演劇

PARCOプロデュース/PARCO劇場オープニング・シリーズ『ピサロ』

2020.3.13(金) - 2020.4.20(月)
東京都
PARCOプロデュース/PARCO劇場オープニング・シリーズ『ピサロ』

トピックス

10/2(水)
全出演者が決定!New!

公演情報

山崎努主演で1985年PARCO劇場にて上演された伝説の舞台が再び!当時アタワルパを演じた渡辺謙がピサロに挑む!

『エクウス』『アマデウス』『ブラック・コメディ』といった作品を生み出し、トニー賞最優秀作品賞、ニューヨーク劇作批評家賞と いった多くの賞を受賞した英国の劇作家ピーター・シェーファーの傑作戯曲『ピサロ(原題:ザ・ロイヤル・ハント・オブ・ザ・サン)』。 太陽を父とする帝国2400万人を従えるインカの王を、粗野な成り上がりのスペイン将軍ピサロとならずもの167人で生け捕りにしてしまう という、インカ帝国征服を主軸にした内容となっている本作は、1985年にPARCO劇場でテレンス・ナップ演出、山崎努主演により上演され、 PARCO劇場の歴史が語られるとき、必ず取り上げられる作品です。

演出を務めるのは、25年以上に渡りロイヤルバレエのメンバーとして出演、振付師としても活躍し、2014年『ウィンド・イン・ザ・ウィロ ーズ』でローレンス・オリヴィエ賞ベスト・エンターテインメント賞に輝いたウィル・タケット。本年トム・ストッパードの異色作「良い 子はみんなご褒美がもらえる」(主演:堤真一)をバレエ、オペラ、ミュージカル、演劇といった舞台芸術全てを内包して演出し、好評を 得た彼がこの伝説的な舞台をどう演出するか、ぜひご注目ください。

今回、ピサロを務めるのは渡辺謙。1985年PARCO劇場での上演当時、無名だった渡辺は太陽を父とする帝国2400万人を従えるインカの王アタ ワルパを、ピサロを演じた山崎努に引けを取らない演技で見事に演じ切り、本作でその名を世に知らしめることとなりました。

人類史上繰り返される異なる概念、宗教、文化間の衝突を二人の男を通して、今を生きる我々に問う「ピサロ」。総勢約40名の出演陣で新 たな息吹を吹きこみます。PARCO劇場オープニング作品第一弾を飾る本作に是非ご期待ください!

ピーター・シェーファー

翻訳

伊丹十三

演出

ウィル・タケット

出演

渡辺謙
宮沢氷魚 栗原英雄
和田正人 大鶴佐助
首藤康之 小柳友
田中俊介 菊池均也
浅野雅博 亀田佳明
金井良信 下総源太朗
竹口龍茶 松井ショウキ
広島光 薄平広樹
中西良介 羽鳥翔太
加藤貴彦 萩原亮介
鶴家一仁 王下貴司
前田悟 佐藤マリン
鈴木奈菜 宝川璃緒
外山誠二 長谷川初範

日時

2020/3/13(金)~2020/4/20(月)

会場

PARCO劇場

  • 〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町15-1 渋谷パルコ パート1 9F

料金

¥13,000

  • 全席指定、税込

購入方法

一般発売

11/23 (土・祝)

Lコード

31914

電話予約

  • 【一般発売初日特電(10:00~23:59)】0570-084-637
    • Lコード不要、自動音声
  • 【11/24(日)以降】0570-000-407
    • 10:00~20:00 オペレーター対応

店頭購入

ローソン・ミニストップ店内Loppi

  • Loppi端末の画面で〔各種番号をお持ちの方〕をタッチ、Lコードを入力して画面をお進みください

インターネット予約

本ページよりお進みください

渡辺謙コメント

『ピサロ』は35年前に山崎努さんとご一緒させていただきました。俳優を一生の仕事としてやっていく覚悟が決まった舞台でした。 当時、山崎努さんに何度もぶつかっていっては、弾き飛ばされることを繰り返したことを思い出します。その経験がそれ以降の仕事でも、 押し寄せてくるものにただ立ち向かっていく、そんな自分のスタイルを今でも変えずにいられているのだと思います。

デビューもここ『下谷万年町物語』でした。そして14年ぶりに舞台に戻ったのも、ここPARCO劇場での『ホロヴィッツとの対話』でした。 ここでの舞台は常に自分にとって俳優人生のエポックな劇場なのです。今年60歳という人生の節目に、新生PARCO劇場で再びこの戯曲に立ち 向かえることを運命だと感じています。もう一度Rebornするためにこの作品があるような気がしています。前回の舞台とは時代も変わり、 全く違う作品になっていくと思います。きっと今まで味わったことのない芝居づくりが、これから待ち受けているような予感がしています。

この作品は我々人類が繰り返している異文化の衝突が描かれています。その「衝突」が起きた時「おまえはそこでどう生きるんだ、どう感 じるんだ」とピーター・シェーファーは問い続けているのではないでしょうか。俳優としても一人の人間としてもどう生きるんだと、問わ れている気がしてなりません。もう一度自分を更地に戻して、そこから自分の中にあるものを自身に問う旅になるような気がします。

関連する動画

PARCOプロデュース/PARCO劇場オープニング・シリーズ『ピサロ』
PARCOプロデュース/PARCO劇場オープニング・シリーズ『ピサロ』