
  • 未就学児のご入場はご遠慮いただいております

購入方法

一般発売

2/22 (土) 10:00~

Lコード

公演Lコード
東京37242
大阪51815

電話予約

公演電話番号
東京0570-084-673
(2/22(土)10:00~公演終了まで)
大阪【一般発売初日特電(10:00~23:59)】
0570-084-694(Lコード不要)
【2/23(日)以降】
0570-000-061(Lコード必要)
ブロードウェイミュージカル『ニュージーズ』
ブロードウェイミュージカル『ニュージーズ』